おかゆ

沈黙ーサイレンスーのおかゆのレビュー・感想・評価

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)
3.9
信じていれば救われる、という宗教の教えに真っ向から立ち向かう作品。ですが、決して宗教の批判をしているわけではなく、観ている人たちに「あなたはどうおもいますか?」と問いかけてくる、非常に考えさせてくれる作品でした。
実際に彼らが弾圧されていた時代があるなんて…。凌辱され殺されていくすがたは胸が痛くなりました。
俳優陣もすばらしく、特にアンドリュー・ガーフィルド、窪塚洋介の迫真ぶりには感動。