沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    ケロケロみん
    ケロケロみんの感想・レビュー
    2017/02/03
    5.0
    沈黙
    一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
    禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
    この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
    困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
    彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
    現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
    KEISUKE
    KEISUKEの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    とても良かった!

    原作は読んでないので、予告を見た段階ではよくある感動モノなのかな?と思ってたけどそうではなくて、もっと深い部分でのお話、要するに宗教とは?信じるとは?そもそも人間の信念とは?というテーマを多角的な視点で問いかけてくる、重く深い作品でした。
    浅野忠信演じる通辞と、リーアム・ニーソン演じる宣教師の台詞が、この映画のテーマを要約していたんじゃないかな。

    ただ海外の賞レースに引っかからなかったのは、何だか分かるような気がします。キリスト教徒の数が圧倒的な欧米の人たちにはこの映画のテーマは理解できないというか、認めたくない部分というのも多くある気がするので。
    tak
    takの感想・レビュー
    1日
    3.7
    辛く重い作品だった。苦しい中での信じることによる救い。しかし、信じることでまた苦しむ。タイトルである沈黙が色々と語りかけて来る作品でした。何のために?誰のために?人々は救われたのかな。
    shoko
    shokoの感想・レビュー
    2日
    3.4
    通くんのカレイベ行ってなんか逃げこむように映画観に行った
    けどそんな気持ちで観るものではなかったな、、
    すごいものを観たという感じ
    苦しくて苦しくて仕方がなかった
    わたしにはやっぱり頭では理解はしとっても、殺されてまで踏み絵を拒否するっていうのが分からへんし、そういう意味ではキチジローの姿は、キリスト教の人たちにとっては言葉通り死んでもありえないことなんやろうけど、一種の共感を覚えた
    もちろんわたしはキリスト教信者じゃないからわかってないんやろうけど、そこはわかったような気持ちにはなった
    都合のええようにしか神様信じてないってレベルのわたしからしたら、あんな拷問思い付いてそれを実行してしまう人間が怖い

    浅野さんが初めてかっこええなって思ってしまった
    てぃらみす
    てぃらみすの感想・レビュー
    2日
    4.0
    なんかすごいものを観てしまった、と率直に感じました。
    映像がすごい!とか(もちろん美しかったですけど)、アクションがすごい!とかではなく、映画が持つ質量が凄まじかったです。
    1回観ただけではとても消化しきれませんが、2回目を観る勇気もないなぁ…。

    「神様」ってなんなんでしょうね…。
    のむらなお
    のむらなおの感想・レビュー
    2日
    3.0
    スコセッシといえど、外国人が沈黙撮ったらこうなる、仕方ない!
    やっぱり世界のイッセー尾形〜〜
    平野豊和
    平野豊和の感想・レビュー
    3日
    4.1
    簡単にはコメントできないな。
    受けた衝撃が大きすぎた
    TaketoShigenobu
    TaketoShigenobuの感想・レビュー
    3日
    -
    物語的にはキリスト教から隠れキリシタンになる物語だと思いました。この国にはキリスト教は根付かないというセリフがありますがならば根付かない土地に根付かせるために品種改良されたのが隠れキリシタンなのだと思いました。
    物事は理解しているからと言って実際にできるとはかぎらないです。ある種の体験を経て本当にできるようになる事はたくさんありますし、分かっているけど出来ないという事は誰にでもあると思います。ガルペは五島に行き、そこに住む人たちの物を崇拝する姿を見てあまり良い傾向ではないと思います。しかしガルペ自身もその事を理解してはいますが実際は実行はできていないです。
    なぜなら彼は川に映った自分の姿を神のお告げと考えて喜び、また神的なかつ具体的な救済を求めていますし、当然絵踏みもできないです。水面の映ったキリストの姿が絵であるのはまさしく具象的なもにとらわれているからだと思います。
    しかし、その彼が絵踏みをするそれは決して信仰は歪められないと彼が気付くからだと思います。
    作品の中では神的なショットが出て来ます。つまり完璧な俯瞰アングルの映像です。ロドリゴ達が歩いているカット、船が海を渡るカット、絵踏みのカット。このカットは沈黙の中で神はロドリゴ達の動向をしっかり見ているととれます。
    つまりそれはロドリゴが絵踏みをする瞬間に聞いた神の言葉ともつながります。「共に苦しんだ」と。

