沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Yuu

Yuuの感想・評価

-
2018.05.05
nerdmatic

nerdmaticの感想・評価

4.0
先生がスコセッシなら役者、皆真面目に授業受けるみたいな、豹変ぶり。

信仰を押し付ける事はエゴだ、と言ったスコセッシは偉大。
yuna

yunaの感想・評価

3.5
自分はキリスト教なので、特に心にくる作品でした。とにかく重いです。かつて日本がしたこと。正解不正解はないと私は思う。
kira

kiraの感想・評価

4.0
原作も一緒にお勧めします。
日本のキリスト教徒弾圧。酷い。弾圧する方もする方だが、拒む方も拒む方だな。殺されるくらいなら信仰を棄てたっていいし、キチジローは正しい。日本人役者の喋る英語は聞き取りやすくて、英語練習用にもいいかも。
EIKUNN

EIKUNNの感想・評価

3.6
グロすぎて終始手で覆いながら観た。笑 モヤっと。
心に刺さる映画なんだけど辛い、重い、んで長い!リーアムニーソンなら逆さ吊りからでも脱出できるはず。弟子も蜘蛛の糸やフォースで戦えよ、とか逃避しながら鑑賞。
蛇拳に出てた殺し屋司祭っぽい風貌のガーフィールドの演技が本当に素晴らしい。
仁義なきの山守組長こと金子信雄を思わせる、飄々として自らは手を下さないラスボス感を出すイッセー尾形も凄い。
棄教をしたと書こうが絵を踏もうが、心の奥にある信仰心は失われる事はない。その奥にあるものを引き出そうとしたのが、引っ掻き回し続けたキチジローだったのも面白い。
良い映画だが、また観るにはエネルギーが要るなー。
ぼぞ

ぼぞの感想・評価

4.5
棄教する事が究極の信仰。
なかなかしんどかった。
結構長いから覚悟して見始めたけど全く長く感じなかった。
だいぶ観入ってた。

日本人俳優がみんな凄くて監督?製作?が違うとこうも違うのか…と思ってしまった。
小松菜奈すごいと思った。
ただ日本人英語喋れすぎ…