沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

daitom

daitomの感想・評価

5.0
これも観ておくべき。

このレビューはネタバレを含みます

予告編から泣いた

日本が国を守るためにとキリシタンを迫害することは理解できるが、その拷問が壮絶すぎて絶句

信仰を捨てたのは神を信じなくなったからではなく、人々を救うためで、芯のところでは神の存在を信じていると解釈
cecilia

ceciliaの感想・評価

3.5
外国の監督が作る日本を描いた作品は、いつもどこか違和感があり、それが不快にも感じるけれど、この作品にはそれが無い。
真実はわからないけれど、
真剣に日本のその時代に目を向け、
大切に作り上げてくれたのだろう…と思う。

重い。
えぐられる。

役者さんたちが皆凄い。
怪演とも言える。

観てよかった。
もっと多くの人に観てもらいたい。


人気優先?オトナの事情?よくわからないけれど、
薄っぺらなストーリーと役者さんの映画(JKもの)が、はびこる地方の映画館…
狭いシアターに追いやられながらも上映されてて良かった〜(´-`)
歴史モノにしては起承転結の浅さは拭えない映画。
>|