沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

    評価が難しい作品。
    ただ、考えさせられる点はあった。
    キチジローは卑怯と言えるだろうか。
    実は最も正直な気がする。
    死にたくない。
    捨教もしたくない。
    他人からどう見られようと、生きる。
    そもそも、宗教というものは生きるためにあるのではないのだろうか。
    よって、捨教するくらいなら死を選ぶ、というのは違う気がする。
    これは「宗教」に特定する必要もない。
    ○○するくらいなら死を選ぶ、尊厳死というのは違う気がするな、と考えさせられた。
    (国際線(パリ→羽田))
    気になっていたのに公開時に観られなかったのでやっと観られた。

    原作も読んでいたので、ストーリーも知っていたから特に驚きなどはなかったが、そもそもこの原作を映画化しようという監督とプロデューサーが本当に凄い。

    おそらく製作費は回収できないけど、こういう作品を作ることに意味がある。そして三時間近い長さの作品を飽きさせず、最後まで観させるスコセッシは凄い監督だ。

    イッセー尾形、塚本晋也の演技が素晴らしかった!

    観終わった後しばらくは動けない動きたくないとなったくらいいい意味で重かった。

    自分自身の弱みなどを感じさせられ考えさせられた。

    誰かとではなく、ひとりで観ることを推奨する。
    遠藤周作好きなので鑑賞。パードレの信仰するキリスト教と隠れキリシタン達が信仰するキリスト教が全く別の宗教になっていて、それを知ったときのパードレたちの絶望が良くでていて興味深かった。演出上成功といえるのかもしれないが、窪塚の演技が過剰で不快だった。
    宗教について考えさせられた。崇拝することや信仰心、心の拠り所をもつことは個人の自由だと思う。ただ時代がそれを許さなかった。今や何でもウェルカムな時代には考えられないほどの当時の厳しい現実を改めて実感した。
    【上半期鑑賞映画寸評:2017】
    今年のベスト10から漏れることのないであろう傑作。

    スコセッシが温め続けてきた意味と原作へのリスペクトが溢れ出ていて非常に秀逸。

    「信仰」という壮大なテーマとそれを介しての各国文化の違いが悲劇を生む様子が心に訴えかけてきて辛い。

    原作には無い部分をラストに敢えて付け加えていて、それは監督自身の解釈だと思うが、そのラストであれと誰もが願う。


    【p.s.】
    今月で2017年上半期も終わりを迎えるので、その前に投稿できていない1〜6月の鑑賞作品を寸評で投稿しています。

    40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

    よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

    *詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。
    適当な気持ちで観ちゃいかん。重すぎる。

    友人が「カイロレンとスパイダーマンがクアイガンジンを探しに長崎に行ったらエラいことになるお話。」と言ってたがある意味間違いない。
    >|