沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.0
元の小説は高1か中3の国語の授業で読んだので、細部は覚えてないけど結末は覚えてるくらいの感じで見た。

そして、やっぱり原作がすごい話だなと改めて実感した。日本人の特性や、信仰を持つことであったりについて、物語を通して深く問いかけてくるし、向き合わされる。

その原作が持ってるメッセージを、世界観を壊さずにしっかり映像化して伝えているということにおいて、何の文句もない素晴らしい作品

文句があるとすれば日本での撮影許可が降りなかったこと。台湾のロケーションは素晴らしいけど、日本が舞台の映画で撮影許可降りないのはどうにかしてほしい、偉い人!
naveo

naveoの感想・評価

4.0
原作未読
初めて英語で外人と話せるワクワク感無しに皆スムーズに英語話すのcoolすぎる
宗教が生まれ、広まるうちにその本質が消えていく。仏教にしてもキリスト教にしても日本に広まるまでに大きく変わっていく。そもそも神父もその本質を知らない。宗教は基本そういうもの。誰も本質を掴んでないのに形だけがある。アンドリューガーフィールドは最後本質に辿り着く。
色々悩んで間違った選択もした挙句こんな人生になってこんな感じに悟りましたチャンチャン的な話ではアマデウス観たあとのウワーー深イイ話みたいな感動があってgood
急に理解る!の感覚。初めて本質が掴めたというその瞬間、みたいなのがある作品、フラニーとゾーイーラスト、ねじまき鳥の間宮中尉を思い出す。
なんでもいいからすがれるものが必要なだけで、どの宗教でも良いんだろうって冷めた目で見てしまうけど、神いないかもと疑いながらもそれでも信じるという姿勢で信仰しているのを見るとちょっと感動する
こういうエリエリレマサバクタニ問題の他に悪人正機説(キチジロー窪塚のような人こそこそ救われるべきでは?問題)とか、そもそも日本にキリスト教は根付くのか問題とか、布教の善悪問題とか扱ってるテーマがめちゃめちゃ多い。
布教の善悪、良いものだから、正しいものだから人に勧めるのは正しいのか否か。現在の日本でのカルト宗教の布教は悪で、アンドリューガーフィールドの布教は善なのか。仏教とうまくバランスとってた日本に、正しいものとしてキリスト教を持ち込んで不幸が生まれた。良いものが良い結果を生むとは限らない。
ウルフオブウォールストリート>沈黙>>タクシードライバー>>グッドフェローズ
宗教ってのはね
bluemonday

bluemondayの感想・評価

3.5
超ヘビーな映画。
勉強だと思って観よう。
ご飯

ご飯の感想・評価

4.2
途中で手つけたまま放置してました
テーマが重いからそう簡単には見られないな〜と、心の準備的な面でもね…
「誰もが正しく、誰もが間違っている」
特典映像のガーフィールドさんの言葉、私の中ですごくしっくりきました
視点から言えば海外から見た日本ではあっても、原作遠藤周作ということもあり日本の本質のようなものも感じられました
ただちょっとラストの演出が好みではない
チュン

チュンの感想・評価

3.1

弱い者の居場所はどこに?


神はどれだけ問いかけようが、どれだけ祈ろうが沈黙を守った。
こういう人たちを見ると悲しくなりますね。なにかにすがりつきたい位辛い日常で夢のような嘘にすがりつく、、、見たこともましてや声すらも聞いたこともない【神】を信じてそれに命すら捧げるなんてなんて悲しいんだろう。しかも神ですらない、神父のため?もっと救われない。
どんな国にも色んな【神】がいることが不思議でしょうがない。人が作り出したそんな脚本に傷つけ合い、殺し合い騙し合い、、正直本気でバカなんじゃないの?と言いたいです。全て人間が頭の中で作り出した物語ですよ、そんなことに命を奪い合うなんてホント怖くてしょうがないです。
それにしてもこの監督日本のことがよくわかってると思いました。「SAMURAI」「GEISHA」言ってアートぶってる監督とは大違い、日本人が作る時代劇並みに日本を描いている。
この映画が奇跡が起こったり、「信じれば救われる」という考えではないところがよかった。
沈黙、、、なんて悲しいんでしょう命をかけて信じても答えが沈黙なんて、、
昔学生の頃、原作を読んだ。でも忘れた。パードレとコンヒサンだけは覚えていた。長い!自分に置き換えるととても直視はできない。カイロ レンにしか見えない。気の利いたコメントも書けないくらい、胸が締め付けられる。弾圧って何だ。当時の日本人は本当にあんなに英語が喋れたのか、、、、
kaku

kakuの感想・評価

4.1
あーまたすっごい重い話。
無宗教の私には酷い拷問されて殺されると分かってても踏み絵を踏まないことが分からない。
だってただキリストの絵を踏めばいいのに!
でも観ているとどおしても踏めないその当時のキリスト教信者の気持ちも理解出来るのがこの映画の凄いところ。
そして俳優さん達の演技がすごい。
日本の俳優さん達もすごい。
観ていて引き込まれました。
>|