沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
周りがまじで年配の方しかいなくてびっくりしたけどこの作品、凄くよかった。
冒頭からの雰囲気づくりが素晴らしく一気に引き込まれた。ひぐらしの鳴き声など自然音の使い方が秀逸。構図にもセンスを感じた。何故か邦画以上に日本人俳優の良さが引き立っていて、イッセー尾形さん演じる井上筑後守は特に輝いていた。

信仰とはなんなのか。あまりこの言葉は使いたくないけど、確かに「考えさせられる映画」だった。自分の中で解決はしていない。いつの時代でも本当はどちらが正しいでもない。内容に関して多くの言葉が出て来ないのが悔しいが宗教を学びたいと思った。
重い…

これ、監督スコセッシなの?
キチジロー大事。キチジローで映画を観る感情左右してる。

けど胸に刺さらんかった。
Diamante

Diamanteの感想・評価

3.5
捨てた後に来る救い、妻との関係やラストで表していたものは全体ではなくて個別崇拝。
それが正解のように思えるし個人の突出が混沌を生んでいるのもあり、ユダの意味や沈黙への答え等、解釈が難しいが、ラストの数分間はスコセッシ節が見えました。
原作と日本版も観たくなりました。
恭介

恭介の感想・評価

4.2
観始めて30分ほどで自分は

あ、この作品は「映画」として観よう
と思った。

現実にあった歴史の出来事をベースにした
小説の映画化、ではなくあくまでも
ゼロから創造されたフィクションとして観ようと。

でないと、なぜキリシタンがあそこまで弾圧されるようになったのか?
そして今現在、なぜ、世界は宗教の違いによって争いを起こし、多数の死傷者をだしているのか?神の使いと言われる人達が、私利私欲の為に無垢な魂をいたぶる行為をしているのか?(映画スポットライト参照)
等、考えだしたら・・・そんな経緯や背景、現状を抜きにすると、ただのキリスト教の啓蒙映画にしか見えない。

フィクションとして観た結果、約2時間40分、食い入るように観ていた。宗教とは?信仰とは?神とは?
人は何故、目に見えないもの、触れられないもの、対話のできないものに対して崇め、敬い、そして恐れを抱くのか?

アンドリュー演じる司祭の信仰心が、周りの真の信仰心を持っている人々が次々と殺されていく事で徐々に揺らぎ、苦悩する姿にこちらの胸も締め付けられる。

そして司祭と同じように
なぜ、あなたは沈黙したままなのか?
と、画面に向かって問いかけてしまう。

しかし、唐突に神は沈黙を破る。
その声は神なのか?それとも司祭の心の声
なのか?

そしてレビューを書いていて思った。やたら、はてなマークが多い(笑)
これがこの映画を観た自分の正直な気持ちなのかもしれない。
キリシタン迫害の蛮行は許されるもんじゃない。しかし、自分達の宗教観以外の考え方は認めないという姿勢もどうなんだ?

あぁぁ分からない(笑)

とにかく!長い上映時間にも関わらず、役者さん達の熱演のお陰で全く飽きずに鑑賞出来た。
そう言えばアンドリュー、ハクソーリッジでも宗教的な信念を貫き通す人物を熱演してたなぁ。

皮肉でもなんでもなく、見応えのあるいい映画だった。
haruka

harukaの感想・評価

1.0
長すぎ
もうめ

もうめの感想・評価

3.5
拷問に苦しむ切支丹を見てもなぜキリストは沈黙したままなの?というテーマ。
日本で撮ると高いからって台湾で撮影したらしいけど、当時の日本が良い感じに再現されてて凄かった。
切支丹が弾圧されたのは日本人を奴隷として輸出する事に宣教師が絡んでたり、日本の大切な神社仏閣を破壊してしまったからなんだけど。そこを描いてないのは原作に忠実なのかな?まぁ、単純な美談ではないっつー事。
もちろん、南蛮の武器や文化などいい事もたくさん齎したけど。
キリ教に限らず、自分が信じる宗教を大切にするなら異教徒を否定するなんて事しちゃいけないね。バチが当たるよぉ
KevinSmith

KevinSmithの感想・評価

4.4
人は何のために信仰を続けるのか?そもそも信仰とは?救いとは?信念とは?宗教とは?愛とは…?
無宗教であるからこそ考えさせられるものがあった。
T

Tの感想・評価

3.6
原作に忠実
F

Fの感想・評価

3.0
ポルトガル人の宣教師ロドリゴは、日本に渡って布教活動をしていた師と仰ぐ宣教師が棄教したという知らせを受け、日本へと向かうことを決意する。
途中で出会ったキチジローの案内で長崎に着港。江戸時代初期のキリシタン弾圧が厳しい状況の日本で、ロドリゴは自身の信仰心と対峙していくことになる。

この作品を通して一番強く感じたことは、なぜここまで信仰心が強いのか
自分の考え方や価値観では理解できなかった故、信仰を貫く人々に対し、違和感を感じました。
キチジローの方がよっぽど人間らしく、自分と近いようで親近感がありました。
また、最後のシーンで棄教したと思われたロドリゴが、棺桶の中で実は十字架を握っていたのを見てハッとしました。
棄教した後のロドリゴは、ナレーションで自分のことではないように語られていましたが、最後まで信仰心は捨てていなかったということなのでしょうか?
棄教した後、神を信じることはなくなったのになぜ、十字架を手に最期を迎えたのか
>|