沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Kai

Kaiの感想・評価

5.0
マーティン・スコセッシの音の使い方、キャスト選択、全てが『沈黙』と合致していた。
とても素敵な映画。
生きる意味とは。
人間の永遠のテーマを尊く描いている。
tikuwa

tikuwaの感想・評価

3.8
引き込まれる作品だった。

自分は無宗教者だから理解し難いところがあるけど、今も昔も、なぜ、違う考えのものを異端としか見れないのだろう?色々な所で起きてる、宗教観の争いや差別的行為、受け入れなくてもいいだけじゃないのかな。そんな事を考えてます。
踏み絵物語だな。
劇場公開当初から気になっていて、久しぶりに大外れな作品に出会った!
良いと思います。考える系映画。

隠れキリシタンの話。踏み絵。
信仰・宗教とは。

キリスト教徒でも仏教徒でもない自分からすると、少し世界の違う話なので、一歩引いたところから観れたけど、感情移入したらヤバイ。
原作とのリンク感は良い(時々こんなのあったっけ?っていう違和感はあるものの許容範囲)
なんにせよ原作先行過ぎて新たな感動は難しい
その中で画面の暗さとか窪塚の配役とか日本特有の効果音とか、台詞のセンスとか、細かい部分が作り込まれてて良かった

この映画をフックにもっと遠藤周作が読まれるようになってほしいと思う
記録
小説読んだ後と同じなんとも言えない気持ちになった。。。
自分は無宗教者?で(家は浄土真宗だから宗教家なのか?)神も仏もいないと思ってるのだが、自分の乏しい文章力じゃ言語化出来ないが凄く感じるものがあった。。。
夏井誠

夏井誠の感想・評価

3.5
イッセー尾形さんのねっとりしたイヤラシイ演技に脱帽。さすがすぎる。

結局、遠藤周作が日本人だからこそ描けた話だったのかな?という思いが出てしまった。
聖地からも信仰の盛んな地域からも遠く離れたこの地で、それでも信仰する作者自身の矛盾というのも相まってる作品だと思うんですよ(原作)。
ただ、プロテスタントだろうがカトリックだろうがキリスト教を信仰している人の多い地域の人たちが作ると結局「善と悪」みたいなわかりやすい構造、映像で見てわかりやすい物になってしまうなぁという残念感。

村の百姓たちは弱い。弱いからこそ神に頼らねば生きていけないし、弱いからこそ裏切ってまで生きたい。弱いからこそ、神を都合良くしてしまったかもしれない。だが、それは罪なのだろうか。
民衆を救うために神に返答を求めるのはいけないことなのか。

穴吊りの場面、あそこは原作通りのが転ぶ時も後味悪いと…思うの…
難しい作品だった。
為政者の異教徒に対する振る舞いは、見えないもの、力や金では解決できないものに対する恐怖の裏返しなんだろう。まるで、中世ヨーロッパの魔女狩りのような苛烈な拷問に、言葉を失った。
虐げた者は、それに打ち勝つ強さを持たないと、神の救いは得られないのか。弱き者は信仰を許されないのか。神の救いとは何なのか。本作には、神の奇跡など一切なく、ただひたすら現実の世界に彷徨う人々がいるのみ。本作は、観るの者に信仰そのものの意味を問い続ける。
そして、最後に、主人公の妻が、信仰を捨てたまま荼毘に付す夫の懐にそっと忍ばせたもの。それは、形から入る信仰を否定していた主人公が、それもまた信仰の証として受け入れたもの。それは、夫の内に秘めた信仰を知り、これを受け入れた妻の愛の証。
形から入ろうとも、行動や振る舞いを経て、深く静かな想いに至る。
信仰も愛も同じ。神はただ、寄り添うのみ。
私はそう解釈し、映画を観終えた。
期待していたのですが、もっと心の葛藤が欲しかった。
表面的な展開だと、ただの善悪になりがち。心の機微が見たかった