沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

形式に囚われるなということ
を教えてくれているように感じた

個人にとっての真理は自分の心の中にあれば良い

キチジローのように踏み絵を何度も踏んでも信仰は捨てない

ロドリゴもそれを悟ったのか

キチジローの家族が焼かれるシーンや、海に放り込まれる人を追うガルペを引き止めようとロドリゴが叫ぶシーンはグッときた
解釈が難しい原作をここまで仕上げるのがスコセッシ。
さらに原作にない後日譚まで作り上げる。
感服。
terusuk

terusukの感想・評価

4.4
巨匠スコセッシが遠藤周作原作の映画化する権利を昔から所有していたことに驚き。

日本の潜伏キリシタン関連資産が今年世界遺産に登録された。
この作品はその、隠れキリシタンの生き様、死に様を克明に描く。
「転ぶ」と呼ばれる棄教する過程や、様々な拷問の様子、特にキチジローというキャラの一挙手一投足は心理劇として秀逸。

原作の穴吊をビジュアル化するとイマイチ凄惨さに欠ける。
これが契機になって転ぶので、もっと凄惨な撮り方でもよかったが、なにぶんリアリティ重視の作品なのでやむなし。

扱い難いテーマである、神の沈黙。
役者陣、監督の仕事は白眉。
年取ってからまた見ようかなと思わせる。
スナ

スナの感想・評価

4.5
2018/9/24 実在の人物をモデルにしているから説得力がすごい。終始しんどいが、観て良かった作品。「自然の中に信仰を見いだす日本人には、神という概念は根付かないのだ」という解釈はひとつ面白かった(2018/131)
ヨージ

ヨージの感想・評価

3.8
中学生の時に原作を読んで諦観というトラウマになったような気がして、その時の気持ちが蘇った。
ずっと重い
poohhtann

poohhtannの感想・評価

3.3
この作品は、
本で一度読んでいるので
内容はわかりますが
とにかく 司教の内面がとても揺れ動く作品で

そういう心情を映画で描くっていうのは
とても難しいだろうな、と思って見ました


やっぱり本を読んでる身としては
もっと神について悩んで、苦しんでる
描写が欲しいな、というのがありました。

ただ、当時の暮らしの様子や
刑罰の様子は、映像にするからこそ
リアリティが増すので
見る価値はあると思います
まる

まるの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後の踏み絵の場面…。悔しいようなむなしいような辛さが押し寄せてきた。宗教と日本人の国民性、歴史にここまで思いを馳せてこの作品を作り上げたスコセッシ監督にお礼が言いたいような不思議な気持ちになった。そしてBGMがなく、常に沈黙というテーマが寄り添っているのが素晴らしい演出だと思う。時たま挟まれる静寂もいい意味でこの映画を盛り上げていたと思う。

キリスト教の教育を12年受けてきて(わたしは信者ではないが多少人生観や宗教への考え方はキリスト教から影響を受けていると思う)、なんならこの沈黙の話の内容は事前に知っていたのだけれど映像で目にすると衝撃が大きかった。

宗教は信じる人にとっての心の支えと救いになっていることは間違いないのだけれど…宗教は権力と切っても切れない関係にあるため、キリスト教の本来の教義そのものも、歴史上統治や協会の存続に都合のよいように作り変えられてきている。キリスト教が権力に屈し権力の存続に利用された背景がある宗教である以上、異国に渡って弾圧を加えられても、自分の信じる教義だけが真だと思い信じることにこだわり続けて死んでいく人たちの命は誰のために捧げられたんだろう?と思えてしまう。

そして信仰を形式的に捨てた人たちも、心の根にはずっと信仰を持ち続けている。だから踏み絵をさせたり拷問して改宗させたりしても、権力の存続に都合の悪い思想の排除という、根本的な問題の解決にはなっていない。弾圧に耐える側も弾圧を加える側も、無駄な挑戦をしているように思われて…そして神は沈黙を貫いていて…見ていてとても辛かった。

ここからはバラバラと。最後の仏壇に手向けられた百合は、キリスト教ではマリアの心や清らかさを象徴し、大きな意味をもつ。本来は日本では仏壇に菊を捧げるけれどもあそこで百合が飾ってあった背景には、ロドリゴとロドリゴの妻の間にキリスト教が常にあったということなんだなと思った。先程信じることにこだわることのむなしさと難しさを少し書いてしまったけれど、深く信じることはそれだけ人の人生に根深く残り、その人の生き方そのものであるから、こだわらないでいようと思っても困難なものなんだろうなとも同時に思う。信仰をあまり持たない今の日本人にはわかりづらい感覚なのかな?

宗教を啓蒙しようと思うとある程度の教義や型を作らねばならないけれど、みんな自由に解釈し自由に頼りながら生きていけたら理想なんだろうな…難しい。

うまく感想がかけないけれど、無限に考えるフックを残してくれるような、学びの深い映画だった。
最後に…キチジローをどう考えるかは色々な人と話してみたい。
信仰心も乏しく無知な私には難しくエゴの戦いに感じました(・・;)

それとロドリゴとガルぺが何だかヒッチハイクで旅行にきた青年達にみえてのめり込んで観れなかった(^^;
>|