沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

koyo

koyoの感想・評価

3.7
マーティン・スコセッシ監督による、日本でのキリスト教弾圧を描いた作品。

映画として、凄く面白かったです!
宗教弾圧というテーマで、3時間弱という長さで敬遠したくなる感じですが、そんなことを感じさせない面白さがありました。

そんな、凄い良かった映画なのですが!
今回は映画の内容というより、時代背景やこの映画を見て宗教について考えたことを書きたいと思います。(内容じゃないんかいっ!って人は、スルーでお願いします。長文なので…)

この時代の、長崎になぜここまでキリスト教が広まったかというと、長崎は貿易の拠点だったので、異国の文化が入ってきやすく、色々な国の文化にふれやすかったんですね。
特に、貿易をしてる国の大半はキリスト教だったのもあって、長崎には非常にキリスト教を信仰する人が増えました。(最初に、キリスト教を日本に広めたのは、フランシスコ・ザビエルと言われてます)

また、藩の重税や飢饉に重労働等、不遇な立場にあった長崎の人たちは、キリスト教の教えであった身分には上下がないなど、その当時の国民の心をキュンキュンさせる教えが沢山ありました。日本国では、厳格に決められた身分制度があったので、その不平・不満を海外の神さまに救いとして求めたのでしょう。

そこに、切支丹への迫害まで始まったところで、天草四郎というカリスマが現れるんです。
浪人や百姓は、天草四郎というカリスマを総大将に一揆を起こすことを決意するんですね。これが、世に言う島原の乱です。

なので、島原の乱はキリスト教弾圧(ここに対する不満もありますが)に反対する為の戦争ではなく、領主への不満を募らせた民の一揆なんです。

なので、島原の乱で戦死した人は、イエズス会では殉教者という扱いにはなってないんですね。

そして、島原の乱が終わり、日本が鎖国を始めた後が、この映画の時代になってきます。

なので、長崎でのキリスト教の教えというものは、ただの信仰以上の精神的な救いのようなものがあり、神にすがるような気持ちや過度な信仰心が根付いたのでしょう。

しかし、全員がそうかと思えば、キチジローのような人もいたと思います。敬虔な切支丹とは言えませんが、しかし、1番人間らしく、どこか憎みきれない。
なんども、棄教したにも関わらず、キリスト教を捨てきれずに形あるものに縋っていたり、我が身可愛さに、宣教師を売ってしまったり。

宗教を信仰する人の精神的な状態を説明する時に、こうゆう例えが使われるそうです。

寒い真っ暗闇な部屋の中に、ずっと閉じ込められているところに、ポッと火が焚かれたら人は集まります。そこは、明るくて、体も温めてくれます。そこの部屋の人たちは、そこの火に集まり信仰し、独占しようとします。
しかし、独占しようと、その火に近づくと、体は焼けていき、死んでいきます。

少し離れて見ているいる分には、体も温まり明るくていいけど、近づきすぎると身を滅ぼす。

自分は、特定の宗教を信仰したりしていません。しかし、宗教に入る入り口は、こんな感じなのかなと思います。

宗教に限らず人は、自分が良いと思ってることは、人に勧めたくなります。しかし、その数が多くなれば、それは暴力にもなりうる。
そして、宗教観を自分達の都合の良いように捻じ曲げて、マイノリティな人達を異端等の理由をつけて迫害し始める。

ナチスドイツの戦争裁判で、
「人は肌の色や、信仰する神の違い、鼻の高さで他人に悪意を抱いたものは、理性を喪失して狂気への道へ行く」とアイヒマンの判決後に裁判官が言われた言葉です。

