沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

間宮

間宮の感想・評価

4.7
原作小説が好きなので観に行った。スパイダーマンやってたアンドリュー・ガーフィールドの演技が凄くて言葉がでなかった。日本人キャストの演技も素晴らしく、原作小説と少し違う解釈の部分はあったが、納得の作品。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.7
テーマと内容については有名なのでここでは触れず。

弾圧や拷問について日本を悪く描くのは全然構わないのだけど、何故日本がそうなったのか、南蛮人による日本人奴隷の売買なども少しだけ触れて欲しかったな。

にしても最近のイッセー尾形は素晴らしい!怪演!
阿部寛のスニッファーの贋作話でもかなり良かった。

キチジロー役の窪塚も中々。
塚本さんは監督より役者としての方が最近は良いなあ。

小松菜奈子は邦画だと全然面白くないのに、この映画だと中々良い。内容と監督の差だろうか。

キチジローを許せるかどうか。
キチジローがそうせざるを得なかった状況を許している神を許せるかどうか。

穴吊りでの棄教の誘惑のシーンは、ほぼ悪魔の誘惑だった。

最後はなんだかとってつけたようなラストだが、まあそう終わらせるしかないかとも思う。
Ryow

Ryowの感想・評価

3.7
やっと観れた。
当時の禁教令がここまでとは思ってもみなかった。
アンドリュー・ガーフィールドがここまでシリアスな演技のできる俳優だったのかと感心しました。
原作を読んでもう一度観るべき映画なんだろうけど忙しいな〜
さやこ

さやこの感想・評価

3.7
穴吊りがトラウマに
ハヤシ

ハヤシの感想・評価

3.9
誰も転んでなどいないのだ。
塚本晋也がほんとすごい。
事前にキチンと原作を読んで挑んだんだけど、確かに「原作を読んでからプリーズ」な印象があったような。
ともあれ、原作に準じた本編の部分では井上筑後守の描写が浅く、ロドリゴが彼との会話によっても揺れていたハズのトコロが割愛されていたような気が。だからこそ、キリスト教を土着的なナニモノかに変えてしまった日本の風土への井上の失望も感じられはしたけど……ソコは大事なトコロなんじゃ、という気もしないではない感じ。
それはともかく、ガルペと別れてロドリゴが単独上陸した島が猫島化してたのはどうしてなんだろう。岡田三右衛門がキチジローとマブダチになってる以上のインパクトがあって妙に困った。
koya

koyaの感想・評価

3.8
18.05.06