沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

chika

chikaの感想・評価

3.8
本を読んで好きな作品だったので見に行った。ひたすら試されてる気持ちになる。
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

3.5
すごかった。
始めから終わりまで。

終始学んでた。何かを感じていた。
良い映画って出だしから観ている人の心を掴みんで離さない...
見事にスコセッシ監督に魅せられ
引き込まれた。

画が実に綺麗で景色の撮り方が美味すぎる。色彩が日本調で海外の監督が描く日本の描写が新鮮だった。

また、キリスト教の布教のためやって来たフェレイラ神父と主人公の再会は息を呑むほど素晴らしいシーンだった。

"転ぶ"ことと棄教することを同一視せず
日本の地で最後まで生き抜いた主人公の姿は圧巻。スパイダーマンよりイけてる!
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
原作をまだ読んでないので読んでみたいと思います。ものの見方の角度が面白い作品でした。
miechanko

miechankoの感想・評価

3.3
今は宗教の自由があってよかった!とつくづく思う。
YUKI

YUKIの感想・評価

2.5
井上さまのドSムービー。窪塚洋介にテンション上がるも役が面白すぎてもう。
so long:(
あや

あやの感想・評価

-
残虐シーンが目を向けられなかった。エグく直視した場面が脳裏に焼きつく。これが日本の歴史なんだ
1日経ってやっと内容を考えられるようになった…!(◎_◎;)
日本人やたらと赦しをこいてた印象。たしかに命取られるくらいなら信念を捨てる方が簡単のように思うけど…ただ踏めばいいだけかもしれないけど、例えば私が身内の写真でも出されたらちょっと躊躇うかも。ましてやそれがあの人たちにとっては神だもん。自分が赦しをもらっていた人を裏切れるかな、見放されたらパラダイス(天国)行けなくなっちゃう。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
宗教って何なんだろうって思ってしまう。
見応えある作品でした。
相当な気合いを入れて見なければこの作品の本質は理解できないと思う。残念ながら私もその中の一人。ただ映像やカットは綺麗で、教科書では伝わることのない踏み絵の現実や、信教心について知ることのできる日本人なら見ておくべき作品だと思う。160分の大作のため休憩を挟むことをおすすめする。