アノン

沈黙ーサイレンスーのアノンのレビュー・感想・評価

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)
3.9
江戸初期。キリシタン弾圧下の日本へ、布教にやって来たポルトガル人神父の生涯を描いた作品。

この作品の悪者はキリシタンを弾圧する日本人。
でも正直、彼らが本当に悪者なのかは私には分からなかった。

キリスト教を広めたい、信仰したいキリシタン側から見れば、「なぜ日本はキリスト教を容認しないのか」。

長い歴史と共に仏教を信仰してきた仏教徒の日本人側から見れば、「宇宙人(キリシタン)どもめ、日本を汚しよって…」。

どちら側の意見にも納得。

でもキリシタンに対する厳し過ぎる弾圧には目を瞑りたくなった。
特に、海辺で死ぬまで吊るし続けるシーン。
観ていてとても苦しくなった。

そして最後のシーンには涙も枯れて言葉も出なかった。

その後のエンドロールの島の音。
……"沈黙"。



あとこの作品はなんと言っても日本人俳優さんたちの演技力。
ハリウッド映画と言えども9割が日本人。

皆さん、素晴らしい演技。

私はもちろん菜奈ちゃん推し。
ガーフィールドくんやアダムと肩を並べている姿を見てすごく嬉しかった。