沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    たかしかし
    たかしかしの感想・レビュー
    3日
    4.0
    窪塚洋介を始めとする日本人キャストが素晴らしかった。
    音楽の無い、環境音のみの演出に剥き出しの恐怖みたいなものを感じた。
    piroshi
    piroshiの感想・レビュー
    3日
    2.5
    『宗教』を表現、体現する人間の欲深さが残る作品でした。

    原作を読んでいないのでなんとも言えませんが、日本人から見るキリスト弾圧と海外からの視点は少し違うんじゃないかと思います。

    『真実』の意味・・・ここで宗教談義を始めてもしょうがないので省きますが、キリスト弾圧の始まった理由が明らかになっていないので偏った印象を受けてスコアを低くしました。
    ただし、出演されている俳優さん達は素晴らしい演技をしています!


    ポルトガルで若くて情熱を持つ神父としての『真実』
    長崎の奉行所の長としての『真実』
    棄教させられ異国に住まう事の『真実』

    結局の真実なんてその時々の国・人種・権力の状況で都合よく解釈され、数え切れない程溢れている事を実感します。
    wr
    wrの感想・レビュー
    3日
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    形だけでいいから
    tama
    tamaの感想・レビュー
    3日
    4.0
    表現に妥協しない強さと今作の映画信念は作品信念だと魅せられた。
    doraco
    doracoの感想・レビュー
    3日
    4.1
    017.03.25
    キネカ大森
    A、O

    観終わった瞬間は、ほう~っとため息が出ました。
    トークショーでも話が出たように、あんな話なのに後味が悪くない。だからこそ、いろんな解釈の余地を残せたのではないかと思いました。

    篠田作品にはないというスコセッシ作品のラスト20分が、「沈黙」の意味を際立たせていたと思います。

    フェレイラ神父とロドリゴの「転び方」の違いは、フェレイラは自身が拷問に耐えられなかったことに対して、ロドリゴは拷問に苦しむキリシタンの民のために転ぶ。
    それがあのラストへの布石となります。
    それはスコセッシ監督や観ている人たち、さらに言えば長崎奉行所の面々(きっと一度はキリシタンだった人たち)の希望だったのかもしれません。

    そのラストとロケシーンの凄絶さが素晴らしかった。
    キャストの演技の上手さも併せて、この映画は映画として良かった。敢えておもしろかったと言いたい。

    上映後のトークショーも、とても楽しませてもらいました☆
    TadashiKato
    TadashiKatoの感想・レビュー
    3日
    3.9
    スパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド)も、
    カイロ・レン(アダム・ドライバー)も、
    クワイ=ガン(リーアム・ニーソン)も、
    誰も太刀打ちできない日本のお奉行イノウエ様(イッセー尾形)。
    シスの暗黒卿ダース・シディアスも真っ青の冷酷さ・狡猾さ・ダークサイドの力に誰もが転ぶ。。。
    なんて不謹慎な例えなんだと怒られそうですが、そんな軽口でもたたかないと滅入ってしまいそうな重厚な2時間40分。といってもあっという間の鑑賞時間だった。
    自分が中学生の時に読んで衝撃を受け、何度も読み返した遠藤周作の『沈黙』。それを20年以上かけて映画化してくれたマーティン・スコセッシ監督には感謝です。
    でも、パンフレットに監督、窪塚洋介、浅野忠信のインタビューしか載ってないのはなぜ??アンドリュー・ガーフィールドがどういう思いであの役をやったのか読みたかったのに。。。
    Mobydick
    Mobydickの感想・レビュー
    3日
    5.0
    小説未読ということもあり、消化するのにものすごく時間がかかる映画でした。

    人より強ければ強いほどより大きな苦難がやってくること、それらの苦難に挫けた人がどれだけ自分を惨めに感じるか、それでも見捨てないでいてくれる存在があると信じることで救われようとすること。

    そういったもろもろを、登場人物の葛藤や苦悩や苦痛を圧倒的な映像によって徹底的に共感させられることで、字面で見るだけじゃ信じきれないものを腹落ちさせてくれた気がします。

    本当に追い詰められて、ぎりぎりのところまで行かないとわからないものを擬似とはいえ経験させてくれる。
    逆にその世界に没入できなくなるような要因を一つとして許さずに作り上げられている。
    スコセッシが撮影現場は戦場だというのもわかる気がする。

    これが映画の力か、と思い知る作品でした。
    Flatriver
    Flatriverの感想・レビュー
    3日
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    祈るという行為、十字架やその他の信仰心のある物を持つことが信仰をしているということになるならば、神は「沈黙」し、裏切られることになるだろう。
    しかし、自分の心の中と向き合い、自分の心の中、奥深くの「沈黙」の部分に神が存在し、神は側にいると気づくことができたならば、祈らなくても、また、神を踏みつづけたとしても、神の存在を感じていられるだろう。

    話は逸れるが、この映画は是非エンドロールが終わるまで見て欲しい。
    エンドロール中、もしよければ、目をつぶり、長崎キリシタン弾圧下での昼夜、潜伏中のロドリコやガルペが感じていたであろう「沈黙」を感じてみてください。
    アン
    アンの感想・レビュー
    4日
    4.0
    色々考えさせられた