沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    nami
    namiの感想・レビュー
    4日
    3.4
    邦画観てるのか洋画観てるのかよくわかんない気分。観る前は長いと思ったけど、あまり長さは感じなかった。昔の日本は本当にこんなだったのかな?生々しくて残酷。教科書で踏み絵について学んだ時は、とりあえずその場では踏んどいて、隠れキリシタンになれば良かったんじゃ?と思いました。そんな甘いものじゃなかった。自分の心の弱さを痛感。はりつけシーンとか心が痛かった。トラウマになりそう。
    ShinnosukeK
    ShinnosukeKの感想・レビュー
    4日
    4.8
    遠藤周作の日本への理解とそれを完璧に映画化したスコセッシ監督。やばい。これは彼にしか映画にできないんだろうなあ。
    Kohei
    Koheiの感想・レビュー
    4日
    5.0
    角川シネマの最前列でシンドい首の角度で3時間。やれやれだぜ、と思ってたのだが、そんな苦痛は、映画から伝わってくる緊張から比べたらチョロいチョロい?いや、その長さを感じない、素晴らしい作品。スコスィーシィ、流石です。子どもたちが中学生になったら観てほしいな。
    撮影賞、なるほどナットク。キャスティングもナイス。最近の浅野くんはまた神ががってますね。
    ラストの演出も良かったな。
    満点です!
    シロッコ
    シロッコの感想・レビュー
    5日
    4.2
    信仰というものだけに収まらず、もっと人間の深く普遍的なものを感じました。
    YU
    YUの感想・レビュー
    5日
    3.0
    キリシタン。

    かなり重いテーマだけど見ておくべきだと思って見たけど3時間‼

    日本人もたくさんハリウッド進出‼

    江戸時代、日本各地で踏み絵が行われキリシタンは弾圧されていきました。

    知るべき歴史ってあると思う。

    この一文につまった歴史がしっかり細かく丁寧に描かれていました。

    まさに行間の歴史!

    (2017年 2本目)
    さなこ
    さなこの感想・レビュー
    5日
    4.0
    すごい苦しかった。

    原作の存在は知っていたけど、読んだことはない状態で観に行った。
    簡単に言葉で表せないし、なんて表現すればいいかわからないけど、すごく深く考えさせられた。
    見終わった後に映画を振り返って自分で色々考えて、結論にたどり着くのは難しいけど学ぶことが多い映画。

    元は日本の小説、ハリウッド映画としてちゃんと良い作品になっていて、"沈黙"という名だけに細かい音のこだわりも感じられた。
    kyaro
    kyaroの感想・レビュー
    5日
    3.5
    日本は遠い昔から無を基調としているから価値観が合わないのは当然である。

    また、キチジローの存在が大きい。これほど罪深くても、信仰があれば救われるのである。
    ヨコヤマ
    ヨコヤマの感想・レビュー
    6日
    3.4
    Lord,Can you hear me,when I call?

    自分はどうやら
    神なんてどうでもいい人間のようだ。
    しかし何故か時に祈ってしまう。
    人間は祈りという
    自然と手を合わせたくなる行為自体を
    完全に滅ぼすことはできないまま
    激しい弾圧や征服を交えつつ
    約二千年が経過したが
    その間、ずっと神は沈黙していた訳で。
    神は全知全能だから
    宇宙全体においてあまりにも
    ちっぽけな人間の存在なんて
    無関心だしどうでもいいはずだ。
    そんな風に考えている俺が
    今作を観ても、原作を読んでも
    つまらなくは断じてなかったが
    テーマが響かなかったらしく
    言葉が大して浮かんでこない。
    最も感情移入したのは
    浅野忠信が演じた通辞だ。
    おそらく彼は英語を学ぶにあたり
    過去に切支丹と触れあったろうし
    ロドリゴの信仰心を転ばせるというより
    どこか試しているかのような節がある。
    彼は心の奥底で信仰心の持つ力を
    確かめたかったのではなかろうか。
    彼の役割に惹かれた。
    惹かれた、というか納得するものがあった。
    スコセッシ映画になぞらえるならば
    イノウエはジョー・ペシか
    ポール・ソルヴィノ的な存在で
    弱き者ながらも遂に
    信仰心を捨てなかったキチジローは
    レイジング・ブルのデニーロで
    通辞は...ケープフィアーのデニーロかな。
    だからどうしたという話だが
    言葉が次々に浮かぶ映画ではなかったから
    恥ずかしながら濁すしかない。

    何故だか祈ってしまう。

    何故か。
    神などどうでもいいのに
    何故なのか。
    疑問を醸成していけば
    ある時答えとなる言葉が
    心に浮かぶこともまたあるだろう。
    答えは神のみぞ知るなんて言わせねぇよ。
    YARUSENAKIO
    YARUSENAKIOの感想・レビュー
    6日
    4.5
    この時代にこの映画を観る意味は大きいと思う。多くの人が観るべき。特に若い人に観てもらいたい。
    イッセー尾形がハマりすぎ。