沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
サン

サンの感想・評価

5.0
考えさせられる内容に対して、映像と音は静かで淡々と進んでいく展開がカッコよかった
背骨

背骨の感想・評価

4.5
その弱く儚い心を支えていくために、何かを信じぬには生きられない人間という不完全な生き物。

そのために創造された神・宗教・信仰。

それに救われ、時に都合よく解釈し、利用し、そして時には権力と密接に関わり合い人が人を統治していくために使われる。

自らを救済するために作り出した神に翻弄され、争いが起こり、殺し合う人間たち。

絶対的なユートピアなどあり得ないこの世界で、人が生きていくために、必要でいながらも、災いの元にもなるもの。

どちらにしてもそれなしでは生きていけない人間。

長尺でありながらも、密度の濃い構成で全く長さを感じさせない。重厚なテーマでありながらも、エンターテイメント映画としても秀悦。

個人的に好きなテーマ、描き方だということもあり、今年の洋画No. 1有力候補。
MikiSato

MikiSatoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

信仰は形じゃない。
棄教はしたし、棄教すると言ったときに嘘偽りはなく、心からそう思っていたと思う、私はそう感じた、けれど、キチジローが、私にとっては最後の司祭なのです、だから赦しを、というところで、彼の心にはイエスがいるんだと感じた。

キリスト教は日本には根付かない、彼らが信仰しているのは自然だ、キリスト教の考えは理解できない、というようなセリフがあったが、本当にその通りだったのだろうか。
その頃、キリシタンとして生きていた人々は、何を信仰していたのか。本当の意味でキリシタンではなかったのか。
そもそもキリスト教ってなんだ。
ふたりのパードレでも、踏み絵に関しての意見は違った。
曖昧模糊としたもの?
人によって解釈は違うもの?

キチジローの中にも信仰心はあったのか。
赦しというのはあんなに簡単なものなのか。
私は、彼はキリスト教を信仰していたと思う。

彼らは天国に行けるために死を選んだのか。
でも極楽浄土っていう概念は仏教にもあったよね。

小松菜奈の友人がスパッといったシーンはさすがにびっくりした。
あのシーンが意図するものとは。
青木崇高とその友人の関係の変化というか、親しさに驚いたけれど、彼らは罪を犯したわけではないし、親しくしてはいけない対象でもないし、的な?
青木崇高は知ってたのかな、会話の後におこる出来事を。
冷静だったよね。
もう何度も見てきた光景だったのかな。

そもそも日本その頃は秀吉?がキリスト教徒を迫害した理由は、勢力拡大を恐れたから、という理由だけ?
おとなしくパードレを帰国させるってことはできなかったのかな。そういう選択肢はなかったのかな。

今の日本でのキリスト教の立ち位置ってどんなんなんだろ。

私の宗教は?と聞かれたら。
お寺には行くし仏像の前では手を合わせるし世界観は理解できるけど、仏教徒なのか。

八百万の神、自然に神が宿る的な考えって、教えられたっけ?
太陽とか。
感覚?
血に流れている的な?

キリスト教徒の人の感想を聞いてみたい。

スコセッシ監督はキリシタン?

キリシタンを弾圧した歴史をちゃんと学びたい。
宗教による争いについて、良い勉強になった。
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.4
重厚な物語だが、丁寧に描かれていて最後までしっかり観れる。
日本の文化の性格を理解する上で貴重な作品だと感じた。
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『沈黙 サイレンス』
地獄の黙示録的な掴みで一気に映画の世界に。日本ロケでないのは残念だが、日本人俳優の素晴らしさと隙のない画作りに魅入る。ガーフィールドが魅力的だ。重層的な内容も人間の弱さの映画として見ていた。改めてスコセッシと遠藤周作について考えたくなる貫禄の作品だった。

『沈黙 サイレンス』のロケ地が台湾の件。その協力体制、自然、コスト、ハリウッドとの関係(アン・リーの薦めで「ライフオブパイ」のプールを使った)など、日本とは違う点を知るにつれ、適切だったんだなと思わざるをえない。日本人としてはほんと残念だけど。見え方も問題というレベルはなかったし。
dicman

dicmanの感想・評価

3.0
ながかった
YounaPARK

YounaPARKの感想・評価

3.5

わたしは今の時代の日本文化のタイミングで子宮から出てきて ああでもないこうでもないしながら のほほんと生きてる

彼らはキリスト教弾圧時代の日本文化に飛び込み 必死に生き残るために苦悩したんだと思う 教えに心酔したが そのために死ぬことを選択しなかった三人の惨めで果敢な生き様は はっきり言って だからどうということは感じなかった

それでも 窪塚が演じた彼の心に そっと寄り添い わたしは彼の肩に頬を預けたいと 何故かそんなことを考えていた 彼の心の隙間に 少しでも温かいものが流れるといいなと そんな風に思った 温かい涙もあるんだよと わかしからはそれしか伝えられないだろうな
なんで英語なんだ?…………………

ポルトガル語でもスペイン語でもオランダ語でもなく、なんで英語なんだ?
17世紀前半の日本人がなんで英語を喋れるんだ?
それが気になって気になって仕方なかった。

中高で6年間英語を学んだそこら辺の日本人より江戸時代初期の人たちがペラペラ英語を喋るのが気になる。
thとfとvの発音しっかりしてるし!

寺子屋すらない時代の百姓がなんでペラペラ英語を喋れるんだ?

アメリカ映画に出てくる変なアジア人が演じるninjaやsamuraiに違和感を感じるのと同じように英語を喋る江戸時代初期の人々に違和感を感じた。

なかなか絵踏みしない切支丹もイライラするし執拗に踏ませようとする役人にもイライラする。両方腹立つ。なので観ていて気持ちいいものではない。
「踏めばいいじゃん」ってキリスト教徒じゃない自分は簡単に思うんだよね。キチジロー見てて気持ち良かったし。

そんな絵踏みさせようとする側と踏もうとしない人たちのやり取りに2時間我慢した自分偉い!

リーアム・ニーソンが再び現れてから面白くなってきた!沢野忠庵という人が実在したとは初めて知った。自分の無知恥ずかしい。

「キリスト教は日本に根付かない」という言葉にうんうんと思った。宗教の根底にある深イイ話だ!

で、結局、誰得なんだ、この映画?


温泉の刑と満潮の刑は初めて知った。よくそんな残基な拷問の仕方考えるね。

イッセー尾形が自分の持ちネタをやったときはニヤリとした。

音がよかった。波の音と虫の声。
>|