沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

qoo

qooの感想・評価

3.8
穴吊りをされ苦しむ罪なき命を前に、絵を踏めないでいる神父ロドリゴ。そんな時イエス・キリストは「踏んでいいのだ」と、目の前にいる弱々しい命を救えと、ロドリゴに大いなる赦しを与えたことこそ、どんなに迫害されようともクリスチャン達が生涯神を信じ、ロドリゴが心の中に信仰を秘め続けた最大の理由なのではないかと。
とても心に残る映画だった。
哀しい。
宗教の信仰心の強さ、無宗教の私にはどんな想いから来るのだろうと感じた。
救いを求める事、
信仰心の深さ故に苦しんでしまう事。
一神教の 強みと弱み。

教科書で読んだ 「踏み絵」が、
こんなにも 人1人の身体と精神を別けて叩きのめす拷問だとは思っていなかった。

みーーんな 英語しゃべり過ぎで ちょっと劣等感を感じたよ。
リコ

リコの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

自分は特に信仰を持っていないのですが、
モキチやじいさまのように強い信仰をもった人の姿は
なぜかとても美しいと感じ、惹き付けられます。
(だからこそ殉教はしてほしくありませんでしたが…)
一言であらわすと健気です。

モキチは単に天国に行きたいだけでも、愚かなわけでもなく
真摯に神を愛していたのだろうということが
ロドリゴと額を合わせるシーンから伝わりました。

彼らの信じるものがどんなに論破されたとしても、
ロドリゴとモキチ達を結びつけた信仰と
それを持ち続けた尊い人々の存在は汚されないんだ
ということをラストシーンのロザリオから感じました。
神は沈黙どころか、いなかったかもしれないけど、
彼らの信仰と存在は確かにあったということを
ロドリゴは忘れたくなかったのではないかと…。
自分の勝手な願望ですけど…。

対照的に、神や周りの人間を裏切りまくり
踏み絵をふみまくるキチジローですが、
これもまた魅力的なキャラクターです。
正直、ふんどし一丁で何の躊躇もなく踏み絵を踏んで
退散する姿には笑ってしまいました…。
あのシーン、テンポ良すぎでしょ!

個人的には、キチジローみたいな気持ちの弱い人間まで
キリストや神は愛してくれると思うんですけどね。
踏み絵も踏んでいいって言うだろうし。
弱い者は救われないで、殉教者が一番すばらしい
なんていうのは神じゃなくて聖職者の都合ですよねぇ。
shinaaaaa

shinaaaaaの感想・評価

3.9
すごい時代
Nanatan

Nanatanの感想・評価

-
弾圧の厳しさ
拷問のシーン多すぎてかなり早送りした

この映画見ると信仰心とは 宗教とはなんだろうって考える映画
映像の力が半端じゃない。そして、信仰とは何かを観客に問わせる、脚本も見事。これは傑作でしょ。
SATOMi

SATOMiの感想・評価

3.8
窪塚……
ニモリ

ニモリの感想・評価

3.4
重い。当時のキリスト教に対する扱い、隠れキリシタンの信仰心など、伝わってくるものは多い
のぶ

のぶの感想・評価

4.1
重く苦しい映画は
いつも考えさせられるな〜