沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
aaakirast

aaakirastの感想・評価

5.0
タイトル同様、BGMは一貫して無い。余計な音楽による演出がない分、波打ち音などの自然音や人間の声が強調されて、物語は淡々と進んでいく。そのことで観ている側にも話がしっかり蓄積されていく。宗教というもの、信じるということに関して、何が正しいのか考えさせられる作品。
まつ

まつの感想・評価

3.8
私はこの神父さん達の選択は仕方がないし、大変辛い思いをされたんだろうと思いました。この時代のキリスト教信者の人達の大変なご苦労がお気の毒でした。信者じゃなくても色々考えさせられる映画でした。
えいこ

えいこの感想・評価

4.6
原作も重いテーマを突きつけるが、映画も同様。重苦しく悲しいながら、3時間見られるのはマーチン・スコセッシ監督ゆえでしょうか。外国人ながら原作をよくここまで理解して描いたと感服。

窪塚洋介のキチジローが何ともいえない。目を逸らしたい自分の嫌なところを見せつけられるが、見捨てられない。
自身の抱える矛盾や悩みを今までもこれからもずっと抱えていく。それが生きていくということなのかも。
原作のイメージからすると、キチジロー役の窪塚洋介がかっこよすぎて、キチジローのダメさ加減、人間らしさが出しきれてない感

このレビューはネタバレを含みます

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

この作品の冒頭、スクリーンが闇に覆われ、虫の音と蝉時雨が鳴り響く中、一瞬静寂に包まれ、漆黒から"Silence"というタイトルが浮かび上がります。

そこで僕は気付かされます。それまでの、自然と耳に馴染んでいた、虫の音たちのうるささを…

ーーーーーーーーーーーー

17世紀、江戸時代初期。幕府による厳しいキリシタン弾圧が長崎で行われていました。

ロドリゴとガルペは、自分の師匠のフェレイラが日本で捉えられたことはもちろん、その後、自分の命欲しさに、信仰を棄てて日本人になったという噂に、納得いかないどころか信じることもできません。

とにかく二人はフェレイラに会うために日本へ向かいます。日本へ向かう途中、キチジローという日本人と会い案内役を依頼します。

そして、日本に辿り着いた二人が見たもの。それは想像を絶する凄まじい光景でした…

ーーーーーーーーーーーー

この国で、キリシタンの弾圧があったことは、歴史の授業で学んだので、当然知っています。そのとき弾圧によって、多くの方の命が奪われたことも知っています。しかし、宣教師の使命や棄教の苦しみなんて考えたこともありませんでした。

この作品の前半は、日本という奇妙な国で起こったキリシタン弾圧の実態をあたかも「同じ人間がすることか」と言わんばかりに伝えてきます。同じ日本人として、胸が苦しくなる黒い歴史です。

その弾圧の中で、隠れキリシタンたちの死をも恐れない信仰心は、人としての気高さを感じてしまいます。その信仰心こそ心の救いの根源。棄教を持って主を裏切ることなんて、キリスト教徒の彼らの考えの中ではありえないことです。

それを易々とやってのけるキチジロー。彼は何度も踏み絵で主を踏み躙り、その都度ロドリゴのもとへ告悔しにきます。それは何故と聞かれても、それは生きるために、赦されるために…

生きるために主を裏切り、生き残るたびに主を求める。ロドリゴはそんな都度よく信仰しているキチジローに内心苛立ちます。しかしそれは、司祭として恥ずべき行為。そういう自分の心の弱さを感じるロドリゴの前に、主は沈黙を続けてばかりいます。

この作品の中で、終始蝉の声や虫の音が聞こえています。日本の情緒を表した演出でもあると思いますが、僕はこの虫の音たちをロドリゴの信仰に対する、心のざわめきの現れだと感じていました。

ロドリゴは日本に来て「主は沈黙を続けたまま」だと言い続けますが、僕はロドリゴの心の雑音がうるさ過ぎて、主の福音を感じ取れなかったのではないかと思います。

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

芭蕉の句です。
"閑さ"と"蝉の声"、"岩"に"しみ入る"。この句には矛盾が多すぎます。蝉の声がどうして閑かなのか、どうやったら蝉の声が岩にしみ入るのか、昔からずっと考えていました。

僕は冒頭のタイトルからこの句が頭から離れず、蝉の声や虫の音をずっと注意深く聞いていました。それは必ずという分けではありませんが、ロドリゴの心の揺れ動きで、虫の音の響き方も違うようでした。

先程の芭蕉の句をロドリゴに当てはめるとすれば、"閑かさ"とは、聴覚で感じる静かではなく、心で感じる穏やかさとし、"岩"を固体と捉えせず、岩のような硬い"心"と捉えれば、

「精神を研ぎ澄まし、心さえ閑かに保っていれば、うるさい蝉の声ですら、どんなに硬い心の奥にでも染み込んで、閑かに浄化されていく…」

という心中だったと考察できるのではないでしょうか…

ロドリゴが踏み絵を踏む時、一瞬虫の音が止み、一瞬だけ静寂が訪れます。それは究極な精神の研ぎ澄ましです。

僕はこのとき、ロドリゴは聴いたのだと思います。神様からの福音を…

きっと、彼があれ程聴きたがっていた福音は、天から優しく鳴り響く鐘の音の合図のようなものでなく、心を究極にまで鎮めたときに感じた、あの無に等しい沈黙 "Silence" だったと思うのです。

日本の隠れキリシタンたちは司祭が身につけているものをいただき、それを肌身離さず隠し持つことで信仰心の糧としました。それはとても美しい信仰の表れです。しかし、それは形に捉われているだけのこと。本当の信仰とは、形に捉われるものではなく、主と心の結び付きが確かかどうかの問題だと思います。それは形でなく、本人の心の中でしか分からない究極の真理です。

「信仰は、自分の心の中に染み込ませさえすれば、周りがうるさく騒ごうとも、自分の中の信仰は決して消えて無くならない」

彼の最後の穏やかさは、そんな心の穏やかさだったのではないでしょうか。虫の音の雑音からも離れ、心の安らぐまま、主のもとへ旅立たれたのだと思います。
上旬

上旬の感想・評価

2.4
正直イマイチのれなかった。原作も読んだことあったし忠実な映画化なことは分かったけど誰にも感情移入できなかった。重厚だし役者もみんないいんだけどね…
daitom

daitomの感想・評価

5.0
これも観ておくべき。
>|