沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

    随分前になりましたが、観に行きました。
    今が信仰の自由が当たり前の世の中だからこそ余計に、こんな事があって良いのかと心に重くのしかかる。
    信仰を広めるため、信仰を求め救いを求める人々のため、信仰を捨てられず処刑された人々、信仰を捨てざるを得なかった人々...色々な意味での十字架というものを考えさせられた作品でした。
    長崎にも行ってみたいです。
    無宗教だから信仰とは、とか言われてもわからないけど、当時の封鎖された日本という社会の中ではなにかにすがって生きるしかなかったんだろうな。それがキリスト教であっただけで。

    神でなくても、なにかを信じるということは人を生かすこともできるし、殺すこともできる。
    遠藤周作が好きなので是非観たかった作品。
    小説と同じくらい重みのある作品で、これを再現できるマーティン・スコセッシ監督はやはり素晴らしい。
    小説読んだ時も思ったけど、タイトルの意味が実に深い。
    深い。学生時代の授業で覚えた知識しかなかったが、改めてあの時代の隠れキリシタン情景を物語として観ることにより、日本の歴史を心に刻め、深く心に染みた作品だった。
    スパイダーマンの印象が強いアンドリューだったが、難しい大役を見事にこなしていたと思う。キチジロー役の窪塚洋介も良かったけど、個人的には浅野忠信の演技も好き。
    想像以上に深い映画だった。
    すぐにでも原作が読みたいと思った。
    途中なんだかわからないけど泣けてきた。信仰なんて生まれてこのかた全く持たずに生きてきたけど、何かを“信じる”とはどういうことか、はっきりとした形じゃなく、ただずっしりと、漠然とした塊のまま伝わってきた気がする。
    本当に言葉にするのは難しいけど、キリスト教も仏教もイスラム教もヒンドゥー教も無宗教でさえ、何かを信じたり信じなかったりするという根底にある感覚は同じだと思う。
    人が何かに手を伸ばす、信じるということの力の大きさ、美しさ、苦しみ、そういう永遠のテーマとも言える哲学について考えさせてくれる映画だった。
    虫の声だけのエンドロールもすごい良いなと思った。
    最後らへん、映画を終わらすことに急ぎ過ぎているように見えた。