沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    ねってぃー
    ねってぃーの感想・レビュー
    6日
    4.0
    主人公である宣教師ロドリゴとガルペは日本で布教活動をしている師と仰ぐ宣教師が棄教したとの知らせを受け日本へ向かう。長崎は厳しいキリシタン弾圧下にあり、それでも敬虔な信者らは自らの信仰心を貫き命を落としてゆく。しかし神は沈黙したまま。
    中々重たい映画なので見始めるまでにエネルギーが必要。
    時代背景等に関する知識が殆どない状態で鑑賞したので基礎知識があればもっと映画を深く理解できたと思う。
    yumiko
    yumikoの感想・レビュー
    6日
    3.5
    重なる複数の迫害の歴史。"silence"のフォントが、すんとしててよかったかと。
    まっちゃん
    まっちゃんの感想・レビュー
    6日
    4.8
    これを海外で観た日本人は、このグローバル化の世界の中で、忘れがちなナショナリティをとても強く意識したんじゃないかと思う。
    rukue
    rukueの感想・レビュー
    6日
    4.0
    正解はない、けれど、
    その時代を生きた人々に
    賛同しました
    ふくいけん
    ふくいけんの感想・レビュー
    2017/03/21
    4.5
    原作にあまりにも忠実で驚きました。もうそこだけで脱帽します。ページと画像がしっかりリンクしイメージも共通します。さらに年齢を重ねた自分が昔は背伸びしてたな~今なら力まずわかる気がするとしみじみ、人間の弱さを愛おしく思えます。。まだまだ背伸びかな(^o^; マーチン・スコセッシ監督は本当に素晴らしい。深い。
    napolitas
    napolitasの感想・レビュー
    2017/03/21
    3.9
    ようやく観れた。音が、波と虫と風と雨と炎と神の声、あと沈黙だけだった。塚本監督がスゴイ大変だった、あまり無理せずご自愛いただきたい。
    YK
    YKの感想・レビュー
    2017/03/21
    4.2
    ぜひとも見たかった映画魔

    周りを見渡せば白髪のジジババだらけだった

    最後のシーンでもっていかれた

    大好物のナビスコ リッツ チーズサンドを買って映画館に入ったけど見入って1枚も食べてない

    2回目はあんまり見たくない、でも1回は絶対見ときたい。そんな映画でした

    踏み絵のシーンとかは期間内に教科書の内容を終わらることを目的とする学校のクソみたいな授業よりも頭にも心にも残った

    アンドリューガーフィールドはアメリカ人やと思ってたからcan'tをイギリス英語のカーントって言ってたの違和感あったけどアメリカ出身のイギリス俳優なんやな

    EXILE AKIRAと小松菜奈目当てだったがいい作品に出会えた

    神は沈黙を続ける
    hotamilk
    hotamilkの感想・レビュー
    2017/03/21
    3.8
    原作、遠藤周作が好きでどうしても見ておきたかった。
    いつか映像化するのかな、いや、映像化するのは(監督に)勇気がいるよなぁ…。とずっと思っていたので、この作品に真摯に向き合い、メッセージを届けてくれた監督と俳優陣、スタッフに本当に感謝。

    日本人が見て全く違和感のない日本の描写と窪塚洋介の演技力が特に素晴らしかった。

    宗教であったり、考え方であったり…自分の信じているものをもう一回見直す、考えるきっかけとなる映画だと思います。
    Theよこやま
    Theよこやまの感想・レビュー
    2017/03/21
    4.5
    この映画がアカデミー賞レース系にかすりもしないところに闇を感じる
    はま
    はまの感想・レビュー
    2017/03/21
    4.2

    まず遠藤周作の『沈黙』を知らない人があまりにも多くて驚愕……。中二病ってやつで一時的に読書に傾倒する時期を経験した人も多いと思うけど、太宰治読んで分かったような気になってるなら遠藤周作ぐらい読んどこうぜまじで(私は太宰治の大ファンです)。

    それと!これだけは言いたいんだけど!!!この『沈黙』ってタイトルから想像して、主題を勘違いしてる人多いと思うけど、「神が沈黙してる」って意味じゃないんだよ……!!!(最初は「日向の匂い」のはずだったしね。)

    それがちゃんと映画の中で描かれていたのにがっつりなかったことにしてる人ばかりで悲しくなった。ロドリゴしっかりと2回も神の声聞いてるじゃん……。神の沈黙という声に耳を傾けているんだよ……。

    原作とこの映画自体はとても素晴らしかったんだけど、受け手である私たち現代日本人は教養としてもうちょっと宗教についての知識を身につけた方がいいのでは、と結構真剣に不安な気持ちになりました。


    まあ個人的には宗教とその弾圧を通して、人が何かを信じるっていうのはどういうことなんだろうね?というもっと抽象的で根本的なことを考えさせられました。そのリードとしてキチジローという弱さ故に「棄教」を繰り返しながらも結局は信仰を棄てられないキャラクターが登場するわけで。


    だから終盤でキチジローが首からかけてる袋に聖人のメダイを隠し持ってるのがバレるシーンについてもっと何か言う人がいてもいいのにと思う。なんなら遠藤周作とスコセッシの生い立ちとか調べてもらうと分かるけど、遠藤周作が描きたかったテーマはここに詰まっているし、だからこそスコセッシが一番描きたかったシーンなんだろうなと思う。あんな切ないのにロドリゴは一切の静の表情であるところがもう……。


    あとは日本人が観ても一切違和感がないように撮ったスコセッシの仕事ぶりと、日本のキャスト陣だと窪塚洋介はもちろんイッセー緒方、塚本晋也の二人には本当に脱帽でした。