沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

キチジロー
Ted

Tedの感想・評価

2.5
寝てしまった
神宮寺

神宮寺の感想・評価

3.8
切支丹の人々の信仰の強さに驚かされるとともに、信仰の本質とは何かという点について深く考えさせられる。

2017-132
nico

nicoの感想・評価

4.0
深い…。
きずき

きずきの感想・評価

4.0
昔読んだ原作を思い出しながら鑑賞。
Kai

Kaiの感想・評価

5.0
マーティン・スコセッシの音の使い方、キャスト選択、全てが『沈黙』と合致していた。
とても素敵な映画。
生きる意味とは。
人間の永遠のテーマを尊く描いている。
tikuwa

tikuwaの感想・評価

3.8
引き込まれる作品だった。

自分は無宗教者だから理解し難いところがあるけど、今も昔も、なぜ、違う考えのものを異端としか見れないのだろう?色々な所で起きてる、宗教観の争いや差別的行為、受け入れなくてもいいだけじゃないのかな。そんな事を考えてます。
踏み絵物語だな。
劇場公開当初から気になっていて、久しぶりに大外れな作品に出会った!
良いと思います。考える系映画。

隠れキリシタンの話。踏み絵。
信仰・宗教とは。

キリスト教徒でも仏教徒でもない自分からすると、少し世界の違う話なので、一歩引いたところから観れたけど、感情移入したらヤバイ。