沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

西野司

西野司の感想・評価

3.9
キチジローやりすぎだろ
br16uno

br16unoの感想・評価

4.5
正義とか悪とか、そんな言葉で表されへんことを上手く表してる映画。
出演者の演技に惹かれすぎてあっという間。

これを実写化して、しっかり観るものにしたのが圧巻です。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
外国人がこの原作を読んでどう思ったんだろう。宗教に命をかけて戦争にもなるけど目の前で命と天秤にかけられた信心なら救ってくれる神様がいい。
mari

mariの感想・評価

3.5
残忍でもありながら、目を惹く映画だった。
MeYou

MeYouの感想・評価

3.7
目の前の命か、信仰か。
「自分の中で最も美しいと思ってきたもの、最も聖らかだと信じたもの、最も人間の理想と夢にみたされたもの」
彼は沈黙を続けた。
パードレの視点から弱き者、強き者、善や邪とは何か分からなくなった。
fish

fishの感想・評価

4.3
「沈黙」というタイトル通りの作品。とても残酷な話で、これが本当に日本で行われていたことに驚く。
白の

白のの感想・評価

4.5
内的独白によるその想念の共有が情景描写と相まりこの物語を大いなる心理叙事詩へと高める。
美しいフレーミング/ショットが日本の時代感や人物の感情を見事に映し出す。
神の沈黙というテーマだけでなくBGMも沈黙している。聞こえてくるのは叫び、嘆き、そして静かな自然の音で、そこには静謐な情緒が湛えられる。
宗教観の衝突、希望と虚無、信仰と不敬虔、神の不在、異邦人···素晴らしい映像は込められたあらゆるメッセージについて否応無しに観る者にその是非を問う(原作主義者はどう思うだろうか)。
「ウルフ·オブ·ウォールストリート」の監督作品とは思えない。
カズマ

カズマの感想・評価

4.0
原作を読み切り、その勢いで映画も。

神はいるのか。信仰とは何か。告悔。赦し。パライソ。沈黙。
転べ。転べ。転べ。
思いをきちんと文章にするには余りにも言葉が足りない。自らの無知を改めて痛感する。

日本人だからこそ読んでおきたい。そんな作品。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

4.0
何が良いってまずはキャスティング。
今をときめくアダムドライバーとアンドリューガーフィールドは勿論だがなにより日本人キャストの秀逸さ!
キーマンの窪塚や安定の浅野さん、悪役2トップの菅田俊とイッセー尾形の怖カッコいい喋りだったりと、とにかく最高!塚本晋也や小松菜奈、加瀬亮、ちょい役の片桐さんや渡辺哲…個人的に大好きな俳優のオンパレードで、外国映画で豪華メンバーを観られることがすでに嬉しい。
あと遠目でしか見せないAKIRAの使い方はちょっと面白かった。
誰だキャスティングに入れ知恵した日本人は。笑

ストーリーも言うことない素晴らしさ。
1番神から遠く人間に近いキチジローの存在が主人公の信仰心に揺さぶりをかけ、それがラストまで続く事も考えさせられるし、とても良い終わり方。

拷問シーンも圧巻!
>|