沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

信仰心が無いと生きていけない時代がいけないのか?
けど、人が命がけで信仰する姿は、私には出来ない事だし、家族の命や大切な命が無くなるのを目の前にしても貫かないといけないの?そこまでして?って何度も思った。重い‥
kono

konoの感想・評価

4.5
ギリギリ映画館で観れた

こんなにもそのままやるのかと
宗教のことはわからないけれど、改めて自分なりに考えられた
2017 9月 鑑賞

当時の農民の描き方
徹底的に搾取され支配されて、心身ぼろぼろ
これでもかという程にみすぼらしく描く
悲惨な時代だと心底思わされる
浅野/イッセー両氏の素晴らしさに対し、アンドリュー君から滲み出る今風軽さというか素のハッピー感丸出しヅラというか…このアンバランスのせいで主題の重心がひっくり返りそう…なのをなんとか押しとどめた塚本/窪塚両氏(と片桐はいり)を誇りたい。けど何より日本人クリスチャン作家としてこれを書いた遠藤周作を我らは誇ろう。けど主役はやっぱ別キャストで観たかったな。もっと魂の揺らぎを体現できるような、最近の若手だったら例えば…あ、アダム・ドライバー!…オーマイガッ。
まほ

まほの感想・評価

3.8
公開前から凄く見たくて見たくて
結局劇場で見れずお借りしてきました。

今まであらゆる戦国から幕末に渡る
日本の映画や大河ドラマを見てきたけど
それは日本人が描くストーリーであって
遠藤周作が50年前に作り上げた小説を
マーティンスコセッシが25年間も構想し続けた
この作品は新たなる視点からの歴史映画。

これ程までに外国人のスタッフで大河のように忠実に
江戸初期の日本を描けてることに何より感動。

1640年、時は徳川家光の時代であって
禁教令が出されて30年程経ってるのに
それでもキリスト教を信じ続ける信徒に
フェレイラを追いかけ布教を願う司祭、
そして、キリスト教の支配に恐れる幕府。

どの立場になってもどちらの身にもなれない。
幕府側の意見も分かれば司祭の意見も分かる。
それがとても複雑で観てるこちら側も
どれが一番良い答えなのか分からない。
そこがとても複雑で、神を求めても
神は尚も沈黙し続ける。一体どれが正解なのだろう。
この正解こそ「神のみぞ知る」なのかも。

アンドリューガーフィールドやアダムドライバー、
リーアムニーソンの演技はもちろんのこと
日本人俳優の演技が本当に圧巻だった。
イッセー尾形や浅野忠信に窪塚洋介。
数々の日本人俳優が出てる中で
一番印象に残ったのはイッセー尾形だけど
それに匹敵するほど小松菜奈の演技がもうもう。
加瀬亮のあのシーンでの演技がとても印象的。

とても複雑で難しい物語だけど
戦国や江戸や幕末が好きで知識があったおかげで
助かった部分もあったかな。

音楽はなくひたすら波の音や虫の鳴き声。
159分間ひたすらずっと重苦しい。
だけどそこから学べるものはたくさん。

それにしてもアダムドライバーが序盤から
聖☆おにいさんのイエスにしか見えなくて
そこで少し和みました。神のみそ汁(笑)
とーる

とーるの感想・評価

3.8
無信教者が多い日本人の感覚ではなかなか感情移入の難しいテーマではあるものの上手く作ってくれたスコセッシさすが。はたして今日本に流れ着いているキリスト教は本物ではないのでは?ってことよね。''山河は改む"ってな
T01

T01の感想・評価

3.8
長時間だったけど、見入ってしまった!
宗教についてあまり詳しくはないので、あーだこーだ語れない自分の無知さに恥ずかしさも感じるけど何かにすがりつくほど信じる事って自分を救うこともあるけど、時には苦しめることにもなるんだろうな。
キチジロー役の窪塚洋介の存在がこの映画の中で一番印象的だった。
イッセー尾形が、話し合いのシーンで縮まっていくシーンもすごく引き込まれた。
原作もじっくり読んでみたい。
K

Kの感想・評価

3.7
江戸初期の幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる師フェレイラを追い、キチジローの手引きで弟子のロドリゴとガルペはマカオから長崎へ渡る。
どんなに迫害されようとも神の救いを信じる信仰熱い隠れキリシタンたち。そんな彼らに対し、神は沈黙を貫く。神を信じ、殉教した彼らたちは、果たして天国へ行くことができたのか。
世界には様々な”神様”がいて、その”神様”が正でない場所では、その”神様”に祈りをささげたところで、助けてくれはしない。
宗教とは、もともと地域や民族に根付く規律を端に発するが、信仰心があれば、唯一国境を越えた地域の人々を同様の規律のもとに束ねることのできる、ソフト・パワーの政治であり、信者の献金等によって教会側はまた金銭的得を得ていたのであって、単に”良い教え”を広めていただけではない。
当時命がけで弾圧化でもカトリックを信じていた人々、命がけで布教活動をしていた神父たちは、ただ大真面目に神の救いを信じていた。人間が作り上げた”神”に、どれだけの善良な人々が犠牲になったか。そんな”神”は残酷でしかない。

16世紀、急激に成長するプロテスタントに対抗し、カトリックも『イエズス会』を作り世界布教を目指した。世界布教にあたり、カトリックの総本山バチカン市国は『スペインは西へ、ポルトガルは東へ向かえ』と布教を指示。
1549年、イエズス会のフランシスコ・ザビエルは鹿児島に上陸、翌年に当時貿易で盛んだった平戸を訪れ領主の松浦隆信に歓迎され、長崎における南蛮貿易とキリスト教布教が始まる。
豊臣秀吉はキリスト教が天下統一を妨げることを懸念して、1587年に伴天連追放令を発令。自分の権力と禁教の意思を知らしめるために、キリシタンの街として栄えていた長崎を処刑地とした。
1612年、徳川幕府は天領に禁教令を発布。1614年、全国でのキリシタン摘発が始まる。1639年、幕府はイエズス会との結びつきが強かったポルトガルとの交易を断絶して鎖国。沿岸の警備も徹底され、宣教師たちの入国はかなわず、幕末までの約250年間、キリスト教は幻の宗教となる。
>|