沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
 昨年度の2017年、3本目の新作鑑賞映画でした

 遠藤周作の沈黙を映画化するという話に関して言えば、かなり前からニュースになっていたような記憶があります。その都度、制作開始と制作中止のニュースの繰り返しでしたが、やっと完成したのか、という思いでした。

 ところで、皆さんには、最初に映画にはまり始めるときって、ちょっと変わった監督を好きになっちゃう、という経験ないでしょうか?僕は最初はそんな感じで、その中でもスコセッシ監督って、かなり初期の頃に好きになった監督の一人なのです。好きな映画監督はたくさんおりますが、スコセッシはそのなかでもちょっと特別な監督の一人なんです。

 これでもかとばかりにロックミュージックをダダ流し、ゲスでヴァイオレンスでピカレスクな背徳の道を躊躇なく全力疾走する男たちを、早口のモノローグやカット割りで超ハイテンポに描き出すスコセッシに、映画にはまり始めた中学生の僕は惚れ惚れしたのでした。

 そんな、いまだに若々しいエネルギッシュさを『ウルフ・オブ~』で魅せたスコセッシですが、その彼の十八番ともいえる演出技は本作では徹底的に封印されています。『沈黙』というタイトルが示すとおり、本作には劇伴がまったく使われていません。スコセッシももう75歳。しかし、彼やスピルバーグ、イーストウッド、リドリースコットetc・・ハリウッドのすっかりオジイチャン世代となった巨匠監督たちですが、皆一向に挑戦をやめませんよね。この年にして、今まで手を付けてこなかったような新しい演出スタイルを開拓し続けるそのバイタリティに、巨匠たる所以、飽くなきチャレンジ精神を感じます。

 本作も御多分にもれず、流石巨匠監督の作品で、160分の長尺を、BGMもアクションシーンもなく、殆どは地味で静謐な会話劇中心であるにも拘らず、特にダレることもなく描き切る実力は流石です。

 さらに、「ハリウッド映画の中」では比較的低予算ではあっても、邦画と比べれば数倍の予算がかかっているわけですから、美術、撮影面といった画面の美しさは従来の邦画時代劇や大河ドラマをはるかに凌駕するクオリティーです。ハリウッド映画で日本、それも、江戸初期の日本を描くにあたって、これほど違和感のない画面を生み出すのだから凄いです。演出にしろ、画面の設計にしろ、75歳にしてスコセッシの新たな挑戦になった一本でしょう。

 しかし、そんな表面的な部類の演出としてはともかく、実はこの映画も、スコセッシの作品の確たる作家性からは何一つブレてはいない作品なのではと思います。

 思えばスコセッシ映画をひと言で表すならば、僕は、彼は一貫して「罪」を描き続けてきた作家であるように思います。スコセッシ映画の多くを占める上に、彼の監督としての力量や素質が最大限に発揮される、ピカレスクロマン的な作品の主人公は、揃って悪党ばかりです。(ワルが主役のジャンルですしね。)

 しかし、彼の映画では、そんな、「罪」を犯し続け、その中に生き続ける人間たちが途轍もなく格好いいというか、輝いているのです。それこそ彼の映画では、ゲスを極めたような連中の方が、心優しく、清らかな人々より、はるかに好感が持ててしまうくらいに。

 さて、本作はスコセッシお得意のワル達(金と女と暴力大好きな終始薬でラリってるマフィアや金持ち、社会に対して自棄になり、挙句大統領を撃っちゃうようなタクシードライバー、全盛期の栄光を失い、ひたすら堕落の道を歩み続けるボクサーetc)の物語というわけではありませんね。その真逆にいるかのような主人公の物語です。

 ロドリゴは、強い信仰を持つ若き神父です。いつものスコセッシ映画の主人公とは対極にいるかのような、生真面目な人物です。そんなつよい信仰を持つロドリゴは棄教を迫る井上に断固としてそれを固辞し続けます。しかし、彼のその、固い信仰=信念のために、彼以外、何の罪もない人間たちが、拷問で傷ついていくばかりか、あまつさえ命まで落としてしまいます。彼が棄教すれば、救えたはずの命が、次々と失われていきます。

 一方、そんな彼に、金魚のフンのごとくついて回る、人間という生き物の弱さを象徴するかのような、みすぼらしく卑しく、情けない姿をさらして生きるキチジロー。踏み絵を拒んだ家族が皆処刑される中、一人マリア様の絵を踏みつけ生き延びたのだと前半部分で明かす彼は、弱さばかりを、人の意地汚さ、狡さばかりを晒す、もう一人の主人公ともいえる存在です。

 ロドリゴと、キチジロー。共に、自らの犯した行為を悔やみ続けるであろう二人。そんなロドリゴが、終盤で下す決断。そして、原作から、あるわずかなアレンジを加えたラスト。

