沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ちかミ

ちかミの感想・評価

5.0
このご時世に愛と信仰について考えさせる作品。素晴らしいです。
音、映像、役者どれも良いので3時間弱を飽きること無く観れました。
イッセー尾形がとっても良かった! 

自分の頭の中の枠のみでしか教えを聞けない卑怯で愚かな農民達。宗教にすがらないと堪え難い現実があるのだろうが、現世利欲のためだけの信仰とは。

何度も裏切り何度も赦しを乞うキチジロー。しかし彼が唯一己の信仰と正面から向き合っている。

拷問され人が殺されるとも宗教を放棄できない恐ろしさ。あれだけ追いつめられやっと自身が信仰と向き合い葛藤する神父。

その愚かさとかたくなさ、浅はかさ、日本の神に対する概念、そのすべてを客観的に見ている幕府の井上と通訳。

超現実主義な私に宗教は今のところ無用ですが、信じることはとても気持ちがイイことなので、何かに盲信してしまわないように勉強しよー☆と思いました☆
カオ

カオの感想・評価

-

なんか最近の作品でよく見る、知り合いが知らないうちにヒト殺してました的な、
絶対的な存在が罪を犯してて、でもそれを指摘することができなくて、どんどんどん追い込まれていって最後にやっと警察に突き出したはしたけど…みたいな

信じるって怖いなあ
なんか底なし沼に浸かるというか
薬物依存というか
悪い男に引っかかるとか

なかなか離してくれないし、話そうとしないようにしてくるくせに知らんぷりみたいな
ゴン

ゴンの感想・評価

4.0
大学の授業の題材になってしまい、甚だしくネタバレしている状態で鑑賞。丸腰でみてたらよく分からなかったかもなので、結果としては良かった。
結局これは、宗教の価値がどこに置かれるのかが問題なのだな。ロドリゴが多くのキリシタンの心を救い、「自分が有用であると感じた」と手紙に綴るわけだけど、どんなに信仰に則って生きてきた人でも自分の行為が有用なのか無用なのかは結構大事なんやな、ってその時点で感じる。
で、もしかしたらこれがガルペの一人称視点だったらまた違ったかもしれない。ガルペは信仰に対してわりと頑なで一直線。ロドリゴの葛藤とはまた違ったものがあった気がする。
今の宗教観でも、日本に根付いてる宗教はかなり日本のニーズにフレキシブルに対応してる事実があるわけで。何百年も前に定着した仏教とかは宗教者の葛藤も少なそうだけど、比較的最近入ってきたキリスト教諸派とかは牧師や司祭も複雑そう。でも、社会の中で受け入れられるために、有用性を生み出すためには形を変えることは必要なんだろな。
なんとなく、宗教は自分の中の真理として持つぶんには良いけど、人間世界に通底する真理として構えると否応無く歪みが生じるよねっていう当たり前体操な感想で締めくくりたい。全然映画の感想になっていない。
ひろ氏

ひろ氏の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

‪▼概要‬
‪17世紀の日本。‬江戸時代初期、雲仙。

かつての師であるポルトガル人宣教師を探して、その弟子らが日本で受ける棄教への弾圧と葛藤を描いた作品。‬

‪▼物語構造‬
‪悲劇、独白

‪▼感想‬
‪・技術‬
台詞の隙間に挿入される主人公の独白によって、シーンの凄惨さがより引き立つ仕組み。

‪・引用‬
クリストヴァン・フェレイラの半生

‪・感想‬
『遠藤周作 / 沈黙』を原作とした、巨匠マーティン・スコセッシが30年越しで完成させた映画。

信仰を捨てるか否かだなんて、現代日本社会にはほとんど縁のない話だろう。
しかし、本作は遠藤周作によって記された史実を基にした物語である。本来的には、我々のすぐ傍らに内包していた(内包していなければならない)問題を描いているのだから、他人事だと思って軽んじながら鑑賞してはいけない。

