沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    元祖ミツちんこスープ
    元祖ミツちんこスープの感想・レビュー
    2017/04/13
    4.0
    信仰のためにここまでやりますかね〜と疑問になりますが、BGMが一切ない映画は初めてだったので不思議な気持ちになりました。
    さゆ
    さゆの感想・レビュー
    2017/04/13
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    とりあえずキチジローダメ人間やったなぁ 笑
    でもあれが本来の人間の姿なのかもね〜
    ほんまは、何か形あるものにすがって行かないと生きていけない弱いものなんだろうね
    人間って愚かで欲深い生き物だね・・・。
    って湯婆婆も言ってた☺️

    ちょっとキリシタン勉強不足だから難しかってんなぁ
    でも3時間弱見てたって気がしないくらい見入ってたっけ(*´ω`)ゞ

    この国は沼地 どんな苗でも沼地に植えても根は腐る だったかな?
    日本の信者たちが思ってる神とパードレ達が思ってる神が違うから布教できない。
    沼地を連想させる描写チラホラあったのはその為なんだね
    日本の信者からしたら、
    こうして死ぬば神の国にいける と思っていてそうではなくて、
    どのような境遇にあっても主を信じ仕えるが本来の殉教者の考え

    そういやあの背の高い方のパードレはキリシタン感滲み出てたなぁ(˙👄˙)
    あと井上のおじぃちゃん!!
    演技って感じしやんしモキチ?の張り付け身体はりよるっ

    自分の外側に恩寵や奇跡などの形で神にすると、神は沈黙する
    神が常に自ら共にあると体感し、実感こそが恩寵であり奇跡になる
    神に冒涜した行為をしたとしても自分の中に神が存在しているから
    最後には声が聞こえ踏み絵をし転ぶことができたのかな?笑

    沈黙を意識してるからなのか映画自体も静かだった〜
    それとその後ただただパードレが言いたい病にかかったの至極当然っす(*´ω`)ゞ
    ミスターノーバディ
    ミスターノーバディの感想・レビュー
    2017/04/12
    5.0
    これは後世に語り継がれる名作だと思う。
    自分も神を信じてるから主人公や作品に登場するクリスチャンの日本人に凄く共感できる部分が沢山あった。
    この作品を通して当時のクリスチャンが凄い苦労したことが良く分かる。
    そしてどれだけ今の時代が恵まれてるかが良く分かる。
    今の日本に信仰の自由があって良かった〜
    さもなければ私の信仰も弾圧されただろう。

    作品の終わり方だが、神を信じてる私にとってはとても良い終わり方だった。 だから文句なしの5.0をつける!!
    hmy
    hmyの感想・レビュー
    2017/04/12
    -
    神は助けてはくれない。神は自分自身。
    misaki
    misakiの感想・レビュー
    2017/04/12
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    信仰によって引き裂かれる人々。
    日本という“沼”にキリスト教を持ち込むことで、却って人々を不幸に陥れることを恐れて棄教したフェレイラ神父。
    真にキリスト教的であることは、人々を苦しめてまでキリスト教を布教することではない、という矛盾にロドリゴは気付く。

    沈黙……ひとの祈りに応えない神の沈黙/禁じられた祈りを心の中でのみ唱え続ける沈黙/神父・ロドリゴの死の沈黙。

    遠藤周作の原作をとても読みたくなった。彼自身も善悪が渾然一体となった日本の“沼”的な価値観と、理路整然としたキリスト教信仰との間で悩み続けた人だし、だからこそ描けた作品なのだろう。
    MikiTatehora
    MikiTatehoraの感想・レビュー
    2017/04/12
    4.0
    何かを信じる人の強さ

    理不尽な事の多い世の中で、
    何が正しいのか判断するのはとても難しい。

    誰からみて正しいのか
    結局、自分が正しいと信じきれることを信じて行動するしかない。

    わたしは無宗教だけど、信念みたいなものは大切だと思う。
    キリスト迫害の被害にあった全ての人が
    イエスの元で安らかであればいいな。
    YK
    YKの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.8
    昔の作品もみたので海外から捉えたらどうなるのかなと思ったけど、なんて大切な作り方をするのだろう。
    大作感がなくて良かった。
    窪塚がキチジローかぁと思ってたけど上手かったし、塚本監督のモキチは泣けた。
    ともこ
    ともこの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.5
    記録用
    Mayuka
    Mayukaの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.0
    日本人の敬虔なクリスチャンによる原作を、イタリア系アメリカ人の敬虔なクリスチャンの監督によって映画化された、それだけでも興味深い。余計な音がなく、ムダが削ぎ落とされたかなり攻めた作品。
    原作が良いのと、演者が一人一人しっかりしているので、基本的に良作と思うが、ところどころ描写がチープでがっかりした。作り手の主観が入りすぎのような、観る人の想像力をもっと信頼しても良いのでは?と。 ちょっと勿体無い。
    KayoOtaki
    KayoOtakiの感想・レビュー
    2017/04/10
    4.5
    日本人がおどろおどろしい。
    ヒュードロみたいなBGMが使われてて外国から見た日本のイメージも伝わってくる。
    自分が日本人であることに恥じらいを感じたのは愛国心あってのことなのか、日本のあまりにも酷い行為に涙が出た。
    どれだけ神を愛しても物音すらしない永遠の沈黙、それでも禁じられた神を信仰し続ける勇気ってすげーな
    28年間この作品を温め続けたスコセッシ監督と我々が見ても全く違和感を感じないハリウッドの底力がすごい