 彼らははたして罪人でしょうか。悪人でしょうか。

 この映画を見ていると、まるでそんな二人をどこか暖かく見守り、後悔と、罪の意識から救い出そうとするスコセッシの姿が、僕はそこかしこにあるような、そんな気がするのです。

 ロドリゴもキチジローも、生き続けます。たとえどんなに意地汚くとも、ずるくとも、生き続けるのです。

 そこにこそ、ほかの誰でもないスコセッシが、この原作を映画化した意義が、スコセッシ映画にも通ずる、彼の信念なのではないかと思うのです。

 それは、人間という生き物は、花が固いコンクリートの壁を破り咲くかのごとく、たとえどれほど罪を背負い、犯し、道徳や神の教えを破ろうとも、生きることをやめない生き物だということ、そして、それこそ人という生き物の強さなのだということです。

 世の中には正しくない人間もたくさんいる。人の道を外れた人だってたくさんいる。しかし、

 どんなに悪い人間であっても、

 どんな罪を犯した人間であろうとも、

 生きていたって構わないじゃないか。

 生きるということは肯定していいじゃないか。

 思い返すと、スコセッシの映画の主人公って、死ぬキャラクターってあまりいませんよね。

 たいていどの主人公も、犯罪がバレて捕まったり、築き上げてきた財産も名誉も失って破滅したりと、いずれにせよロクな目に合いませんし、再起の見えない煉獄のような末路を迎える者たちばかりです。けれども死んで終わりになることはあまりないんですよ。何だかんだたいてい生き残る。

 そこに僕は、スコセッシの作家性を感じるのです。

 たとえどんな人間であっても、どんな罪を犯そうとも、

 彼らが生きているという行為を否定しなくてもいいんじゃないか、

 贖罪のために死ななくてもいいんじゃないか、

 そんな監督の信念があるんじゃないかと思うのです。

 それは、「生きろ」と命令口調で告げるような、説教くさい教えとは対極の、「生きていたっていいんだよ。」という、慈愛に満ちた、肩にそっと寄り添うかのような優しき信念です。

 神父という職業とは真逆にあるかのような、悪にまみれたような人間たちをカリスマ的に描く彼の中には、実はそれこそ罪を赦すという行為に他ならないことを、映画作りを通して、意識的にか無意識的にか行い続けてきたのではないでしょうか。

 この映画で、僕は今までスコセッシ作品で考えたことのなかった、そんなことを考えたのでした。




 
松聖

松聖の感想・評価

3.5
衝撃的…
話的には盛り上がりもそこまでなく淡々と進んで行くけど ずっしりくる内容…
色々考えさせられた作品
個人的にたまにグロくてきつかった
アダムドライバー目当てで見なければ一生手に取ることはなかったであろう作品

死を通じて信仰心が増すという現実が信じられない
昔軽く歴史で習った内容だけど、実際にこんな世界が広がっていたなんてただただ驚愕

愛と信仰は別物なのか、、、もう考えるの疲れた

BGMがこんなに使われない映画は初めて
おかゆ

おかゆの感想・評価

3.9
信じていれば救われる、という宗教の教えに真っ向から立ち向かう作品。ですが、決して宗教の批判をしているわけではなく、観ている人たちに「あなたはどうおもいますか?」と問いかけてくる、非常に考えさせてくれる作品でした。
実際に彼らが弾圧されていた時代があるなんて…。凌辱され殺されていくすがたは胸が痛くなりました。
俳優陣もすばらしく、特にアンドリュー・ガーフィルド、窪塚洋介の迫真ぶりには感動。
mirest

mirestの感想・評価

3.7
学校の授業でかなり深いところまで踏み込んだ。

日本人は、宗教とかはっきり持ってる人多くないから、芯になるものがなくてブレブレになる。
平和ボケしてもいられなくなってきてるし、宗教もたないなりに自分の芯を見つけないと。


遠藤周作深いですよ。。
暇クニ

暇クニの感想・評価

5.0
めっちゃおもろかった。
自分もキリスト教やからか、めっちゃ入り込めた。堅そうな雰囲気やけど、内容もそんなに難しくない。

日本のキリスト教差別の話ではあるけど、差別が重要な話ではないと思う。生きるための宗教、信仰やのにそれによって死んでいく人たち。

これは差別されたから起こることではなくて、宗教戦争とかも同じような気がする。何のための宗教かを考えて信仰しないといけない。
死んだ後のことより今を生きることの方がはるかに大切。
地元が隠れキリシタンの歴史がある場所なので、とても心にささる映画だった。窪塚洋介が思ってた以上によかった。改めて、宗教の自由も認められてる日本って平和だなと感じる。
Il

Ilの感想・評価

4.8
鑑賞済み
>|