沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
すごい静かな映画だった。

宗教かぁ〜。
日本だと胡散臭いイメージがどうしてもあるからか、あんまり根付かないと考えていたけど根幹にはこの映画で語られるトコだよなぁ。
お勉強映画としても高レベルな良いモノ見た。

キチジローが物凄い良かった。ずっとフラフラしていて、どっちなのか最後まで不安定な信仰心が、リアリティというか生々しくて引き込まれた。

日本にキリストが根付かない理由の問答が改めてハッとさせられるし、映像美が凄い。日本の景観だと見慣れない外国人2人が映えて見えるし、妙に色気があるように思える。

スローモーションは色々と見てきた映画の中で一番ハマっている演出方法に感じた。
折れる雰囲気とリーアムニーソンの顔面ドアップと穴吊りを辞めさせる手。なんというかキレイに物語のターニングポイントととして印象付けが素晴らしすぎる。

テーマもしっかり伝わって、様々な皮肉なんかも深みがあり、全体的に静謐感漂うクールな映画だった。
映画館で見られなかった作品がAmazonプライムビデオに登場。原作を読んだ時に感じた、「宗教って何だ?」という疑問が復活。人の信仰を否定することもないのはもちろんだけど、もしかしたら決して「広める」ものでもないのでは?と思った。広めると形が重要になってしまう。宗教を信仰することで命を落とすのなら、踏み絵は踏んでもいいじゃないのか。踏んだから怒る様な神様ならそれは人を救わない、と。
映画そのものは、以外や以外キャストが豪華だった。新旧スターウォーズだったし!あとは、アメリカ映画によくある、江戸時代の地方の日本人が英語ペラペラ問題、、、まあいいんだけど、、イッセー尾形の怪演はさすが、と感じた。
めちゃめちゃ重いですね😢
でも、2時間半強でも長く感じなくてそれだけ引き込まれたのだと思う。

学生時代の歴史の授業でキリスト教弾圧、隠れキリシタン等は学んでいるのですがここまで厳しいものだとは…

圧政に苦しむ民がすがり付き精神の拠り所になったのがキリスト教、いつの世も民が苦しむのもね…

宣教師の1人は、民を救う為に海で溺れて殉教してしまうけれど、殉教こそがキリスト教の精神なんですよね?

私自身、無宗教なので命を掛けてまでと思ってしまったりで…
ロドリゴは、最終的には棄教してしまうけれど、どれだけの屈辱なのだろうか?

上映後は、ズーンと重い気持ちで1人考えながら歩いて帰りました…🚶‍♂️

塚本晋也さん、イッセー尾形さん等名演で存在感半端なかったです😃
Yektnzw

Yektnzwの感想・評価

-
幼少のころより多少なりとも培われてきた自分の中にある信仰のかけらみたいなものが、静かに崩れていくような映画だった。自分の命や、痛みと引き換えに見えない答えや聞こえない言葉に対してどこまで信じていられるか、どのくらいそこに正しさを求めていけるのか、もう、ほとんどわからないな、と思った。
逆も然りというか、そこまでの信仰心があるものに対して、信仰のないものが何を根拠に否定できるのだろうか。彼らがそれでも信じるというなら、それでいいじゃないか。

あの"踏み絵"という行為は教科書で読む限りにはやっぱりどうしても理解できずにいた。踏み絵が彼らの信仰心にとってどれほどの屈辱なのか…?というところがなんとも理解しがたかったけれど、映画を見ていて思ったのは、実は意外と信仰心とは別のところに、踏み絵に対する屈辱感があったのでは、と思った。
つまり、誰か自分じゃない人が先に踏んだら自分も踏めるし、踏まなければやっぱり自分も踏めないな、という日本人に本当にありがちな、場の空気的なものがあったんじゃないかな、と。
だからキチジローが1人踏むと、"あっ、踏んだ"と思うし、それで命が助かっている彼を醜くずるく思うのは、そういう世渡り上手的なところを信仰として蔑むというよりは、あれほど限界になったら、単純な生き物としてうまくやり逃げる人間を羨ましく妬ましく思うと思う、わたしならね。
かず

かずの感想・評価

3.5
海外ではどう評価され、どういう意見があるのでしょうね
aripod

aripodの感想・評価

3.9
つらいな
信じることは苦手なんだな。つい最近も信じることに負けたばかりじゃ。

入りが最高。
また書く。
Yukari

Yukariの感想・評価

4.0
とても静かで苦しい映画だった。
私にはどうしてそこまで信じることが出来るのか理解できなくて…信仰って絶対的な存在に驚いたというか。モキチの最期があまりにも悲しくて落ち込んだ…あれで4日間?気が狂う。
俳優陣がもう素晴らしくて。特にイッセー尾形さん。静かな狂気感がぞわっとして画面に出てくる度にこっちまで緊張した。
エンドロールまで静かだったのが印象的。
信仰しているものがないからこそ観るべきものだったように感じる。
この話のために泣いてはいけない、
この物語が軽んじられる気がした。
>|