沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

投げかけてくるなぁ
長崎って近いけどなかなか行かんからなー。
いつかは。

このレビューはネタバレを含みます

心に重く残る作品。真っ暗な画面に題名のみ、音声は蝉の声のみが流れるオープニング画面が、全ての象徴だったと思う。祈れども、神はただ見つめるのみ。その時、人間は何を思い、どう生きるのか。
アイキャンフライやべぇ
りょー

りょーの感想・評価

4.3
複雑な感情になった。
wata

wataの感想・評価

3.5
江戸時代には英語の堪能な人が現代より沢山いたことで。まあそれはともかく。
文学作品の映像化という意味で非常に良くできた映画だった。ラストシーンはあるのとないのとで作品全体の意味が全然違ってくるけど原作にもあの描写はあったっけ。もう一度読んでみようかな。
窪塚洋介をずっと英語下手な演技してる金城武だと思い込んで観てた。
がや

がやの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

自分は何の宗教も信仰してないし、興味もない。信仰に生きる気持ちも、信仰に死ぬ気持ちも、私には分からない。
それでも、この作品を見て「自分がこの時代に生き、キリスト教を信仰していたら、どうしただろうか。」ということを考えてしまった。

生きるために何度も棄教した、多くの人にとって"要領のいいろくでなし"のキチジローも、信仰を捨てずに死んでいった信徒も、目の前で苦しむ異国の信徒のために、生涯をかけてきた信仰を形だけでも捨て、背教司祭と呼ばれることを選んだロドリゴやフェレイラも、私には想像のつかない苦悩を抱えていたんだろうと思う。

誰が正しいとか、何が正しいとか、そんなことは誰もわからない中で、自分の信じたいものと目の前の苦しみを比較する。それだけでもすごいことだと思った。

歴史に興味のあるなし、宗教に興味のあるなしに関わらず、楽しめる作品だと思う。
jaja

jajaの感想・評価

-
ロドリゴは来日した当初、「日本人の信仰が形あるものにこだわりすぎる」ことを気にしていた。形式にこだわるというのは、いかにも日本的だ。だから、踏み絵という形にも抵抗したのだ。▼現代に生きる私なら、「単なる絵だ」として踏むことを厭わないだろう。だが、それが唯一の信仰の証と信じる当時の人たちには難しかったのだろう。形式にこだわる日本人を気にしたロドリゴやフェレイラ等外国人神父ですら葛藤があったのだから。▼だが、そうした中でキチジローのみがペタンと踏んだ。彼だけが信仰の本質をわかっていたように思う。
Hosomichi

Hosomichiの感想・評価

4.8
5月の米国出張時の機内で『沈黙 サイレンス』を観た。遠藤周作は中学の頃によく読んだ作家、海と毒薬なんか立ち読みで読破したくらいだが、本作はなぜか未読だった。今度買って読んでみよう。イッセー尾形、浅野忠信、窪塚洋介ら日本人役者が実に渋い演技で作品全体に深い味わいをもたらしていた。信仰心を俯瞰して人間を観察する遠藤作品、沈黙というタイトルの意味を考えると、色々と趣深い。
murata

murataの感想・評価

5.0
クリスチャンです。
拷問シーンが辛くて、一度断念したのですが、今回やっと最後まで観ることができました。
重い映画ですが、私は見終わり、神様の深い愛を感じ、ひたすら感謝の気持ちがわきました。あの時代に生きている日本人や転んだ神父さん、信徒も含め、弱い自分には誰一人責めることはできませんでした。
今、自由に教会へ行き信徒と名乗ることができること、凄く恵まれているんだと痛感しました。
この映画は、本当に素晴らしいです!
クリスチャンでいることに背中をおされた気分です。
私的には、殉教した者も弾圧されて背教した者も心に神様をおいている者ならば、魂は救われると思っています。
ロドリゴが聞いた声は神様の深い愛の真髄だと思います。