沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

スコセッシさんらしい暴力描写と、人間の惨さが描かれてて期待通り。
映像も今村昌平、溝口健二を彷彿とさせて見応えはあるのですが、終始、息苦しさと緊迫感で、エンドロールの森の音も全然慰めにならない…むしろ考え込んでしまった…

他の文化とのズレを日常的に体感している人には、このストーリーの「痛み」が分かるけれど、同一化された文化の中で生きてきた人には、所々刺さらない部分があるかもしれない。
つまりは自分の中の文化教養が試される映画でもあるわけで、まさに現代向けな映画だなと思いました。

イッセー尾形が海外で評価されるのも納得。良い悪役はコミカルであるべきだなと。そして主演のアンドリューさんもみるみる狂っていく姿が良かったです。というか出演者皆んな良かった。
あと「沈黙」だからか、音の使い方素晴らしかったです。
ぶるー

ぶるーの感想・評価

4.0
公開当初からずーっと観たくて遂に!

神はいるのか、いないのか
小さい頃からの大きな疑問だった。
僕は大会の前とか何か大きな局面をむかえると神様お願い!僕に力を!的なお祈りをする子供だったけど、いつも望み通りの力は得れなくて、なんとなく神様なんていないよなぁって幼心に思っていた。

さて、作中の神はいかんとみるや
やはりここでもどれだけ人々が苦境に立たされようが、死に至ろうが神は現れるどころか、返事すらしない。つまり『沈黙』。
ああ、やっぱりいないんだよなぁって日本人の僕は思ってしまう。

そこでそう思わないのは、やはり敬虔なクリスチャンである主人公たち。
神は心に宿るもので、何かしてくれるものじゃあーない。あくまで心の支え、生きる糧、沈黙しているように感ずるだけと言うこと。

そもそも神って何かしらを人間に施してくれる存在じゃない。
ある種、自己本位的な「スタンス」なのかなとか思う。

『いる』とただ考えれば、この世の全ての理不尽に自分なりの説明をつけることができるし、少なくとも生きる上で前向きに考えられるし、死への恐怖さえも克服できる。キチジローもそれだと思う。弱さや醜さを神に許される、贖われることで何だかんだ生きていける。

寄りかかれるものがなければ、道を指し示されなければどう生きればいいかなんて分からない。それでいて人生一度きりなんて言われたら…ねぇ笑笑。
なので僕はいかなる宗教も他人に害を与えない限りは否定はしようと思わない。

でもそこでいつも思うのは、僕をはじめとして、日本人は何を思って生きているんだろうということ。
いついかなる時も、何をしても、静かに沈黙して、なんでも聴いて許してくれる存在が僕らにはいないからこそ、
僕や日本人は自ら『沈黙』して、事を荒立てないようにするのかもしれないとか思ったりしたりのでした。

さて、どう生きようか?笑笑

#思ったことを全部言葉にしようキャンペーン
159分がこんなに早く過ぎるとは…後に残る胸のざわつきと、こんなにのめり込める作品に久しぶりに出会った喜びとで不思議な感覚。そして映画館に行けなかった自分への腹立たしい気持ち。

【あらすじ】
1600年代初頭。日本で布教活動をしていたイエズス会の神父フェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとの情報から、彼の弟子であるセバスチャン・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とフランシス・ガルぺ(アダム・ドライバー)の二人は、日本に向かう。
日本人キチジロー(窪塚洋介)の案内で日本のトモギ村に密入国した二人がそこで見たのは、迫害を受けながらも隠れ切支丹として信仰を守り、司祭を求める村人の切実な姿だった。


最初から泣きっぱなし。どうしても涙が溢れる。何に反応しているのかというと、隠れ切支丹として信仰を守り続ける村人の姿が愛おしくもあり悲しくもあったから。
彼らの渇望はその貧しい暮らしと満たされない心からであって、その寄りどころを基督教に見つけた彼らは信じて祈れば手に入れられる平安を決して棄てることが出来なかった。

