沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

浅野忠信やイッセー尾形の絶妙にイヤらしい悪さ。キチジローの裏切りや媚びの人間臭さ。終盤ロドリゴの十字架を品々から探す目。

環境で服従せざるをえない弱さとそれに抗う自我の葛藤が、登場人物全員、それぞれの事情の中で揺れ動くのが超おもろい。飽きない長編映画。あと主人公ディカプリオが良かった。
はにわ

はにわの感想・評価

4.3
熱量。江戸時代の空気感がリアル、濃厚。
おもしろかったけど、観ながら何回か転んだ(寝た)
書けることが少ない……。
原作は未読で、鑑賞前の予想は『暴力大将スコセッシ監修の手際良い責苦で苦しむ隠れ切支丹達、宣教師様の葛藤などを、圧の高い画作りとキレの良い構成・編集で一気に呑み込ませる暗黒歴史大作』みたいな感じかと思ってたのだけれども、実際には派手さのまるで無い、ひたすらに侘しく内省的な話でした。鑑賞中、どうにも内圧の高まりを感じられなくて、要は信仰心の有無の問題なんだろうと思ってしまった。諸々の問題設定が、自分の事に置き換え不能なのです。こちとら沼地生まれなんでね。だって、キリストの事を完全に何も知らない人が観たら『パッション』って狂ったスナッフムービーではないですか…。

約160分の長丁場、メインモチーフに乗り切れないままにも拘らず興味を持続させるスコセッシは流石です。
人間の弱さを具体化したかの様なキチジローに始終付きまとわれるロドリゴ。構図だけ見れば赦しを乞う者と赦しを与える者ですが、純粋に見えるのはどちらでしょう?虚栄にみえるのは。
ロドリゴの眼差しを通してしか物語を窺い知れないのも効果的です。まさに神の視点。
細かい演出や構成もさる事ながら、この受け入れられにくそうな企画を実現してみせたスコセッシの執念こそが、この作品に血を通わせ得たのだと思います。只々感服。
出来ればクリスチャンの方の感想を聞いてみたいところではありますが、思想信条問わず、あらゆる方に観てもらいたいし、話し合いたくなる作品です。
スコセッシ自身の掌には、最期何が握られているのでしょうね。
…気取りすぎですね。すいません。

余談ですが、小松菜奈は海にぶん投げたくなる女優なんでしょうか?今後とも目が離せない!
せい

せいの感想・評価

3.1
長い映画だけど迫害された20年の話。重いテーマでしたけど沈黙って題名がのちにわかる映画でした。
霧とか撮影場所とか独特の雰囲気さすがマーティンスコセッシ監督
余計な音楽もなく自然の音、人の声重みを感じます。
pikari

pikariの感想・評価

4.0
キリシタン。おー、キリシタン…!!
どんな登場人物も、世の中自分の思い通りにはならない、むごい経験をしている。
加瀬亮さんのあのシーンが、わかっていてもハッとするね。

資料作品として、強制で見た作品だけど、2時間40分、すごい集中して見てしまった。
天草四郎の勉強中。。
「宗教によって争いが起こる」と聞いたことがありますが、それを証明したような映画です

あちらにはあちらの言い分が
こちらにはこちらの言い分が
あって、どちらかが折れるまで互いに闘い続けます

平和を祈っているのに、なぜ苦しみしか生まれないのか
考えさせられる作品であり、答えは人それぞれでしょう

ゆえに評価が難しいところではあります
個人的には総合的な演出が良かったと感じたので☆4としました
重いお話。歴史の勉強になりました。
機会があれば原作を読もうかなって感じです。
安易な気持ちで借りてしまってた。 隠れキリシタンを見つけて踏み絵をさせる位に思ってた😧 が、、、この超大作。 色々考えさせられました。

布教活動にこれだけ命懸けで臨んでいて、奉行はそれを理解せず、拒むように拷問・惨殺😱 恐ろしい、その一言(ꐦ°᷄д°᷅)
教科書の事を実際に映像化されると、悲しい出来事がいっぱいある、歴史の勉強もこういう映像を観れば、誰かしら興味を持ちあらゆる所で役に立つことがあるだろう!

余談ですが、
中学生の頃休み時間に、隠れキリシタンごっこなるものをやって遊んでました、隠れんぼみたいに隠れて、鬼が見つけて踏み絵をさせる…。 それを『キャッキャッ』言いながら楽しんでました。当時は何にも考えなかったが、周りにキリスト教の方がおったかもわからんのに(;´д`) この映画を観てからならそんな事は絶対しなかっただろう_| ̄|○ 情けない…。
もう少し映画の時間が短ければなお良かったかな👍