沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
もえか

もえかの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

部屋に聖書と経典が並んで置いてあるような、キリスト教と仏教をどちらも同じくらいそれなりに勉強している者ですが感覚としては幕府の人に近い感じかなあ…
平和を望んでるならなんであんなに揉めちゃうの…
キリスト教はより排他的気質が強いので平和を望んでいるとは言い難い宗教だと改めて感じました。
あと、キリスト教が根付かない原因として「この国では人間より上はいないと考えている」って言葉、神道の考え方的にはなんか違和感。人間の上には八百万の神がいるし自然がある。

虫の音がきちんと日本の夏の虫で、よく調べてるなあと感心。
最初の方に出てくる中国の描写ともきちんと描きわけてあるし、日本のことよくわかってらっしゃる!
ym

ymの感想・評価

4.2
重いテーマ、長い、音楽なし、でも引き込まれる。クリスチャンの誇り、江戸奉行のしたたかさ。当時の日本には、国を導く立場の人に、それぞれちゃんとした信念があったのでしょう。
リョウ

リョウの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

普段考えないことについて考えさせられました。本当に他者のためになるとは?本当の信仰とは何か?

こういうのが映画だよな、と思います。ラストシーンが好きです。主人公は行為ではなく、存在を通して信仰を続けた。誰のためでもなく、自分のために。
ミモザ

ミモザの感想・評価

3.6
時代1つ違えば信じるもの1つで人はここまで憎しみ、傷つけ合うことができるのか。
アンドリュー・ガーフィールドの演技が素晴らしく観てる側もすごく辛かった。
あと、BGMを使わなかったのも良かった。エンドロールに関しては流石だな、と

原作を知らないので読んでみようかな。
りなこ

りなこの感想・評価

4.1
今週末はたくさん映画を見れていてうれしい!疲れるけど!
そしてレビューが追いつかない!くぅ_(:3 」∠)_

まず、窪塚が出てるぐらいの前情報で見たので、アダム・ドライバーが出てきてビックリしました!
アダムかっこいい!あのこもった声が好き!←

えっと……テーマは、信仰です。

ロドリゴとガルペがキリスト教が禁じられている長崎にやってきて、コッソリ布教。
信者たちがむごい方法で殺されていく中で、ロドリゴが「なぜ自分はキリスト教を広めているのか?」「信者が虐げられているのに、自分は何もしなくていいのか?」と葛藤する。

さらには「自分は常に神のことを考え、祈っているのに、なぜ神は沈黙しているのか?」と考えるようになる。

無宗教の日本人代表の私。
「宗教になんでそこまで命かけるの?」という疑問が沸き続けるのですが、その疑問を超越して、信仰と棄教でゆらぐロドリゴの気持ちがガツガツ伝わってきます。

ロドリゴを棄教に惑わせるのが、窪塚演じるキチジローの存在。
このキチジローのキャラが最高です!
家族みんなが踏み絵を拒絶する中で、自分はあっさり踏む。
ロドリゴのこともさらっと裏切る。
でも心はキリスト教の信者なんだ、と告解し続けます。

信仰によって命も捨てるのか。
命を捨てることが信仰なのか。
形式を重んじることが信仰なのか。
十字架を持ったり、イエスの絵を踏まないことが信仰なのか。

ロドリゴの究極の決断。
そして炎に包まれるラストシーン。
心の中のすさまじい葛藤と、それを静かに受け入れたことと、その両方を感じました。

映像がまた面白くて、ロドリゴが牢屋の中から外の様子を眺めるカットは、彼の無力さをより感じさせてくれました。
また、シリアスなストーリーですがコミカルな部分もあり、キチジローがふんどし一丁でピューっと逃げていくシーンが忘れられない…

フェレイラの情けない姿も、イッセー尾形のクレイジーなお殿様もおもしろい。
BGMが文字通り“沈黙”するシーンも、その場面がとても際立つ。

ちょっとうまくまとめられないけれど、とにかく映画上のキャラクターと、俳優としてのキャスト陣と、製作陣の、すべての気迫を感じた作品でした。
gomuppana

gomuppanaの感想・評価

4.5
ほぼ原作通りじゃないか。原作読んで、この内容を映画にできるのか?伝わるのか?映像もつ?とか色々思ったけど普通に観れた。
アンドリューガーフィールドじゃなかったらきつそう。てゆか本当すごいなぁ。。そこまで派手なわかりやすい起承転結っつーかなんかそうゆうのないのに伝えるの本当すごい。
でも最初の日本に渡るシーン。山とか海が背景で舟のってるワンシーンのところだけCGの手抜きが過ぎるぜ、と思った。

虫の音とか波の音とかもすごい良かった。
まさに雄弁な静寂。
暗い、重い、難しいけど観るべき映画。
いい映画だった!
色々考えさせられたが…答えはないね。
>|