沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

非常に濃密な映画でした。

この時代の「キリスト教の信教・信仰」と「日本の鎖国・禁教政策」は、考えれば考えるほど、ジレンマに陥る。
作品を通して、より簡単に答えが出せるものではないな、と実感。

以下が、この映画で率直に感じたこと。
1.神に祈ることにより、弱き者が救いを受けられるという叶うことのない幻想

カースト制度がはびこる江戸時代の日本。
弱き者と強き者が、きっぱりとわかれている「士農工商」。
武士や大名が強い権力を持っていたこの時代。
弱き者には、その弱さから抜けられない現実がそこにはあったんだと思う。

そんなときに救世主のように、キリスト教が布教されていき、神に祈ることで、弱さから抜け出せると信じていた。
でも神は話さない。
神は沈黙のまま、無情にも時だけが過ぎていく・・・
祈りは日本では届かず、革命も起きない。
救いを受けられるというのは、叶うことはないけど、弱き者にはそれを信じて祈ることしかできなかった。
そんな時代だったんだなと。

2.唯一の救いを閉ざす当時の日本、幕府

信教は、団結して広がっていくことで革命を生むこともある。
禁教政策に至る背景は、
・キリスト教が日本を植民地にしようとする動きがわかったから
・キリスト教信者、キリシタン大名が集まって反乱を起こされたら困ると思ったから
の2点と言われている。

強き者が支配しているこの時代。
そのような危険のあるキリスト教信仰に対する取り締まりは日に日に厳しくなり、さらに救いをなくしていく。

でも、士農工商により、弱き者から脱せない信教者は、神に祈ることしかできない。
これこそが社会の不条理で、当時のこの問題に対して、答えが出せない自分なりの理由です。

3.何が正しいのか、大切なこととは何か、強さとは何か

この映画の命題。
まさにこれではないか。

フェレイラ(沢野忠庵)の生き様が観たくなるラストの展開。
祈るだけでは何も変わらない。
日本での不条理な禁教政策の下では、キリスト教は無力で、むしろ弱き者をさらに苦しませるものである。

本当に大切であり、正しいこと。
いかに本質や中身について、深く考えて行動するか。
「○○のため」、を自分本位にしないこと。
それは「沈黙」の中では、棄教・踏み絵の辛さや苦しみに耐え、弱き者を苦しむことから解放することであった。
それこそが、大切であり、正しさであり、強さではないか、と自分は感じました。

4.ジレンマは解消されるのか

冒頭に書いたジレンマに陥ること。
国全体でのカースト制度はなくなって、全員が平等である世の中にはなったので、この時代より弱者が救われないことはない。

ただし、あらゆる組織で未だ強者と弱者が存在し、組織内のルールに苦しんでいる人がたくさんいる。
とはいえ、政府も性悪説に立って、全ての組織を監視することはできない。

ジレンマはどの時代にもつきまとっていて、それが強者と弱者を生み、弱者は現実から逃れるため、信仰や祈りに走る。
このサイクルはどう解消すべきなのか、されるべきなのか。
性善説で世の中が回って欲しい。

話は戻って作品の時代。
この時代の信仰心の強さは無知ゆえか、育ち方ゆえか、覚悟ゆえか。
いずれにしても凄い。
宗教を信教したことのない自分には、この信仰心の強さに対しての理解が難しかった。
それは、現代の様々な事件の背景にある宗教信仰も然り・・・
宗教や祈りには、怖さもつきまとってくる。

キチジローが一番人間らしいのに、異常、もしくは卑怯に見えてくるのが、宗教信者と奉行の世界観。
この映画はキチジローがより深みを出していた。

「なぜ弱きわれらが苦しむのか」
このキャッチが本当に刺さってくるような作品であり、様々な感情が行き来した160分でした。

2017年、早くも自分の中でのベストが出てしまったかもしれない。
(まだまだ序盤ですが・・・)
グレアム・グリーンをして「20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめた遠藤周作の代表作『沈黙』
その二度目の映画化にして大巨匠スコセッシの念願の企画。
前作の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が被写体もカメラもぐりんぐりん動き、手練手管の限りを尽くした編集テクニックで観客をマヒさせる「動」の映画だったのに対して本作は徹底的に禁欲的。
動きは少なくBGMもほとんど使われず、静謐な空間に自然音が響く文芸の匂いたっぷりの仕上がりになっている。
内容については原作の核心を良くついていると思うし、原作には出てこない通辞の言葉が多神教と一神教の壁を端的に表している。
カトリックの司祭を目指していたスコセッシがキリスト教信仰をここまで冷静に見ていることに、この巨匠の凄さを改めて思い知らされる。
長いしテンポも悪い、決して愉快な映画ではないが長さにもテンポの悪さにも意味のあるよく出来た映画。
役人は神父たちに
神と福音を棄てろと迫った

