沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

4.0
"キリシタンの弾圧"という重いテーマに約3時間の大作でしたが、ストーリーにぐいぐい引き込まれ、最後まで飽きることなく見られました。

ハリウッド映画にありがちな日本の奇妙な描写など皆無で、どんなに入念に調べ上げられ、綿密に研究されたかが伺われます。
日本人俳優達も素晴らしく、窪塚洋介の熱演はもちろん、イッセー尾形の怪演は表情・間の一つ一つが天才的でした。

タイトル通り、全編を通して挿入音楽はなく、タイトルロールもエンディングも自然の音が効果的に使われていました。

「人間が こんなに 哀しいのに 主よ 海があまりに 碧(あお)いのです」とは、原作者・遠藤周作の言葉ですが、人間が哀しくても、幸せでも、海は変わらずに碧く美しい。
自然はただそこにあり、神は沈黙と共にそこにいるのかもしれません。
キリスト教徒は、あの場面で棄教しないだろう。しかしキリストは棄教するだろう。なぜならキリストはキリストであってキリスト教徒ではないからだ。これが、この映画に対する私の感想のすべてである。ここから下は、読む必要などまったくない。

この映画、日本描写がとても優れていた。昔の日本なんてロクなもんじゃねえ。いやまじで。「古き良き昔の日本」とやらに住みたい奴は、この映画に描かれたムラ社会でがんじがらめになればいいわ。俺は田んぼよりパソコンがあったほうが嬉しいし、殿様に土下座しなくていいほうが好きだし、まわりの村人たちに超気を遣って生きるのは嫌だ。

ところで、この映画に音楽は一切ない。すごくいい。自然音が映画音楽になっている。

主人公の二人はポルトガルからきたイエズス会宣教師。出演はアンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、浅野忠信、塚本信也、イッセイ尾形。

この映画を、正義や真理を振りかざす男がみんなに迷惑をかける話だというふうに解釈してるやつはマジで「真理」っていう言葉の、西洋人が使う場合の意味を理解していないと思う。(この文は俺が真理があると信じていることは全く意味していない。)

絵踏みをするときにいちいちロドリゴ神父を見る日本人たちの演出がマジで素晴らしい。みんなキリスト教のためじゃなくてロドリゴ神父のために死んでるんだよね。


フェレイラ神父がいう「日本にはキリスト教は根付かねえ説」の真偽は俺には分かりかねるが、少なくとも、概念的に分節された思考自体は訓練次第で誰にでも身に着くと思うよ。そのうえで真理とか神とか正義とか、抽象度の高い話も上手く扱えるようになっていくと思うよ。

キリスト教が日本に上手く根付かない理由は、少なくとも、日本人が抽象度の高い思考が出来ないからではないっすわ。


てか、抽象度が高過ぎるのもマジで問題あると思いますよ。神とかうさんくせぇじゃん。むしろ、そういうのに日本人は敏感だからじゃね?
TomoyaUeki

TomoyaUekiの感想・評価

4.0
人間の葛藤を映画にすることは、映画としての第一条件だと思いますが、それゆえにとても難しいんだなと思います。特に「信仰心」という、他者との関係性とはとりあえず距離を置いた、自己の内面で働く感情であれば、なおさらです。

迫害を受け、苦しむ隠れキリシタン達の叫びに、なぜ神は答えないのでしょうか。なぜ、沈黙を貫き通されるのでしょうか。これは、本作を貫くテーマです。

この疑問に対する答えは、神を「全知全能の神」ではなく、私たちと同じ「人間」として再発見する必要があるんだと思います。

人間は、ともすれば神に対して、実用的なことばかりを求めます。本作では描写されていませんでしたが、病気を治してほしい、餓えから救ってほしい、などといった具合です。

しかし、苦しむ隠れキリシタン達を救ってほしい、と願うことは、病気や餓えから救ってほしいと願うことと、あまり違いはないんじゃないかと思います。神は、そのような実際的な問題に対して力を発揮するほど、全知全能ではありません。また、これは作中でも少し言及されていましたが、形あるモノを身に付けるだけで、簡単に救いを得られるような類のものでもありません。

そうした無理解は、やがて絶望を生みます。キリシタン同士での軋轢も生みます。求めたことに対する結果が得られなければ誰でも落胆するものです。

そうではなく、神は私たちと同じ「人間」であると知ること、正確にいえば、私たち全ての苦しみを背負うことで誰よりも悲惨な最期を遂げたがゆえに、誰よりも私たちの苦しみを一番に分かってくれる存在であると知ること、それこそが、キリスト教の本質なのではないかと思います。

こうした葛藤と、理解に至るまでの感情の揺らぎを映画で表現するのは、一筋縄ではいかないと思います。本作では、まさに天啓ともいうべき手段によって、主人公のロドリゴ神父を理解へと至らしめますが、これはあまり良くないと思いました。どちらかといえば小説のやり方で、映画では好ましくないと思います。

唯一、キチジローという存在が、彼に道理を悟らせることのできる人間だったように思いますが、演じる窪塚洋介にキチジローらしからぬ、強い目力が宿っていて、棄教を繰り返しながらも信仰心は捨てない、弱くて強い、そんなアンビバレントな人間味はあまり感じられませんでした。