宗教が必要なのは今が苦しいから。日本人が長く宗教を必要としなかったのは、生活も心も満たされてきたからではないかと思っている。神の存在が入る隙もないほどに満たされている。神に祈る時間がないほどに他のことで忙しい。
それは幸せなことなのかな。そうだろうなと思う。

ただ江戸時代、戦国の世が終わりを告げても、農民の生活は何一つ変わることなく、年貢に労役に彼らを苦しめる日々は永遠に続く。彼らには神に祈ることとそれに精神の全てを掛けることしか、生き抜く術を知らない、ある意味で無知な存在だ。

私には神がいない。もちろん生まれてからずっと神に触れるような環境になかったし、キリスト教が欧米では生まれた時から当たり前に存在するように、逆に神の不在は私の、日本人の当たり前であると思う。私も父母も祖父母でさえ、そうじゃなかと思う。
でもそれ以上に神を求める必要がなかった。
私にとって仏教は信仰というより、もはや文化であり習慣だ。身近にあるが心にはない。墓参りも故人への想いであり、イースターやクリスマス、ハロウィンなんかはまさしく文化や娯楽としての行事でしかない。

**勢いでたぶんネタバレします**





村人が信仰を守って死にゆく姿に言葉にはならない思いが溢れる。
棄教を迷う神父の姿に信仰とは何か、何が真理なのか、その苦しい心の内を思って胸がざわつく。

トモギ村のシーンが最初から最後まで素晴らしかった。
この作品の中で一番の存在は塚本晋也だと思っている。モキチの「私は神を愛しています。それは信仰と同じですよね?」と雨の中で聞くシーンに涙が止まらんかった。そして十字架にはりつけられたモキチが「じいさまを導きください」と神に祈るシーン。そしてあのすごい体。あの汚れた爪。か細い聖歌と波のすさまじい音。彼こそが日本のクリスチャンの目指す真の姿であって、塚本晋也のあの演技なくして、この作品は成り立たない。

そしてキチジローがこの作品の中で重要な意味を持っている。彼はユダであって、パードレを売って銀貨を受け取り、それでも告悔を求め許しを乞う。あぁ人間ってこういう生き物だ。高潔なんてほとんどの人は持ち得ない。何度も何度もキリストを踏みつけ唾をかけてでも生きたいのは何故か。
それをキチジロー自身が弱さと言っていたけど、ある意味では強さだと思えてならなかった。
キチジローはこんな人物であるから、周りからの扱いもひどいし、人質に差し出されるなど、実は不遇の人生である。それが最後までロドリゴ神父をそばで支えたという事実は何を意味するのか。

隠れ切支丹達が英語をペラペラ話すのが最初は驚きだったけれど、この作品を世界中に出すための表現方法であるとしたら必要なことだ。
でもそれ以上に、彼らがキリスト教の教えを、神父の言葉を理解したいという気持ちから必死で習得したものであり、ある意味で言葉を理解しないのは死活問題であったと考えたら、フェレイラ神父が15年布教活動をしたという事実を鑑みても、あり得ないことではないと思う。
むしろ彼らが英語を下手ながらも一生懸命話す姿は信仰の姿そのもののようにも感じる。

むしろ井上さまや役人がペラペラな方が違和感あった。彼らも隠れ切支丹なのかと思った。キチジローが十字架に唾した瞬間に井上さまは顔を背ける。

イッセー尾形。この人がとにかくスゴイ。すごいキャラクターの熱を発していた。正直言って、この井上さまが憎らしく思えないんだよなぁ。喋り方、そのスピード、所作や表情のその全てがものすごい存在感を発していて、目を離せなかった。
ロドリゴは単なる語り部でしかないように感じるくらい、日本人俳優がこの作品の全てを担っていると思う。

BGMのない作品であることに途中まで気づかなかった。常に虫の声や、風の音、波の音に鳥の声、自然の音がBGMなのがすごくしっくりくる。
自然の中にしか神を見出せないとは実に日本人を言い当てている。神の御子(Son)と神の大日(Sun)。

