沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/02/04
    4.0
    元の小説は高1か中3の国語の授業で読んだので、細部は覚えてないけど結末は覚えてるくらいの感じで見た。

    そして、やっぱり原作がすごい話だなと改めて実感した。日本人の特性や、信仰を持つことであったりについて、物語を通して深く問いかけてくるし、向き合わされる。

    その原作が持ってるメッセージを、世界観を壊さずにしっかり映像化して伝えているということにおいて、何の文句もない素晴らしい作品

    文句があるとすれば日本での撮影許可が降りなかったこと。台湾のロケーションは素晴らしいけど、日本が舞台の映画で撮影許可降りないのはどうにかしてほしい、偉い人!
    Hikaru
    Hikaruの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    なぜ人は虐げられるのか。

    神は沈黙を続ける。

    我々はどこへ救いの手を求めればいいのか。

    フィクションではあるが実際にこのようなことがあったのは歴史にある。

    そして今もどこか他の国で虐げられる人がいるのも事実。

    巨匠マーティン・スコセッシは音楽を排除し虫や波、自然の音を入れることで我々をスクリーンに放り込む。





    ※リーアム・ニーソンがジェダイの格好してて笑った笑。
    山
    の感想・レビュー
    16時間
    4.3
    終わった後何の感情からか分からないけれどしばらく涙が止まらなかった 信仰と人の心の話 抑圧された時代の重さが伝わってきました
    航
    の感想・レビュー
    20時間
    4.0
    キリスト教弾圧の歴史。拷問がここまで酷いとは。マーティン・スコセッシ監督だが、日本の風土、自然、雰囲気を驚くほどに捉えていました。重いけど、いい映画でした。
    空飛ぶ海豚
    空飛ぶ海豚の感想・レビュー
    1日
    3.5
    奉行様の、キリスト教を否定しているのではなく、この国で変化した。という的を得た意見が、各所で見られる、宗教問題の根本のような気がした。
    まるるん
    まるるんの感想・レビュー
    1日
    3.8
    気が重くなる。リピートはしないと思いますが、時代の厳しさが、ひしひしと肌に伝わってくる素晴らしい作品でした。
    mayu
    mayuの感想・レビュー
    1日
    2.7
    高校の頃、国語の教科書に載ってたのか、おぼろげながらキチジローを覚えていた。また、読み直しても良いかもしれない。
    一切の音楽がなかったのが、印象的。
    AkaiKitsune
    AkaiKitsuneの感想・レビュー
    1日
    1.8
    遠い昔に原作小説を読んだとき、穴吊りの描写のあまりの陰惨さに心に深い傷を負った。

    そのため、この映画ではじめて映像として穴吊りを観たとき、あまりにもその地味でチープなビジュアルに愕然とした。

    与える肉体的精神的ダメージと比較して、この中学生のイジメのようなくだらないインパクトのなさはなんだろう。

    踏み絵もあまりにも地味。この作業に意味を見出し、頑なに拒んだ人たちの感受性の強さ、ナイーブさに驚いた。

    キチジローのような人間が、本当に強い人間のように自分には思える。生きる続けるためには、なりふりを構わない姿勢が潔く感じた。
    MarkAKG
    MarkAKGの感想・レビュー
    1日
    4.0
    観るだけで苦行。 とにかく演出と演者が凄まじい。 一度は観るべし。 特にキリスト教や形でも十字架のアクセサリーを付けてるならば。
    >|