沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

    正直言ってアカデミーにノミネートされてほしいぐらいの良作
    スコセッシ監督は期待を裏切りませんね
    スコセッシ映画のトップ7に入る映画
    演技も素晴らしかった
    アンドリュー・ガーフィールドはスパイダーマンの時より断然良いしこんな素晴らしい演技ができると正直思っていなかった
    キチジローの人もすごく演技上手い
    日本人俳優の見本です!
    撮影もすごく良かったし音をほとんど入れていなくてまさに沈黙でした
    沈黙という言葉の意味を考えさせます
    20年努力をした成果が発揮できていました
    ちゃんと日本人も納得のいく歴史背景でした
    悪いところをあげるとしたら日本語と英語の行き来と編集ですかね
    でも素晴らしかった
    美しい

    このレビューはネタバレを含みます

    観ていてつらい3時間。悪くはないけど、信仰を持たない私は主人公に感情移入しづらい。
    キチジロー、彼の存在が物語の中でとてもいい役割を果たしていると思う。唯一のコミカルなキャラに救われる。
    「私は沈黙していたのではない。お前と一緒に苦しんでいた…」
    終盤ついに沈黙を破った神。
    え?これが結論??
    ただただあっけなさを感じるのは私だけだろうか。
    観ていて苦しい気持ちになる作品だった。
    宣教師やキリシタンへの耐え難い拷問。そんな拷問を受けても信仰を貫く人たち。
    宣教師の布教するキリスト教と、辛い労働や年貢から解放されるためにパライソ(天国)を選ぶ信者たちとの宗教感のずれ。
    今まで考えたことがなかったことを考えさせられる作品で原作も読んでみたいと思った。
    あの時代の隠れキリシタンの扱いを勉強できる作品。キャストもイッセーさんがいい味を出していて面白味がある。ただ、長い。だらだらとしていた印象がある。余談だが、タイムリーにこれを見た一週間後に長崎を訪れて、この映画の中で感じたことを噛みしめながら観光ができた。
    あくまでキリスト教側から描かれた物語であり、隠れ切支丹の物語ではない。
    恐らく、隠れ切支丹となった人々にとってそれはキリスト教でなくても時代や国が違えば浄土宗やユダヤ教になっていただろうし、当時の幕府にとっては統治における、スケープゴートとしてキリスト教が都合がよかったのであろう。
    そしてキチジローの言葉を借りるなら、弱い人々にとっては教義が重要なのではなく、何かを信じることが必要だったのではないか。
    不条理な世界においては、信仰によってしか生きる意味を見出せないのかもしれない。
    砂漠の民が一神教を生み出したように。
    何れにせよ、善意による行いの結果が誰しもに善になる訳ではない。

    それにしても皮肉にもこの数百年後には、キリスト教徒達が仏教・禅がナウいってことで改宗ブームが起こるなんてこの宣教師達には信じられないだろう。
    まるでカードヴォネガットが描く物語のよう。
    信仰云々の話し以前に、人の弱さを実感できる話。
    この監督の作品はこれが始めてであったが、それでも名前だけは聞いた事かあるような巨匠。そしてこの沈黙を観た時には、流石は、と言いたくなった。
    まず、導入がすごい。冒頭のシーンで観客を惹き込めればそれだけでもすごいのだがこの作品は、気づいたら話の中に入っていた。それだけこの作品の惹き付ける力がすごいのだろう。
    そしてなによりも、自分の信仰と目の前の現実とで揺れ動く様がよく描かれている。
    その間の緊張感は言うまでもなく、その後の肩の荷が降りたようなフッとした解放感はこちらまでもが気が楽になる。
    加えてキチジローの人間臭さ、そして彼を信じていいのかという疑惑。仲間とのすれ違い。
    すべてにおいて素晴らしいと評しても構わないだろう。
    年齢層が上か、私のような稀有な若者しか観ないだろうが、普段は量産ドラマなんかしか観ないような現代の若者にこそ観て欲しいが、観ても素晴らしさは伝わらないだろうな、とも思う。