miracle

沈黙ーサイレンスーのmiracleのレビュー・感想・評価

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)
4.0
マーティン・スコセッシ監督は遠藤周作原作の沈黙を映画にずっと前からしたかったと聞き、
これは観ないといけないなぁと、やっと鑑賞。

R指定がつくだけあり、酷い拷問場面が多々あります。でも必要な場面なのでしっかり目を開けて最後までみました。

江戸初期、日本も国を守る為に行ったことで
キリスト教を廃止するのには何か深いものがあるのだと感じます。

人は皆弱いので行き場のない想いを神に頼んでしまいます。
神様なんていないやん、って思う出来事が多々ある中、私も最後は神に祈って助けを求めていたりします。ほんと勝手です。

宗教によって神は違うのか?
わたしは好きな映画の1つ「PK」を観て納得しました。
自分の中に神が存在している。
神はひとつなんだと。

人を大切にすること、
自分を大切にすること。
信じる心は自由だということ。

沈黙 サイレンス
その中に答えがあるのではないでしょうか。