沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

    スコセッシの「沈黙」を妻と鑑賞。ほぼ原作に沿っての物語の運び(結末だけ少し違うかも)。僕が一番胸に来たのはモキチ役の塚本晋也の演技。パンフも買ったのだが、主要人物以外の俳優の名前がなかったのが少し残念。「沈黙」のキーパーソンであるキチジローは窪塚洋介。悪くはなかったが、僕は彼ほどのイケメンでない役者の方がいいと思ったが、妻は綺麗な顔立ちの役者が卑しい役をやるのがいいと言っている。監督は妻と同じように思ったか。
    日本描写が素晴らしく、物語も説教くさくない。人間ドラマとして見応えのある名作映画でした。
    窪塚洋介の好演、イッセー尾形の怪演、塚本晋也監督の熱演にも注目!
    信じのは何の為、誰の為か
    長い。3時間ぐらいです。
    意外といろんな日本人俳優出てて驚き。
    ロドリゴという人に関しては原作での描き方よりむしろ好感が持てたかもしれない。そのほか細かな違いはあるけど、ここまで原作に忠実に、妥協しない作品を言語の壁も乗り越えて撮った監督っていないんじゃないだろうか。信仰の切実さがテーマではあるけど、人間がどこまで残酷になれるか、ということも考えさせられて非常に怖い。イッセー尾形の怪演もさることながら、髭を剃ったキレイな浅野忠信(笑)の迫力もすごい。微笑みながらすごいことやらかす日本人、というステレオタイプで片付けられない恐ろしさを感じた。
    …いやなんか凄かった。てかあの蝉の声聞いたら!日本の夏!暑い!!って体感温度が2℃は上がるのすごいね…。
    リーアムニーソンの着物!着物!ハァハァハァハァ。キチジローもだかイノウエサマもパードレ好き過ぎだよね…
    ノンポリ無宗教な私としてはそこまでこだわるものなのか?とおもいつつ…でも何かを棄てるってそういうことなのかもね…と。



    2017/02/15 シネプレックス小倉
    モキチの強さはどこから来るんでしょう!
    信仰って何なのだろう?
    無宗教なので、原作一回読んで映画一度観たくらいではわかりませんでした。
    また数年後に再鑑賞したい。
    考えさせられるけど、単調に感じた
    緊張感の中で信仰への疑義に惑う一人の男の極限状態を目撃させられていたような感じだった。
    長い上映時間だが、常に緊張感があるため眠くなるどころか夢中で見てしまった。

    音楽が無く、過剰な演出もないため、じわじわと主人公ロドリゴに感情移入して、だんだん直視するのがきつくなってくる。

    見終わった後、様々な問いかけや想いが胸にじわじわと湧き起こり反響し、放心状態になってしまった。

    信仰とは?神とは?
    キリシタン弾圧下の宣教師の最適な行動とはなんだったのか?
    キチジローは敬虔なクリスチャンか?はたまた悪魔だったのか?

    良い映画は、観終わってからも心に残ることを再確認した。

    このレビューはネタバレを含みます

     キリスト教が弾圧されてる日本で行方不明になった師匠を追いかけて日本にやってきた神父さんの地獄めぐりの話。

     外国のスタッフさんが異文化を描くとたいてい失敗するのが当たり前だと思っていましたが、普通に本格時代劇として違和感なく見ることができました。それだけでも凄いと思います。そして、冒頭からキリスト教徒に対する拷問が描かれて見るのが辛い160分でした。

     当時の人々がいかに辛い日常を送っていたのかを主人公の目を通して体験体感させて、何でそこまでして人間を拷問できるのだろう。やられる方は棄教せずに拷問に耐えることができるのだろうか。またすぐに裏切って、また罪を告白して苦悩してという様々な人間がでできて、本気で人間って何なんだろう。何でこんなことしているのだろうと辛い映画で退屈せずに見ることができました。

     主人公がお奉行様や師匠から日本にキリスト教が根付かない理由を語られますが、「おてんとうさまが見ている」となんとなく思いながら見ている、特に宗教を信奉していない日本人のボクからしたら「そうだよなー」と彼らの方が正論に感じました。

     ただハリウッド映画だからか仕方ないので突っ込むのは野暮だとは思いますが、登場人物全員が英語しゃべりだしたりしてしかも劇中ではポルトガル語として描かれているらしいので、そこらへんで入り込めない部分もありました。お百姓さんから門番からみんな英語ぺらぺらでした。それに主人公の創造か妄想かキリストらしき声が語りかけてきて、全然沈黙ではなかったです。それに主人公が最後に決断する理由も人を救うため。という理由が安直すぎるのではないかと思いました。しかも本当は信仰を捨てていないみたいなエピローグもキリスト教圏から見た描かれ方だから仕方ないのかと感じる描き方でした。人のために犠牲として棄教するのかしないのかではなく、本当に心が砕けてしまうほど追い詰められた人間の苦悩を見てみたかったです。

     にしても日本を舞台にした映画なのに日本で撮影できないのが悲しい作品でもありました。