ルターの宗教改革によるプレスタントの発生と急成長に伴い、カトリックの世界布教を目指し設立されたイエズス会は日本にも多大なる影響を与え鎖国するまでに至らしめた。

1640年5月25日
キリストの平安 神を讃えよ

ラストサムライならぬラストプリースト
鎖国状態である日本に明経由でイエズス会から
"2人の軍隊"が派遣され異国の地で真理の為に戦った男達の物語。

オビ=ワン・ケノービのリーアム・ニーソンが!
カイロ・レンのアダム・ドライバーが!
ジェダイを彷彿とさせる姿にスターウォーズファンは思わず口元が緩んでしまうはず。

劇中BGMは一切無く、自然と民衆が奏でる音楽でのみ構成されていてとても日本へのリスペクトを感じる。この辺りの表現から日本の自然崇拝と民族風習を匂わせ沼に至る経緯を示しているのではないだろうか。

余談ではあるが、幕府の目を逃れ代々カトリックを守り続け隠れキリシタンとなったしまった彼らの信仰は、口伝と暗唱のみで何世代も経た結果、明治維新後にヨーロッパの宣教師で発見された時には既に民族宗教と化しカトリックはかけ離れたものになっていたという。

日本と申す沼
福音の根は育たない
y

yの感想・評価

4.2
重厚で高尚で猥雑で暴力的。やっぱりどこかぶっきらぼうな手触りがスコセッシ。かっこよくとりますねえ...。
食洗機の中の食器ってこんな感じなんだろうな、と思う、塚本晋也。
ミ

ミの感想・評価

4.4
ひたすら重苦しくて蒸し暑い三時間。
キリシタンに対する幕府の仕打ちには目を覆いたくなるが、井上サマの言っている事も決して間違っている訳ではないので色々と考えさせられる。
キチジローの矮小さにはうんざりさせられたが、最もリアリティを感じるキャラクターでもあった。窪塚洋介の演技がとても良い。
ともかく、全てを赦すキリストの寛大さに泣けた。
monaminami

monaminamiの感想・評価

3.7
アダムくん見たさに。
だけど、キチジロー=アイキャンフライの方が目立つ。
肝心の沈黙感が少なめ?だけどこんなものかね。あの原作の感じはなかなか映像化は難しいだろうに挑んだスコセッシの気合いよ。
otom

otomの感想・評価

3.8
日本二十六聖人殉教地に訪れた時と随分様子が違う上に英語(!!!)が堪能な人の多いインターナショナルな長崎。ほぼ原作に沿ってはいるとは思うものの、雑なCGと日本の役者の面々で何か冷める。イッセー尾形の残虐大会と神の沈黙のせめぎ合いはなかなか見応えはある。けれど何が足りないと考えた末に原作の方言感ってのがあり、その辺りで仔羊達の悲壮の具合が大きく削がれている気もしなくはない。原作のキチジローの好きなところ「この俺は転びものだとも。だとて一昔前に生まれあわせていたならば、善かあ切支丹としてハライソに参ったかもしれん。こげんに転び者よと信徒衆に蔑されずすんだでありましょうに。禁制の時に生まれあわされたばっかりに・・・恨めしか。俺は恨めしか」と。五島の猫村と加瀬首が一番衝撃だった。
1k

1kの感想・評価

4.1
考えれば考えるほどぐるぐるぐるぐる

とりあえずアダムドライバーはなんかジーザス感
ツタヤ

ツタヤの感想・評価

3.7
遠い昔に読んだ原作の衝撃には及ばずも見応えは十分。宗教を信じているかいないか、神の存在を信じているかいないかを問わず全ての人の心に響く映画だと思います。

主人公の内面については原作の方がより丁寧に描写できていた記憶。沈黙を続ける神への絶望感みたいなものが映画では多少薄まっているように感じました。

それでも多大な時間(構想28年!)とお金をかけて本作を製作してくれた事に日本人としてはスコセッシ監督に感謝の気持ち。ハリウッド映画によくある奇妙な日本の姿はここにはありません。細部まできちんと日本が描けています。

メインだけでなく出番が少ししかない端役にまで日本からは人気の俳優さん達が大挙出演。そりゃあスコセッシ作品なら出たいですよね。

中でもイッセー尾形はまさに怪演でした。塚本晋也も体当たりの演技で強い印象を残します。ただ、窪塚洋介演じるキチジローは原作を読んだ時よりもだいぶマトモな人間に見える。もっとみすぼらしくて卑しいイメージだったんですけどね…やっぱり窪塚洋介では顔が綺麗すぎちゃうと思います。(笑)
>|