スコセッシの天才ぶりに感嘆しかない。細部に渡って実に作り込まれ、芸が細かく、俳優一人一人の脇役に至るまで、その表情や仕草が完璧だった。
片桐はいりが小さく十字をきる仕草、名もなき農民一人一人の沈黙の表情、キチジローが伺うようにパードレを盗み見る仕草…。

だいぶ長く書いたけど、まだまだ言い足りない。
あぁ、この作品を観た人とお酒を飲みながら語りたい。語り合いたくなるような、素晴らしく完璧な作品だった。
遠藤周作は数冊しか読んだことがなく、この「沈黙」は未読。是非読みたい。
MASA

MASAの感想・評価

3.9
いろんな意味でキツイ映画でしたね…
無知な自分には理解しがたいものがありました。
信念を貫け、自分の信じた道を行け、みたいな映画が大好きでカッコいいと思うけどこれを見ると自分は要領よく生きてこうと思っちゃいました。
megu

meguの感想・評価

3.4
こんな歴史があったんだなぁと勉強になりました。
どちらの言い分もわかるけど、
殺さなくてもいいと思うけどな。
残酷だよね。
この時代の歴史があるから今の日本でも神様、神様していないんだろうね。
日本人は、神頼みしないもんね。
外国の映画をみると必ず神様〜〜神様〜〜!って言ってるもんね。
窪塚さんが人間味があって、ずる賢く生きる役でした。
見入ってしまいますね。
日本の映画かと思えるほど日本映画に近い、違和感が全くない映画でした。
素晴らしい!
とても長かったけど意外と見入ってしまいます。
日本語吹き替えは、なかったね。
k

kの感想・評価

3.8
約3時間あっという間だった。

登場人物達の信仰心を理解するのは難しいが、
一貫してBGMが無く、どう考えるべきか。という事を委ねられているよう感じた。

エンディングの余韻も素晴らしかった。
あの静けさの中主人公達は何を考えたのか。。

キチジローという人間らしい存在がまた考えさせてくる。
全員演技が素晴らしかった。


とりあえず色々考えるには僕は知識が足りない。
カズ

カズの感想・評価

3.3
一言。イエズス会はやっぱり侵略者でした。

嫌いな部分!
イエズス会を正義としてるところ。
所詮彼らは、くだらない夢を持った侵略者。その歴史的事実は変わらない。なのに!あたかも彼らが良心のように振る舞ってるのがたまらなく腹立つ。
それに、不都合なところは隠し、終始目を瞑っていたね!イエズス会による神社仏閣の破壊、日本人少女が奴隷として西欧に売られ、買われてたこと、etc…

良かったところ!俳優たちの演技がすごく良かった!
とくに主役の外国人男性と日本人の浅野忠信!

あとは、キャラクターの描き方が素晴らしかったこと。
もうひとつ、セットが美しかったこと。どこで撮影したんやろ?
モロ

モロの感想・評価

3.5
所謂外国人が描く日本ではない。
日本人が作ってるのかと思えるほど、違和感のない日本が描かれている。
役者、セリフ、風景、小道具のどれもが丁寧で細かく真摯で素晴らしかった。
マーティンスコセッシの真面目さが伝わってきた。

内容については無知だったので、映画を見ながらいろいろ調べました。
何故カトリックがアジア方面の布教に力を入れたのか、何故日本でキリスト教が禁教となったのか、日本以外の布教がうまく行った国はどうなったのか。
歴史を少し知って見ると色々考えさせられる。
pandaxy

pandaxyの感想・評価

4.0
原作が好きすぎてちょっと厳しめに見てるかも。
映画として、ストーリーも映像も素晴らしかった。原作に忠実でありながら、オリジナルの部分もちゃんとある。
信仰とか、正しさとか、優しさとかって、何なんだろうとか。いや、幸せってなんだろうとか。色々考える映画。
いい映画だけど、もう、観てる間ずっと辛い。もうやめてあげて、とも思うし、日本の役人の立場もわかるし、とにかくずっと辛い。
役者さんの演技も最高。尾形イッセーさん、すごすぎて怖かった。
罪と許しの物語。
重い。重すぎる。

2017/9/23 Blu-ray
>|