仏は人が到達できる存在であり、煩悩を捨て悟りを開くことで到達できる境地だ。
世の真理として布教されていたキリスト教と比べてしまえば、そもそものレイヤーが異なるのだから、決して相容れられないのは必至だ。

はたして、人の強さとは。

悪は存在し、本来的には悪には悪の美や美しさがあるもの。
ところが、少なくとも私の27年の人生においては、本作のキチジローを上回る悪ばかりが目に付く。
告解とは何か? そもそも告解するべき事柄とは? といったように罪の定義からして判別がつかないような輩ばかりだ。

赦しの奇蹟? 愛と貞節?
そんなものが、現代日本において何の意味を為すのか。

むしろ生き抜く上で邪魔になっているのではなかろうか。人間は生まれながらに抑圧されて産まれ落ちる生き物だが、ここまで醜い悪が蔓延るのであれば、もはや志を捨て獣の如く対抗するしかないのではなかろうか。背教者として反抗し続けるには、あまりにも厳しい世の中だ。

昨今ではテロリズムの報道で最もよく耳にする言葉になった『殉教』は、奇しくも唯一、現代においても志を諦めず葛藤している言葉として残ってしまったのかもしれない。最も辛いはずの、自らの命を捧げる愛の行為として。

本作の主人公は、アンドリュー・ガーフィールドで正解だ。
アダム・ドライバーの方が、顔つきにはイエス・キリストっぽさがあり、とても主人公顔だ。しかし、『沈黙』と題する本作には、その印象は強烈過ぎるだろう。
むろ

むろの感想・評価

3.8
日本人、英語ペラペラすぎてくさ
simesaba

simesabaの感想・評価

3.4
最後まで信仰心を持ち続けたロドリゴとフェライリ神父の対比のようにも捉えられたがフェライリも同じく信仰を持ち続けたのではないかと感じた。
また人間のおろかさの忠実な描写もまたこの映画をより現実的にしたのではないかと思う。
きちじろうが一体この映画でどのような効果をもっているのかが自分には理解できなかった。
自分にはこのロドリゴのような強い心を持つことはできない。特定の宗教を持たない日本人である自分にとって信仰、人の魂というものは、そこまでして守るべきものなのかという疑問が残ったがそれも文化あの違いだと感じた。
日本人がなぜ処刑されたかこれは神を信仰しているのではなく、彼らや仲間を救うためというのはとても納得いくものであった。その証拠に最後の穴吊りのシーンでは皆もう転ぶとすぐ言っていたからである。
しかし、
冒頭から最後までほぼ音楽も使われることなく物語が続いていくけれどやられた。やられた、、。冒頭から引き込まれた。フレーミングがどれも素晴らしい。特に後半は日本の空気を美しくとりあげている。

日本人の宗教感も分かるし、日本人が見たほうがいい映画。
実はよく考えてみると、日本人は嘘みたいに真面目な人種なのだと思う。
田舎の山奥に身を潜め、見た目には決して分からないような隠れキリシタンたちを捕まえ、絵踏を強要し、あの手この手の拷問や見せしめで一網打尽にしようとするその執念は、真面目に弾圧政策を全うしようとする役人にしかできないと思う。火あぶり、満ち潮への磔、逆さ吊り……とにかく残虐な手段で見せつけて、仲間を売るキリシタンを誘い込む。
浅野忠信演じる通訳も言っていたが、こんなことをしても役人たちは決して楽しくない。何度見ても人を苦しめて殺すのは嫌な気分になることだし、早く弾圧担当から解放されたいはずなのです。
ストレスフルなお役目じゃないですか。

生まれた時から信仰と共に育ってきた宣教師たちが次々と棄教をするほど、信者の心を追い詰める弾圧の凄まじさ。
特定の宗教を信仰しない立場からこの映画を見ると、そうまでしてキリスト教を日本人が必要としなかった言い分も何となく理解できるのですが、
時の為政者たちは、日本人が言われた政策にバカ真面目に向き合う人種だということを、おそらく知っていてその命を下したのだからこそ、悪法に違いないと思いました。
最後どうなったか覚えてないです
辛い