沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Nashi

Nashiの感想・評価

4.0
見たかったからやっと見れて良かった。

軽々しく感想なんで言えないくらいむごくて、実録に近い映画だった。
当時劇場で観て、決してわくわくもしないしどちらかというと重苦しく辛い映画だけど、観終わってから色々考えさせられた。むしろ観終わってから考えて、調べて、自分の気持ちを振り返るのが正しい見方なのかもしれない。
日本人キャストは素晴らしいし、特にイッセー尾形さんが演じるイノウエ様が不気味ながらも一貫してキリスト教を否定する。しかし、なぜ否定するのか、の考えはグッときた。浅野忠信のセリフで、この国は沼だ、キリスト教も全て飲み込むぞ。というのが印象的。
あとリーアムニーソンの、帰化した考えも個人的にストン、ときて、ああ、日本人なんだな。と思ってしまった。
万人にオススメはできないだろうけど、宗教や歴史に興味がある人は見たほうがいい傑作。
花

花の感想・評価

3.8
う〜ん、重苦しい作品でした。遠藤周作という事で期待して観たんですが、きっと小説の方がいいんだろうなという感じがした。この原作は未読ですが、遠藤周作の本が好きで若い頃はたくさん読みました。心震えるような良い作品が多かったです。遠藤周作はキリスト教信者なので、人間とは、愛とは、を問いかける様な作風で心にズシーンと来るんです。映画ではその辺の感動を感じなかったな。
キチジロー、、、ってかんじ
おりこ

おりこの感想・評価

4.1
いやあーむごいね。あの斬首シーン凄くない?!?!拷問も酷いし、見てて胃がキリキリきそうだった。悲しい。
宗教について色々と考えさせられた。
無慈悲。弱き人々。形のあるものにすがる。彼らはなんの為に信仰し、なにを得たのか。なんの為に死んでいくのか。なにが正しいのかわからない。答えを求める人々の中、神はただただ沈黙。キャスト良き。イノウエは悪いやつ。
Tef

Tefの感想・評価

-
何故そんなに
キリスト教を信仰出来るのか
無神教の自分には
神のみぞ知る
佐藤

佐藤の感想・評価

-
お前は何をYou!!!