これは、今でも続く人種差別や宗教による戦争、テロ、難民。全てに通づることだと思います。

神は沈黙してるから、神なのです。人を、直接的に助けることは出来ません。
自分達でどうにかするしかないのです。

映画の内容とは、関係無いし、特にオチのない長文ですみませんでしたm(_ _)m
marin

marinの感想・評価

3.0
別に日本人は日本語でよかったんじゃないかしら。あんなにみんな下っ端の役人さんまで英語喋れたの?
重い…

これ、監督スコセッシなの?
キチジロー大事。キチジローで映画を観る感情左右してる。

けど胸に刺さらんかった。
Diamante

Diamanteの感想・評価

3.5
捨てた後に来る救い、妻との関係やラストで表していたものは全体ではなくて個別崇拝。
それが正解のように思えるし個人の突出が混沌を生んでいるのもあり、ユダの意味や沈黙への答え等、解釈が難しいが、ラストの数分間はスコセッシ節が見えました。
原作と日本版も観たくなりました。
恭介

恭介の感想・評価

4.2
観始めて30分ほどで自分は

あ、この作品は「映画」として観よう
と思った。

現実にあった歴史の出来事をベースにした
小説の映画化、ではなくあくまでも
ゼロから創造されたフィクションとして観ようと。

でないと、なぜキリシタンがあそこまで弾圧されるようになったのか?
そして今現在、なぜ、世界は宗教の違いによって争いを起こし、多数の死傷者をだしているのか?神の使いと言われる人達が、私利私欲の為に無垢な魂をいたぶる行為をしているのか?(映画スポットライト参照)
等、考えだしたら・・・そんな経緯や背景、現状を抜きにすると、ただのキリスト教の啓蒙映画にしか見えない。

フィクションとして観た結果、約2時間40分、食い入るように観ていた。宗教とは?信仰とは?神とは?
人は何故、目に見えないもの、触れられないもの、対話のできないものに対して崇め、敬い、そして恐れを抱くのか?

アンドリュー演じる司祭の信仰心が、周りの真の信仰心を持っている人々が次々と殺されていく事で徐々に揺らぎ、苦悩する姿にこちらの胸も締め付けられる。

そして司祭と同じように
なぜ、あなたは沈黙したままなのか?
と、画面に向かって問いかけてしまう。

しかし、唐突に神は沈黙を破る。
その声は神なのか?それとも司祭の心の声
なのか?

そしてレビューを書いていて思った。やたら、はてなマークが多い(笑)
これがこの映画を観た自分の正直な気持ちなのかもしれない。
キリシタン迫害の蛮行は許されるもんじゃない。しかし、自分達の宗教観以外の考え方は認めないという姿勢もどうなんだ?

あぁぁ分からない(笑)

とにかく!長い上映時間にも関わらず、役者さん達の熱演のお陰で全く飽きずに鑑賞出来た。
そう言えばアンドリュー、ハクソーリッジでも宗教的な信念を貫き通す人物を熱演してたなぁ。

皮肉でもなんでもなく、見応えのあるいい映画だった。
haruka

harukaの感想・評価

1.0
長すぎ
もうめ

もうめの感想・評価

3.5
拷問に苦しむ切支丹を見てもなぜキリストは沈黙したままなの?というテーマ。
日本で撮ると高いからって台湾で撮影したらしいけど、当時の日本が良い感じに再現されてて凄かった。
切支丹が弾圧されたのは日本人を奴隷として輸出する事に宣教師が絡んでたり、日本の大切な神社仏閣を破壊してしまったからなんだけど。そこを描いてないのは原作に忠実なのかな?まぁ、単純な美談ではないっつー事。
もちろん、南蛮の武器や文化などいい事もたくさん齎したけど。
キリ教に限らず、自分が信じる宗教を大切にするなら異教徒を否定するなんて事しちゃいけないね。バチが当たるよぉ
KevinSmith

KevinSmithの感想・評価

4.4
人は何のために信仰を続けるのか?そもそも信仰とは?救いとは?信念とは?宗教とは?愛とは…?
無宗教であるからこそ考えさせられるものがあった。
T

Tの感想・評価

3.6
原作に忠実