沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

4.0
"キリシタンの弾圧"という重いテーマに約3時間の大作でしたが、ストーリーにぐいぐい引き込まれ、最後まで飽きることなく見られました。

ハリウッド映画にありがちな日本の奇妙な描写など皆無で、どんなに入念に調べ上げられ、綿密に研究されたかが伺われます。
日本人俳優達も素晴らしく、窪塚洋介の熱演はもちろん、イッセー尾形の怪演は表情・間の一つ一つが天才的でした。

タイトル通り、全編を通して挿入音楽はなく、タイトルロールもエンディングも自然の音が効果的に使われていました。

「人間が こんなに 哀しいのに 主よ 海があまりに 碧(あお)いのです」とは、原作者・遠藤周作の言葉ですが、人間が哀しくても、幸せでも、海は変わらずに碧く美しい。
自然はただそこにあり、神は沈黙と共にそこにいるのかもしれません。
遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の本作、
なにか凄い映画を観てしまった気がする。
厳しいキリスト教弾圧下の日本で、師である宣教師フェレイラが棄教(信仰する宗教を棄てる)したと伝え聞いた2人の神父。
師の消息を追い、日本に密航した神父ロドリゴを中心に描いた物語。
まずこの時代の日本で、キリシタンや宣教師にこれほどまでに残酷で無慈悲な拷問、処刑が行われていたということが非常にショッキングだ。(劇中の拷問は実際に行われていたものらしい)
踏み絵は学校で習った記憶があるが、ここまで残酷な拷問が行われていたとは・・・
この映画ではその残酷さを過度な映画的演出をせずに包み隠さず描いている。
日本で棄教してしまったと伝えられる宣教師フェレイラ、
その真相を追うべく日本に来たガルペ神父とロドリゴ神父、
弾圧を恐れながら信仰を続ける隠れキリシタン達、
弾圧の指揮をとる奉行、井上、
信仰と生存、罪の間でもがくキチジロー、
ロドリゴに棄教を促す通辞、
それぞれの立場や信念、正義、悪、守るべきものとは・・・
宗教や信仰、それがもたらすもの、人間の業、
様々な事を深く考えさせる映画だと思います。
主演のアンドリュー・ガーフィールドの演技も良かったが、
長崎奉行井上を演じたイッセー尾形の存在感が凄い。
無宗教の日本人である私にとっても衝撃的な映画だったが、クリスチャンがこの映画をどう受け止めるのか想像もできない。
最後に、リーアム・ニーソンが演じたクリストヴァン・フェレイラは実在の人物だそうです。
ネタバレになる部分もあるかとも思うので、映画を観終わったあとこの人物を調べてみてはいかがでしょうか?
この物語の核にもなる非常に興味深い人物です。
鮫島

鮫島の感想・評価

3.5
ちなみに 私は
無神論者なので
神を 信じていませんが
都合の良い時だけ
神頼みをします

どんだけー
一葉

一葉の感想・評価

4.0
他人のために形だけでも棄教する、全然ありだと思うのは、メジャーではないのかもしれない。
kohta

kohtaの感想・評価

-
寝てしまったから必ずもう一度見る
NAOKI

NAOKIの感想・評価

4.0
真理とは。正義とは。
がひ

がひの感想・評価

4.0
観るべき映画。
信念の貫き方、何が正しいのか、間違っているのか。

なぜ直接答えをくれない神を信じるのか。神の声は誰の声なのか。

日本人の宗教は自然の中にある。

サムライが英語ペラペラしゃべるw
SORA

SORAの感想・評価

3.3
マジでエンタメ性ゼロ過ぎて清々しかったね笑
とりあえず外国人監督が描く日本の描写としては凄いよく出来てたと思う。
キャストも豪華すぎて見応え凄かった!

人間の意思の強さと醜さと両極端を描いててちょっと頭クラクラする。
詳しくは知らないけどほんとに幕府の一方的な迫害だったんだろうか?
キリスト教の方ももう少し歩み寄って平和的に解決できなかったのか?個人的には彼等が少し蹂躙者に見えた。いくら神を信じてても自分だけを正しいと思い込むのは危険だよね。
サエ

サエの感想・評価

-
" 考えさせられた "とか軽々しく言いたくないな
気がついたら勝手に涙が溢れ出てきていた
>|