    序盤のシーンのロドリゴとガルペと神父が会話をしているシーンでは個人的にはありえないようなカットつなぎが行われていたように感じました。あれはどういう意味があったのか凄く気になります。僕はアクションカット厨ではありませんが、全体的にはジャンプカットとは言いませんが区切るようなカットつなぎが多くて気になりました。

    塚本晋也演じるモキチが海の上に吊るされ殺されてしまうシーンはガチで涙が出そうになりました。塚本晋也のいかにも百姓の見てくれで痩せぼそった身体が波をくらいながらも横に吊るされているじいさまの事を気遣う姿に感動したのもありますし、歳をとって涙腺が緩くなっているというのもあるのですがそれとは別に、以前NHKで見た塚本晋也のドキュメンタリーでの塚本晋也を見ていると物腰柔らかく優しそうな印象を凄く感じていました。そして塚本フリークのマーティン・スコセッシの作品に塚本晋也があんなにも体当たりの役をやっている事実にもなんだか感動しました。
    ちなみにあのシーンは台湾の映画用のでっかいプールで撮影しているそうで「ライフ・オブ・パイ」もそこで撮られているそうです。そして、このプールをスコセッシに紹介したのはアン・リー監督ということで「そこもつながるんかい」と思いました。
    ウエ
    ウエの感想・レビュー
    3日
    4.0
    2017.1.21 TOHOシネマズスカラ座 初日舞台挨拶付
    2017.1.31 TOHOシネマズ日本橋 大ヒット舞台挨拶付

    すごかった…
    見終わった直後は「これは役者でみんな演技してて宗教も自由に選べて
    誰も拷問なんか受けてないんだ!よかった!」って気持ちになった。
    重いし難しいし簡単に自分の意見を言えるような軽い映画ではないけど
    見てよかった、知れてよかった、って思える映画だった。
    蛇足ではって意見もあるみたいだけど、私はラストが良かったな。
    他人の心の中ことなんて誰にもわからない
    正しい生き方とか誇りの持ち方とかみんな違うんだし

    2回見たけど結構印象変わったかも
    1回目は可哀想かわいそう、って思ってたけど
    2回目はそういう生き方なんだな、って思った
    いろんな生き方があってある程度は自分で選択できる余地の中で
    Aという生き方した人、Bという生き方した人、Cという生き方した人…みたいな

    棄教するのか殉教するのか隠れるのか、誰が強者で誰が弱者でって考え方は違うだろうけど
    自分が自分の納得できる方法で生きているなら他人にはそれは侵せない。
    d0208
    d0208の感想・レビュー
    3日
    4.5
    色々な問題が描かれていて考えさせられる。宗教の問題は言うまでもないが、物語がコンラッドの『闇の奥』を踏襲した形なので、キリスト教にとって泥沼のようなアジア世界と言う面とともに、東洋を侵食する西洋文化と言う面も想起させる作りになっている。

    注目されがちなイッセー尾形の演技は、良い意味でそつなく質の高いものを見せているが、頑張りでは塚本と窪塚に目を見張るものがあった。小松菜奈もあんな汚れ役をよくやったなあと思う。

    重たい物語を三時間全く飽きさせずに見せきる腕と、手抜きが一切感じられない映像美に感服させられる。個人的にはスコセッシの傑作の一本。惜しむらくは、普遍的なテーマかもしれないものの、今の社会状況から乖離した公開タイミングの悪さを感じる。良く言えば作家個人の映画、になってしまったかな。時期を選べばもっと注目される作品になったように思う。
    >|