沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

HIDE

HIDEの感想・評価

4.2
信じる事の尊さ

覚悟なき者は去れ
kana

kanaの感想・評価

4.3
師であるフェレイラ(リーアムニーソン)の
棄教を信じることのできない
ロドリゴ(アンドリューガーフィールド)と
ガルペ(アダムドライバー)は
日本に渡ることを決意する。
2人が日本で目の当たりにしたものは
キリスト教の弾圧。
神に対して疑念を抱くほど
残酷で非道なものであった。。

「なぜ神は我々にこんなにも苦しい試練を与えながら、沈黙したままなのか?」

なぜ、
苦しい試練に耐え続けるのだろうか。
その先に死が待っていようとも
拒み続ける棄教。
信者たちが殺されていても、
それでも尚、キリスト教の教えを貫き
自ら棄教することのできない宣教師たち。
いかなる理由であれ、
あのような酷い弾圧は許されません。
でもキリスト教徒たちが
そこまで守りたいものとは??
宗教ってなんだ??
無宗教の私には到底理解できないお話でした。

脚色されているとは思いますが、
あのような拷問は実際に行われていたと思う。
拷問シーンを始め、彼らの苦悩のシーンなど
とても辛い160分でしたが、
見応えはありました。
フェレイラやロドリゴのモデルになった人が
実際にいると知り驚きました。

エンドロールは波の音だけ。
その波の音が、
どんな音楽よりも心に響き、
プレイヤーのストップボタン、
押せなかったですね。
最後まで観てしまいました。

だんだん重いストーリーになってくるので
忘れていましたが、
片桐はいりとアダムドライバーのシーンは
笑っちゃいましたね。

以下ネタバレあります。










形だけだ。
浅野忠信(役名がわからない)が
ロドリゴにかけた言葉。
踏み絵をしようが
キリスト教を捨てた証明の文を書かされようが、
それは形だけ。
心で信仰していれば、
なにをしようが信者なのである。
サイレントし続け生涯を終えたロドリゴ。
妻の優しさに最後は涙が止まりませんでした。


☆DVD にて鑑賞☆
2017年167本目
Kano

Kanoの感想・評価

4.0
民族性や慣習が全く異なる人々の間にも、同じ神が存在し得るのだろうか。
多少歪められた形であったとしてもそれが誰かの導になるのならば、それは正しい受容のされ方といえるのだろうか。

鑑賞中は何度も何度も息がつまり、言語化するにはあまりにも曖昧で客観的な苦しみに襲われた。


冒頭、アンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーとか眼福〜〜って思ってたけどそれも長く続きませんでした…。
SayoTakeda

SayoTakedaの感想・評価

4.0
2017見逃し映画祭②
赤魚

赤魚の感想・評価

4.5
重い。
2017/02/03
リーアムニーソンの神父役は合っていないと思います。
ガーフィールドは嫌いですが、窪塚洋介は良かったです。

全体的にまとまった作品でした。流石スコセッシ!
でも、ダニエルデイルイスで見たかったです。
ウ

ウの感想・評価

5.0
もう、1ヶ月くらい前に見て、それは真夜中で、最初はベッドに寝っ転がって見ていたのに、途中から正座して大号泣してた。

日本人が行ってきた残虐な行為を見たのは初めてくらいだと、後から気づいた。ナチスとか黒人問題とか戦争とか、海外の映画ばかりを見てきたんだなと、それはもしかしたら、故意に避けていたのかもしれないなと、後から気づいた。


私は、全然、わからなかった。踏み絵を踏んだらいけないのも、唾を吐いたらいけないのも、あんなに酷い方法で痛めつけられる人々を見ても日本人に布教したがる彼らも、全くわからなかった。
絵を踏むだけでいいんだという日本人の方が、井上の言葉の方が、私には理解できた。どうして傷つく人々を助けてやれないのに教えを説こうとするのだろう。言葉を選ばずに言えば、神様は使い勝手が良いな、とさえ思ってしまった。

私の父は、何を信じても自由だと言う。でも、それを、誰かに勧めたらダメなんだよと言う。でも人は弱いから。仲間を増やしたいから。信じることの不安定さを、どうにかしたいから。

小学生のとき、明日は嫌なことが起きませんようにと、毎日寝る前に布団の中で願ってた。その時に向く方向は右で、手は握って、頭の中で言葉を繰り返す回数も決まっていた。それが私の神様への願い方で、それが私の信仰だったのかもしれない。その神様はいつも私の中にいて、キリストでも、釈迦でも、ムハンマドでも、なんでもなかった。名前はなかった。1人眠れなくて怖かった時、友達と喧嘩した時、お母さんに怒られた時。人は弱いから、何かに頼ってしまうし、何かの力を借りようとする。それで良いんじゃないかと思う、それが、真の信仰が、キチジローなんじゃないかと思う。


1ヶ月経って、感想を書いてみたけれど、この1ヶ月間、毎日思い出したわけでも、何か目立って変わったわけでもないけれど、確実にこの映画は私の中で生きている。見て良かったです、作ってくれてありがとうございます。
shinbon007

shinbon007の感想・評価

4.0
めちゃくちゃ静かな映画誰か寝てる人いた