また、もっと描いてもよかったのになと思う点もあります。作中で「日本は沼だ、キリスト教の種は育たない」と指摘されていましたが、日本ではどうしても、一神教は馴染みません。

よく「日本人は宗教に疎い」と言われます。それには過去の宗教絡みの凄惨な事件に対する反動も多分に含まれていますが、正確にいえば、もともとは日本は神道と仏教の習合で、さらにその前は、周囲の自然すべてが神さま、いわゆる「八百万の神」を畏敬するアニミズム信仰でした。大陸から輸入した仏教の神さまも、日本古来の神さまと習合してしまうお国柄ですから、キリスト教の神さまだって容易に習合され、本来とは異なる形で信仰されたしても不思議ではないどころか、実際そのように歪められて信仰されていたのだと思います。

そのあたりの背景を、もう少し描いてほしかったです。まぁ、それらしき描写もあるにはありましたが、やはり軸となるテーマは、キリスト教の信仰と棄教でした。日本人でさえ忘れかけている宗教観を、アメリカの映画監督に掘り下げて欲しかったといえば、それはそれでかなり贅沢な意見だとは思いますが。
ayubit

ayubitの感想・評価

3.0
宗教とか信仰心って何?な私が見ると、なぜそこまでするのか理解ができず、長く感じた。実際長いし。
ただ、他のキリスト教万歳映画よりは、日本の宗教感なども描かれていて、そこは良かった。
サウザ

サウザの感想・評価

2.3
布教とか傲慢
mutty

muttyの感想・評価

-
沈黙。
沈黙は金という言葉。

キリシタン弾圧に揺れる長崎。

日本に辿り着いた外国人宣教師たちは何をしたか。何ができたのか。何を伝えたかったのか。

アンドリューガーフィールドの演技には泣かされた。

残酷な処刑、拷問、繰り返される疑心暗鬼。

それでも人は信じるものを見出した時に強くなれる。

天国とはどこにあるのか。

日本ではキリスト教よりも仏教の方が根付いているけれど、
もしもあの時、踏み絵が無かったら、今の日本はまた違う日本になっていたかもしれない。

現代社会の勢力図も異なっていたかも。
ちかミ

ちかミの感想・評価

5.0
このご時世に愛と信仰について考えさせる作品。素晴らしいです。
音、映像、役者どれも良いので3時間弱を飽きること無く観れました。
イッセー尾形がとっても良かった! 

自分の頭の中の枠のみでしか教えを聞けない卑怯で愚かな農民達。宗教にすがらないと堪え難い現実があるのだろうが、現世利欲のためだけの信仰とは。

何度も裏切り何度も赦しを乞うキチジロー。しかし彼が唯一己の信仰と正面から向き合っている。

拷問され人が殺されるとも宗教を放棄できない恐ろしさ。あれだけ追いつめられやっと自身が信仰と向き合い葛藤する神父。

その愚かさとかたくなさ、浅はかさ、日本の神に対する概念、そのすべてを客観的に見ている幕府の井上と通訳。

超現実主義な私に宗教は今のところ無用ですが、信じることはとても気持ちがイイことなので、何かに盲信してしまわないように勉強しよー☆と思いました☆
カオ

カオの感想・評価

-

なんか最近の作品でよく見る、知り合いが知らないうちにヒト殺してました的な、
絶対的な存在が罪を犯してて、でもそれを指摘することができなくて、どんどんどん追い込まれていって最後にやっと警察に突き出したはしたけど…みたいな

信じるって怖いなあ
なんか底なし沼に浸かるというか
薬物依存というか
悪い男に引っかかるとか

なかなか離してくれないし、話そうとしないようにしてくるくせに知らんぷりみたいな
ゴン

ゴンの感想・評価

4.0
大学の授業の題材になってしまい、甚だしくネタバレしている状態で鑑賞。丸腰でみてたらよく分からなかったかもなので、結果としては良かった。
結局これは、宗教の価値がどこに置かれるのかが問題なのだな。ロドリゴが多くのキリシタンの心を救い、「自分が有用であると感じた」と手紙に綴るわけだけど、どんなに信仰に則って生きてきた人でも自分の行為が有用なのか無用なのかは結構大事なんやな、ってその時点で感じる。
で、もしかしたらこれがガルペの一人称視点だったらまた違ったかもしれない。ガルペは信仰に対してわりと頑なで一直線。ロドリゴの葛藤とはまた違ったものがあった気がする。
今の宗教観でも、日本に根付いてる宗教はかなり日本のニーズにフレキシブルに対応してる事実があるわけで。何百年も前に定着した仏教とかは宗教者の葛藤も少なそうだけど、比較的最近入ってきたキリスト教諸派とかは牧師や司祭も複雑そう。でも、社会の中で受け入れられるために、有用性を生み出すためには形を変えることは必要なんだろな。
なんとなく、宗教は自分の中の真理として持つぶんには良いけど、人間世界に通底する真理として構えると否応無く歪みが生じるよねっていう当たり前体操な感想で締めくくりたい。全然映画の感想になっていない。
>|