沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・レビュー

    ILLminoru
    ILLminoruの感想・レビュー
    3日
    4.0
    遠藤周作の原作小説をマーティン・スコセッシが実写映画化した”信仰とは?”映画 傑作。

    原作未読。

    とにかく役者の熱量ある演技、日本映画オマージュ含め撮影がホント素晴らしいです。
    ひらねぴ
    ひらねぴの感想・レビュー
    3日
    4.8
    ぜひみてほしい
    ポエムスタ
    ポエムスタの感想・レビュー
    3日
    3.8
    数年前の長崎旅行で、隠れキリシタンってのを初めて知った。

    また長崎に行きたい。

    映画はずっと暗くて重い。

    観る日を選ぶが、いい映画。
    バルバワ
    バルバワの感想・レビュー
    3日
    4.5
    "世界よ、これが日本だ!"映画だと思いました。昨今テレビでやっている"世界に日本を自慢したい"という感じの企画に乗れない自分としてはとても溜飲が下がりましたね、はい。
    と
    の感想・レビュー
    4日
    4.6
    本作は江戸期における宣教師や切支丹の葛藤の様子を、宣教師側からの視点で描いた物語である。
    江戸期の農村や町の様子、当時の食生活から文化まで丁寧に映像化されており、作品にかける思いがひしひしと伝わってくる。

    さて、本作の主題設定は「沈黙」についてだ。無宗教者の多くが疑問に思うであろう事柄「なぜ、主は人が死ぬのを助けないのか」「なぜ、道しるべを与えてくれないのか」を映画内で答えている。その解が、沈黙である。つまり再帰的に、答えないということで答えている。ゆえに、その解釈は個人に委ねられる。試練として解釈しても、主の意思として解釈しても。ロドリゴは主の沈黙に対し、仮に絵踏みを行っても、内面的な信仰を捨てなければ良いと解釈したのではないか。それは、最後のシーンから読み取ることができる。また、師匠のフェレイラにとっては、沈黙を棄教すべきという主の意思に聞こえたのではないか。
    また、この映画は宣教師側から描かれているが、大名側からの視点に立って見ても面白い。いかに、他国の宗教を阻もうとしたのかその歴史を見ることになる。仮に布教を見逃せば、日本国そのものの存続が危ぶまれることになる。これらは、日本人が海外で奴隷として売買されていた事実を見ても明らかだ。
    宣教師も大名もそれぞれの大義に従って行為しており、一概にどちらが正しいかは言えない。
    takara
    takaraの感想・レビュー
    4日
    3.0
    難しい
    これは勉強しないと理解できない部分があるなって思った

    とりあえず原作読んでから観直したいかも
    TomonoriGoto
    TomonoriGotoの感想・レビュー
    4日
    4.1
    原作を読んでからもう一度みたい
    ウニボン
    ウニボンの感想・レビュー
    5日
    3.4
    歴史を考えさせられる
    Rena
    Renaの感想・レビュー
    5日
    3.4
    記録
    atsu
    atsuの感想・レビュー
    5日
    4.0
    10年近く前に原作を読んで衝撃的だった。弱いもののためにこそ神の助けが必要であるという考えが他の作品にも多く出るので、この映画の中でもキチジローはとても重要な役で窪塚洋介が全力で演じていた。イッセー尾形が素晴らしいほどのはまり役で声のトーンといい文句なし。マーティンスコセッシは中立的に作品が作れていると思う。この作品はもっと暗い話にもできるし、恐怖が支配するような話にも出来たかもしれないが、見易い形で作ってくれたと思う。自分の信念に生きることが強さなのか、周りのために己を殺して順応するのが強さなのか、考えさせられる映画だった。この映画をきっかけに最近遠藤周作の死海のほとりを買ったので彼の作品をもっと読みたいと思う。