沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
勉強になった。
宗教について語るほど知識はないけど、日本映画かと思うほどの映像に(日本人が英語ペラペラ以外)、監督の作品への強い思い入れを感じた(-_-)
UME

UMEの感想・評価

4.6
終始惹き込まれてた。
自分はこれほどの信仰心をきっと持てない。すごい。心ってすごい。
原作を知らず、マーティン・スコセッシ監督が隠れキリシタンを題材に映画を撮ると知った時には、アポカリプト並の虐殺映画なのかと身構えておりました。
実際ひどい拷問や処刑シーンはあるのですが、なぜキリスト教は弾圧されているのか、そしてどうして処刑されてしまうのかが、ある程度フェアに描かれていました。この点はすごく意外であり、この映画のすごい点の1つだと思います。
また、仏教の意味についても、本質を捉えており、そこもきっちり描くのはさすがだなと。
宗教を超えた、自分の役割について考えさせられるよい映画だと感じました。
2017年映画館で見たランキング1位。

時は江戸時代の初期ーー。
キリシタン弾圧の中、秘密裏に日本でキリスト教を教えてた有名なポルトガルの宣教師が突然辞めたという噂を聞き、それを確かめるために弟子の2人が日本へ潜入。

しかし、2人の宣教師が目にしたものは地獄の世界だった。
踏み絵や拷問や悍ましい処刑など
キリシタン弾圧に耐えれずやむを得なく棄教した信者の無念、師匠とキリスト教信者を救うはずだったのに何も出来なかった2人の宣教師の無念。

キリスト教をやめるべきかそれとも貫くべきか、迷う宣教師の苦しみ。

その苦しみから逃れるために
神様に助けを乞うても助けてくれない。
何も答えてくれない。黙ったまま。

主よ、何故あなたは黙ったままなのですか?


人の心の強さと弱さ、信仰、生き方
無宗教の人でも考えされられる映画です。
kag

kagの感想・評価

4.0
時代は1600年代。ポルトガルから宣教師として日本に訪れたが「今は日本人として暮らしている」と噂される宣教師の師匠フェレイラの後を追い日本まで旅に出た2人の宣教師。彼等はキリスト教の宣教師としての情熱と希望があり師匠フェレイラのためとキリスト教布教のために日本に渡った。しかし思っている以上に日本ではキリスト教が禁止されていた。ポルトガルの宣教師2人とこの時代の日本と長崎の日本人キリシタン達の話。

「郷に入れば郷に従え」この言葉がしっくりくる。弟子2人や日本に来た他の宣教師達はキリスト教が「いいもの」だから、純粋に「広めたい」という気持ちで来てくれていたと思う。ただ、一方的に「教える」だけで日本のことは知ろうとしない。

正直「なんて失礼な人達なんだ」と思った。ここは日本側に共感できる。でも見せしめに殺したり苦しめたりするのはダメだ・・・この時代は本当にそういうことしていたんだよね。

一応キリスト教を学んだけど、日本人キリシタン達は自分達の都合の良いように信仰しているように見えた。この人達も純粋な気持ちだったんだと思うけど。どちらかというと"依存・信者"という感じに見えた。

今の日本で上手く暮らしている人達は少しでも日本が好きだったり日本人より日本に詳しかったりする。信仰するのは良いけど、人に押し付けてはならない。ユダヤ教やイスラム教などは布教をしない宗教だけど、唯一キリスト教だけが布教する宗教。(どこかにも似たようなのがあったような・・・)相手のことを尊重する気持ちを持つということは宗教だけでなく、どこにいっても共通することだ。

この映画見れてよかった。
siki07

siki07の感想・評価

4.2
沈黙の果てに
赦されず、許せず
尚も人は強く、かくも弱い
共存も並行も出来ず
人は苦しみ抜いた歴史を持つ
「目を逸らさずに」
向き合う必要のある作品である。
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
史実は知ってたものの、キリスト教の弾圧はこんなにも過酷なことを強いてたことがようやくこの作品で理解出来た。
きっとキリスト教徒にとって踏み絵は、自分が拷問されることよりももっと辛いことだったのかな?

日本を守るために異国の教えを制限しようとする幕府の姿勢は分からなくはない。
そもそも日本には何にでも神が宿ってるからなぁ。
>|