沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
周りがまじで年配の方しかいなくてびっくりしたけどこの作品、凄くよかった。
冒頭からの雰囲気づくりが素晴らしく一気に引き込まれた。ひぐらしの鳴き声など自然音の使い方が秀逸。構図にもセンスを感じた。何故か邦画以上に日本人俳優の良さが引き立っていて、イッセー尾形さん演じる井上筑後守は特に輝いていた。

信仰とはなんなのか。あまりこの言葉は使いたくないけど、確かに「考えさせられる映画」だった。自分の中で解決はしていない。いつの時代でも本当はどちらが正しいでもない。内容に関して多くの言葉が出て来ないのが悔しいが宗教を学びたいと思った。
相当な気合いを入れて見なければこの作品の本質は理解できないと思う。残念ながら私もその中の一人。ただ映像やカットは綺麗で、教科書では伝わることのない踏み絵の現実や、信教心について知ることのできる日本人なら見ておくべき作品だと思う。160分の大作のため休憩を挟むことをおすすめする。
http://naminonamimatsu.hatenablog.com/entry/2017/01/29/161407
2017.01.29.

マーティンスコセッシ待望の映画化

宗教を題材とした、小説として世界的に有名な遠藤周作の「沈黙」

主への忠誠を近い、布教啓蒙を行うほど
自分によくしてくれる人やその家族までが迫害を受け、殺されるのを
目の当たりにし、苦しむ人を救うためのに説いている教えで
目の前の人が苦しむ

この無限の葛藤の中で、人はどう行動し、何を貫くのか

自分が何を信じ、誰のために、何をするのか

日本人俳優の名演も含め、素晴らしかった!

最後の終わり方は賛否あり!(笑)
日本における宗教の果たす役割とは何か、考えさせられる名作。
つまり踏んだらどうなると思っているの?
キリストの絵が怖い。窪塚さんが良い。中弛みこそなかったけど長い…
終始宣教師側の立場で描かれていたけど、井上さんが出てきてから日本側も見せられてて良かった。心の信仰を赦す代わりに広めず、形式を守れ、というのは酷な事だけど、キリスト教という海外のコミュニティが政治的な力をもつ事を恐れたというのが井上さんの言う日本の嫁を…の話だと思う。
Gensan

Gensanの感想・評価

4.2
重い映画 画面構成はさすが
この時の日本人が異様に英語に堪能なのがどうだったんだろうと思ったが、そこは、映画として割り切るか
小田切

小田切の感想・評価

4.7
傑作。
けどやはり歴史を踏まえた創作でありエンタメであるとも感じる。もちらん心を動かされまくる趣のであるのだが、、、そこがスコセッシ!!
ガーフィールド君も、アダムドライバーもスパイダーマンじゃなくカイロレンでなくこの作品が至高のキャリアであると思う。
日本の歴史であり日本が舞台である事に贔屓目はあるものの、いづれにせよ。
傑作。
>|