沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

あず

あずの感想・評価

4.3
今更ながら。

原作家にありながら未読なので読もうと思いました。

美しい日本の風景がさらに残酷さを引き出してた気がする。
信仰。

遠藤周作の小説をマーティンスコセッシ監督が映画化。江戸時代、厳しいキリスト教弾圧が行われる日本にやって来たカトリックの司祭二人と、隠れて信仰を続ける日本人の姿を描く。全編通して全く映画音楽の流れない荘厳な作りが印象的だった。

踏み絵や宗門改など、様々な方法を使って江戸幕府がキリスト教を厳しく制限した事実は知っていたが、その様子を描いた作品を観るのは初めて。冒頭から痛々しい拷問シーンがあり、その後も容赦なく処刑される人々の姿に胸が痛む。日本人キャストが多く登場するが、皆素晴らしい演技で、違和感を感じさせる人はいなかった。
司祭を演じたアンドリューガーフィールド、アダムドライバーの体を張った演技も良かった。「ハクソーリッジ」でも敬虔なクリスチャンを演じたガーフィールドはもちろん良い。最近様々な映画に出演しているアダムドライバーは出演作を初めて観たが、アランリックマンを思わせるような重厚な声や、表情の作り方など、とても魅力的な俳優だった。

宗教を巡る対立は今も世界各地で勃発している。劇中その違いに関して興味深い台詞がいくつも出てきた。お互いを完全に理解し合うのは難しくとも、暴力の連鎖だけは消え去って欲しいと強く思わせる映画だった。
ぴよ

ぴよの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あの場面で「棄教しろ!」と言ったロドリゴを、どうしても許せない自分がいる。
ちい

ちいの感想・評価

4.0
原作読んだ時の驚き、感動、苦しさ、悲しみは忘れられない。大分前の事なので内容はかなり失念しているのだが…。そして今この映画。フェレイラ、ロドリゴ、がルぺ、キチジロー、農民達の傍にはいつもあの方が居たのだろう。只、何も言わず寄り添って居たのだ。そう思わずにはいられない。私には裁けない。誰にも裁けない。もう一度原作読みたい。
けっこう考えさせられるやつだこれ
長い映画なのに全然飽きなかった。いろいろリアル。リーアムニーソンの言い分がすごくリアルだし、主人公の葛藤や心を失ってしまう様子もリアル。窪塚のキャラもリアル。役人がサラリーマン的な感じで踏み絵をさせたりリンチしてるところもリアル。本来個人的には何の恨みもないキリスト教の人たちにここまで残酷になれる集団心理の怖さ。その時のルールに流されて思考ストップしてるところもリアル。人権とかあとから入ってきた考え方なんだろうなあと。淡々としてたけどすごくいい映画だった。
映画侍

映画侍の感想・評価

2.9
途中で寝た
plaski

plaskiの感想・評価

4.5
DMMレンタルBlu-ray。
マーティン・スコセッシが日本文学を映画化した、それだけで私にとっては感度もの。なのに、映画館へは行きそびれ、今日レンタルにて鑑賞。事前にNHKで放映されたドキュメンタリーで、監督のこの作品に対する思い入れが大きいと知り、楽しみにしていた。見終わった結果、満足でした。恥ずかしながら、これ程有名な原作は未読。原作も読んでみたいという気になった。