沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
周りがまじで年配の方しかいなくてびっくりしたけどこの作品、凄くよかった。
冒頭からの雰囲気づくりが素晴らしく一気に引き込まれた。ひぐらしの鳴き声など自然音の使い方が秀逸。構図にもセンスを感じた。何故か邦画以上に日本人俳優の良さが引き立っていて、イッセー尾形さん演じる井上筑後守は特に輝いていた。

信仰とはなんなのか。あまりこの言葉は使いたくないけど、確かに「考えさせられる映画」だった。自分の中で解決はしていない。いつの時代でも本当はどちらが正しいでもない。内容に関して多くの言葉が出て来ないのが悔しいが宗教を学びたいと思った。
めめめ

めめめの感想・評価

3.7
無宗教の自分からすると「宗教弾圧って怖い」よりも「命かかってるのに絵の1つも踏めないなんて怖い」のが強かった。
「心の内の信仰よりも形に囚わるのはよくない」みたいな表現も出てきたし、日本の宗教弾圧が愚かだったことの批判というより、「宗教は心の中で信じるのは自由だけどそれで血を流しちゃいけないよ」というメッセージだと思いたい。

このレビューはネタバレを含みます

そこに信仰があるかぎり神は見守っているのだ。
臍

臍の感想・評価

5.0
うーん、切ない。
無宗教な俺からしたら、居るかどうかも解らないし助けてもくれない(沈黙する)神の為に命張って布教・信仰する意図がわからん。

結局、日本に寝返った神父と、ずっと側にいたお侍さんの発言が1番正しい。
宗教なんて真理探求の一つのプロセスでしかないし、どの宗教とっても根本は大して変わらん。なのに変に「救われる」とか証明の難しい文言入れるから破綻するし、逆に利権に囚われる。
だから神は沈黙するんだよ。

…と沼育ちが申しております。

まぁ、宗教で救われる人も不幸になる人も戦争する人も多種多様に大勢いるのがこの世の事実だから、何事もケースバイケースでのらりくらりいこうや。それが長生きの秘訣やで。
misuya

misuyaの感想・評価

3.0
冒頭パードレ達が日本に渡ることになって映った街並みを見て「出た!またやりおったな中華と和の混同」と思ったけどあぁ勘違い。まじな中国でした。トランジットね。
セットはちゃんと時代劇風だし、日本人の役も日本人俳優が演じているのでストーリーに没頭出来た。
宗教がらみのストーリーは他国の方々と見方が違ってしまうんだろうなと常々思っていたがそこまで何かを信じる力って何だろう。わしにはない。
キチジロウはユダなのか?
俳優さん方の熱演は本当にすごかった。高山さんが出てきたときはビックリしたけど。
リーアムニーソンはスターウォーズのコスプレをしとるんやで。
ラストのじいさまの手作りロザリオにはグッと来た。
スタッフロールもロールしないし音楽も流れず自然の音。劇場で聴いたらくるものあったろうな。
GamKing

GamKingの感想・評価

3.9
ーーーー
Silence
ーーーー
神の沈黙をテーマに、キリスト教だけでなく宗教、神の存在、信仰の意義を教えてくれる作品であった。原作に忠実であり、楽しめるという言い方は良くないが、良かった。

率直にこの時代は意外と酷いなと思う。ホロコースト的な要素も含みつつ、人の裏の顔まで見えてしまい、日本人の下劣さが浮き彫りになる。日本人はそもそもパーソナルスペースを侵されるのを嫌うような気がする。今はようやく変わってきたと思うが、少し前までは日本の文化は日本の文化でしかなく、他文化をなかなか受け入れられなかったように思える。そんな日本において、キリスト教を広めようと遥々来日した彼らには尊敬の念を覚える。

