沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

スコセッシさんらしい暴力描写と、人間の惨さが描かれてて期待通り。
映像も今村昌平、溝口健二を彷彿とさせて見応えはあるのですが、終始、息苦しさと緊迫感で、エンドロールの森の音も全然慰めにならない…むしろ考え込んでしまった…

他の文化とのズレを日常的に体感している人には、このストーリーの「痛み」が分かるけれど、同一化された文化の中で生きてきた人には、所々刺さらない部分があるかもしれない。
つまりは自分の中の文化教養が試される映画でもあるわけで、まさに現代向けな映画だなと思いました。

イッセー尾形が海外で評価されるのも納得。良い悪役はコミカルであるべきだなと。そして主演のアンドリューさんもみるみる狂っていく姿が良かったです。というか出演者皆んな良かった。
あと「沈黙」だからか、音の使い方素晴らしかったです。
7N3

7N3の感想・評価

4.0
「沈黙」を貫くのは神である。

幸か不幸かわたしは無神論者なので「それ」は当たり前のことで、今までもこれからもきっと弾圧されていたキリスト教徒の気持ちはきっと解らないだろうと思う。

しかしこの作品では、題材にした宗教観より生き方そのものを考えさせられる。

「なに」を信じるか?イエスなのか太陽(サン)なのか。
救われるはずの信ずる者が裁かれ続けても尚信じるのは、もはや何故なのか?何のため?
踏み絵を踏むか否か、踏むことで何を失い何を救えるのか。踏まなければ何を守れるのか。。

応えなどどこにもなく、主人公が揺らぎ葛藤する様には確かな共感がある。

すごく魅力的な映画でした。
実話なのとうまく時代背景
そして、滅する側滅っされる側
各々の思想、哲学があり
またどちらも正しい…

キリスト教のイエスの沈黙…
神の沈黙

神に祈っても答えはくれない…
なぜ弱きものが苦しみ
耐えばならないのか…

神は沈黙していたんじゃない…
一緒に耐え忍んでいたのだ。
アーメン。
K9614

K9614の感想・評価

-
宗教なんてなくなればいい。
まこ

まこの感想・評価

4.2
昔原作読んだはずなんだけど全然覚えてなかった。
おかげで次の展開をドキドキしながら観ることができたけども。
今更ながら、沈黙っていうタイトルは重いなと思った。
これ以外にないっていうくらいぴったりのタイトルだとも思う。
love1109

love1109の感想・評価

4.0
弾圧する側も、弾圧される側も、そのいずれにも「弱さ」はある。この映画が胸を打つのは、善人も、悪人も、人間なら誰しもが持っているその「弱さ」に、終始一貫、揺れ動きながらも寄り添っているからだ。人間を救済するための宗教が、なぜゆえ、こんなにも人間を苦しめるのか。神に問うても、内なる声に耳を傾けても、その答えは一向に見つからない。けれども!
れな

れなの感想・評価

3.6
私は九州出身で母方の家系に隠れキリシタンがいたので、昔から何となくこの問題と宗教観に関しては切れない縁があります。

なんかイッセー尾形がやたらと持ち上げられているけど、イッセー尾形の役は美味しいからね、良くて当たり前。

私は窪塚が良かった。
リーアムニーソンの台詞「日本人には主の事が正しく伝わっていない」は何も踏み絵を出来なかった信徒の事だけを指しているのではなく、窪塚のような「赦してくれる神」という解釈もその一つではないかと。

そして、唯一共感できるのも窪塚。
「今、ここにある命より祈りが大事だと言う神ならばクソくらえ」
です。
偶像崇拝、日本人にはなかなか理解できないです。
だから日本人にとって、靖国は特別な存在なんだと思います。
とんでもない作品だった…
腰が抜けた…
本能寺ホテルからの……

これですよ…w重いですわぁwwww

いつものハリウッドさんのヘンテコニッポンでは
なかったかなぁ…
人間がいる。人間だけがいて、神は不在だ。その不在と圧倒的な沈黙が、神の存在を際立たせる。

原作読んで、「まじかーこれ映像化すんのかー」と思っていたけどもう完璧でしょ。パーフェクトじゃないかな。

信仰と宗教については、それが絶大に必要っていうほど世の中は荒れた時期を過ぎたし、平和で、人間も多少賢くなった。
それでも必要であるならば、人類にとってそれはどういう形が望ましいのか。
もう一度改めて原作を読み返したい。もっと深く人間を知りたい。

イノウエサマの異教に対する所業については、理解する気持ちもある。統治者として正しいとすら思う。歩み寄り懐柔するやり方は汚いが、そこにはひとつの解答がある。

キャスティングも完璧だった。
加瀬亮がまた最高。目が。塚本晋也もいつもどおり完璧で、窪塚洋介は頑張った。
全シーン通してどこを切り取っても、監督の、日本という国への愛と敬意が感じられる。
昔、津和野へ旅行したときのことをふと思い出した。また行きたいと思った。

美しい。
素晴らしい。
傑作。
>|