沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

スコセッシさんらしい暴力描写と、人間の惨さが描かれてて期待通り。
映像も今村昌平、溝口健二を彷彿とさせて見応えはあるのですが、終始、息苦しさと緊迫感で、エンドロールの森の音も全然慰めにならない…むしろ考え込んでしまった…

他の文化とのズレを日常的に体感している人には、このストーリーの「痛み」が分かるけれど、同一化された文化の中で生きてきた人には、所々刺さらない部分があるかもしれない。
つまりは自分の中の文化教養が試される映画でもあるわけで、まさに現代向けな映画だなと思いました。

イッセー尾形が海外で評価されるのも納得。良い悪役はコミカルであるべきだなと。そして主演のアンドリューさんもみるみる狂っていく姿が良かったです。というか出演者皆んな良かった。
あと「沈黙」だからか、音の使い方素晴らしかったです。
T01

T01の感想・評価

3.8
長時間だったけど、見入ってしまった!
宗教についてあまり詳しくはないので、あーだこーだ語れない自分の無知さに恥ずかしさも感じるけど何かにすがりつくほど信じる事って自分を救うこともあるけど、時には苦しめることにもなるんだろうな。
キチジロー役の窪塚洋介の存在がこの映画の中で一番印象的だった。
イッセー尾形が、話し合いのシーンで縮まっていくシーンもすごく引き込まれた。
原作もじっくり読んでみたい。
K

Kの感想・評価

3.7
江戸初期の幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる師フェレイラを追い、キチジローの手引きで弟子のロドリゴとガルペはマカオから長崎へ渡る。
どんなに迫害されようとも神の救いを信じる信仰熱い隠れキリシタンたち。そんな彼らに対し、神は沈黙を貫く。神を信じ、殉教した彼らたちは、果たして天国へ行くことができたのか。
世界には様々な”神様”がいて、その”神様”が正でない場所では、その”神様”に祈りをささげたところで、助けてくれはしない。
宗教とは、もともと地域や民族に根付く規律を端に発するが、信仰心があれば、唯一国境を越えた地域の人々を同様の規律のもとに束ねることのできる、ソフト・パワーの政治であり、信者の献金等によって教会側はまた金銭的得を得ていたのであって、単に”良い教え”を広めていただけではない。
当時命がけで弾圧化でもカトリックを信じていた人々、命がけで布教活動をしていた神父たちは、ただ大真面目に神の救いを信じていた。人間が作り上げた”神”に、どれだけの善良な人々が犠牲になったか。そんな”神”は残酷でしかない。

16世紀、急激に成長するプロテスタントに対抗し、カトリックも『イエズス会』を作り世界布教を目指した。世界布教にあたり、カトリックの総本山バチカン市国は『スペインは西へ、ポルトガルは東へ向かえ』と布教を指示。
1549年、イエズス会のフランシスコ・ザビエルは鹿児島に上陸、翌年に当時貿易で盛んだった平戸を訪れ領主の松浦隆信に歓迎され、長崎における南蛮貿易とキリスト教布教が始まる。
豊臣秀吉はキリスト教が天下統一を妨げることを懸念して、1587年に伴天連追放令を発令。自分の権力と禁教の意思を知らしめるために、キリシタンの街として栄えていた長崎を処刑地とした。
1612年、徳川幕府は天領に禁教令を発布。1614年、全国でのキリシタン摘発が始まる。1639年、幕府はイエズス会との結びつきが強かったポルトガルとの交易を断絶して鎖国。沿岸の警備も徹底され、宣教師たちの入国はかなわず、幕末までの約250年間、キリスト教は幻の宗教となる。
内容が深い、濃いです。残虐なシーンも多数出てきます。宗教の話はわかりませんが、何が正しくて何が悪いのか、色々と考えさせられます。
輝ける闇を直視することのキツさ
naveo

naveoの感想・評価

4.0
原作未読
初めて英語で外人と話せるワクワク感無しに皆スムーズに英語話すのcoolすぎる
宗教が生まれ、広まるうちにその本質が消えていく。仏教にしてもキリスト教にしても日本に広まるまでに大きく変わっていく。そもそも神父もその本質を知らない。宗教は基本そういうもの。誰も本質を掴んでないのに形だけがある。アンドリューガーフィールドは最後本質に辿り着く。
色々悩んで間違った選択もした挙句こんな人生になってこんな感じに悟りましたチャンチャン的な話ではアマデウス観たあとのウワーー深イイ話みたいな感動があってgood
急に理解る!の感覚。初めて本質が掴めたというその瞬間、みたいなのがある作品、フラニーとゾーイーラスト、ねじまき鳥の間宮中尉を思い出す。
なんでもいいからすがれるものが必要なだけで、どの宗教でも良いんだろうって冷めた目で見てしまうけど、神いないかもと疑いながらもそれでも信じるという姿勢で信仰しているのを見るとちょっと感動する
こういうエリエリレマサバクタニ問題の他に悪人正機説(キチジロー窪塚のような人こそこそ救われるべきでは?問題)とか、そもそも日本にキリスト教は根付くのか問題とか、布教の善悪問題とか扱ってるテーマがめちゃめちゃ多い。
布教の善悪、良いものだから、正しいものだから人に勧めるのは正しいのか否か。現在の日本でのカルト宗教の布教は悪で、アンドリューガーフィールドの布教は善なのか。仏教とうまくバランスとってた日本に、正しいものとしてキリスト教を持ち込んで不幸が生まれた。良いものが良い結果を生むとは限らない。
ウルフオブウォールストリート>沈黙>>タクシードライバー>>グッドフェローズ
宗教ってのはね
bluemonday

bluemondayの感想・評価

3.5
超ヘビーな映画。
勉強だと思って観よう。
ご飯

ご飯の感想・評価

4.2
途中で手つけたまま放置してました
テーマが重いからそう簡単には見られないな〜と、心の準備的な面でもね…
「誰もが正しく、誰もが間違っている」
特典映像のガーフィールドさんの言葉、私の中ですごくしっくりきました
視点から言えば海外から見た日本ではあっても、原作遠藤周作ということもあり日本の本質のようなものも感じられました
ただちょっとラストの演出が好みではない
>|