よく私たちは、自分が不利になると「神様許してください」と思う。もちろん返答はない。この時代においてもそうだったのだと思う。神の導きのように思い、神が助けてくれるのを待つだけだったのだ。殉教する信者たちは決して間違ってはいないし、もちろん棄教した彼らも間違ってはいないのだと教えられる。ロドリゴは棄教を受け入れる勇気がなかった。キリスト教を絶対だと思い、神が何とかしてくれると信じたかったのだ。しかし、それは本当の信仰ではなかった。人々のために赦しを与える神の立場にいるかのように、まるでイエス・キリストと自分を重ね、彼の行動と同じようにしなければならないと思っていただけなのだ。ロドリゴが踏絵を踏むことを受け入れた時、そのことに気づく。受け入れることはある意味1つの決意であり、それはあくまで形に過ぎないのだと。神は常に私たちの側に居続けてくれて、一緒に苦しんでくれるのだ。何か解決策を運んでくれるのではなく、一緒に喜び、苦しみ、痛み、大きな心で包んでくれるのである。まさにこれはAmazing graceなのだ。
殉教した彼らにも、裏切ったキチジローにも、そして棄教した彼らにも神は常に一緒にいたのだと思う。それが作中の神のことばにも表れていると思う。ロドリゴは最後までそのことを忘れず、心で信仰していた。おそらくフェレイラもそうであったと思う。

それにしても、日本人みんな英語話せ過ぎなのでは?と思った。そんなに話せるのすごいなぁと感心。今よりも理解できている人が多いのかもしれないと思う。作品の長さを感じさせず、BGMがほとんどないながらも描写だけで表現できている映画であった。いい映画であると思うが、淡々と進むため、海外の人はもっと波があるような映画を好むと思うし、宗教に無関心な人には退屈なのかもしれないと思う。
久しぶりに途切れ途切れではなく、一気に見終えた映画。
パードレや信者、役人達との人間模様が絶妙に描かれている。
また、踏み絵ぐらいと思ってしまうが、それすら拒否して殺された人達。おそらく、その時代の背景も多いに影響があったのだろう(どうしようもない生活苦等)
ロケ地は台湾のようだか、風景も素晴らしかった。
三本足

三本足の感想・評価

2.0
16808/137

Step on your じーざす
踏む派と踏まない派の争い

もはや宗教など関係ない
これほどまでに
踏む踏まんに命をかけてまで
こだわった人達が かつて存在しただろうか
したから映画になったんだろうけど

あなたは踏んで
自分以外に何人救った!?
踏む派に寝返った
師匠に吐き捨てるが

実際 踏まないあんたのせいで
じゃんじゃん仲間殺されてるけどね

踏んだからといって
自分を否定するような教えってどうなん

極端
神に頼りすぎ 他力本願
宗教のやつって
何も自分で動かんくせにアドバイスするよな
上から物を言う
知ってるだけでいばるよな

死んでったあいつらは
神のために踏まなかったわけじゃなく
パードレを裏切れなかった
神ではなくパードレに助けを求めた

仏教は
野球部がサッカー部嫌いのと一緒かな
坊主やからロン毛うらやましいんだろな

イノウエの話はわかりやすい
イッセー尾形すげえ

ミニロザリオ いいね

キリストや仏陀は
ドリカムとか安室とかエグザイルとかってことやな
お祭りはコンサートやライブ
参道はグッズ販売
ファン増やそうと地方公演やってたら
禁止区域だった

皆役作りすげえ


パードレ
フェレイラ沢野忠庵

ガルペ
フランシス

キチジロー

イチゾウ
モキチ

チョウキチ
ハル

デウスさま


あなたがたがくるまでこれがすべてでした
モキチのロザリオ

あなたの進行は私に強さを与えてくれる
教える側もまた教わる身だな

神は試練をあたえる
なぜここまでくるしめる
私の言葉はよわよわしいのしかない
この沈黙をどう解釈すれば

焼き魚をそんなにがっつくと
熱くないてことやん

パードレを売ったキチジローは
神は許してくれるかと
連れ去られる背中に問うたら
おまえも切支丹かーいてなるやろ

実話かなんかしらんけど
日本の信徒に捧げるて
どゆことなんやろ

風と雨音とカエルの鳴き声 遠くで雷がなってる

長崎また行こう
西野司

西野司の感想・評価

3.9
キチジローやりすぎだろ
>|