沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

傑作。さすがスコセッシ。

情報が豊かなこの時代の考え方で迫害は非道だ、と言うのは簡単だけど、実際あの時代の為政者がキリスト教を禁止していなかったら『キリスト教国日本』になっていた可能性もあるわけで、奉行達の苦労もよくわかる。実際劇中で主人公も言っていたように「あなた達が育んできた文化や思想は間違っている。私達の教えが真理だ」などと平気でのたまうくらい宗教は図々しい。

国のアイデンティティを守るため、また強い権力を持つキリスト教の隷属国にならぬため対策を講じようと、一度染まった者はどうにもならない。理解を示し、対話を重ねようと聞く耳も持たない。それどころか悪魔の囁きと言われる始末。かといって責め苦を与えても効果は薄い。むしろ破滅が近づけば近づくほど信仰心は心に根差す。処刑などしてしまえば聖人として崇められる。自分の国で勝手にやってりゃいいものをわざわざ海を渡って司祭はやってくる。これじゃ国の舵取りをしてる人間はお手上げだわ。

原作もそうだけど、これはある意味、文化と文化の闘争の物語。
宗教がインフルエンザよりも強い感染力とコカインよりも深刻な依存性をもった人心掌握システムだということもよくわかる(制作者の意図とは全く違うだろうけど……)。
生に救いを与えるための道具、のために死ぬって本末転倒だもの。
歴史を学ばなければ
まここ

まここの感想・評価

3.8
ずっしりとリアルな時間の流れに苦しまずにはいられませんでした。
何が正解なのかわからないはずなのにこの時代にはそれが勝手に成立させられている。どうしようもなく生きにくい。

キチジロウがなんだかもう笑えてしまって‥なんなんだお前って‥

人間って残酷な生き物だなって改めて思う。
2017年 78本目
原作未読でしたが、重厚な語り口に引き込まれました。ほんとに洋画?と感じたくらい邦画っぽいです。スコセッシは徹底的にキリシタン弾圧について研究したことが容易に想像出来ます。日本の監督でここまで作り込める人そうそういないんじゃないかと。
ハクソーしかり、ガーフィールドってこんなに演技派だったのかと驚きました。アメスパの頃とはえらい違いです。今後もますますヒューマンドラマ系で重宝されることでしょうね〜。
信仰とは何か。


「神はこんな俺でも許してくれますか?」
キチジローからパードレに投げかけた言葉。

人の心は脆く、弱い。

それ故神は試練を与える。


"何故神はこんな者でも愛せるのか"



一言が突き刺さるというか、
最後まで苦しい映画だった。


私自身、母が長崎の出身でカトリックの家系に生まれ、幼き頃から教会では隣人を愛しなさいと教えられてきたが、知らない人を愛するってなんだ?って思ってたし、そもそも自分がカトリック教徒だっていうことも日常生活では思い出さないほど。

そんな熱心なカトリック教徒ではない私だが、
今日の日本で、全ての人を愛し、赦すという教えが伝わっているのは
必死に神に応えを問いながら、辛く悲しい想いと共に時代を耐え、生き抜いてきた私たちの先祖がいたからということを痛感した。

目に見えない想いのために理不尽に殺されていった多くの人たちがいたということ。
何度も"転び"そうになりながらも心の中の希望を捨てなかった人たちが生きていたからこそ、私は今存在するのだと思うともっともっと教えを学び次の世にも繋げたいと思った。


「一緒にいてくれてありがとう」
パードレからキチジローへの感謝が、
冒頭の問いの応えな気がした。

ちょっと思うことがありすぎて、うまく言葉でまとめられない映画だったなー。
また見たい。
あしべ

あしべの感想・評価

4.0
毎度スコセッシ映画って長尺だったりで、観る前は身構えてしまうのだけど、観始めるとあっという間なんだよなぁ。
今作も例に漏れず無駄なシーンがなく、淀みない語り口は素晴らしいです。
BGMが一切ないのも素敵。

信仰心についての話だけど、主人公の心が揺らいでいく過程がしっかり描かれていて、難しいとはあまり思わなかったです。
あの時代の日本を「沼地」と表現しているのは、すごく的を得ているなと思った。

日本人キャストだと塚本晋也とイッセー尾形の存在感が凄い。
特に塚本晋也演じるモキチの最期は壮絶で、胸を締め付けられます。
pecori

pecoriの感想・評価

3.7
日本人なので”神”の存在や定義には理解し難い。この展開神だわ〜って言うよね。踏み絵に関してはまじでさっさと踏めって思った。160分短かったなー。
Walter

Walterの感想・評価

5.0
ハリウッド作品での日本は違和感がある舞台になっている場合が多いが今作は微塵もそれを感じさせない完成度。宗教と日本を考えさせられる重い話ながら迫真の演技が心に突き刺さる観るべき作品。