沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

形式に囚われるなということ
を教えてくれているように感じた

個人にとっての真理は自分の心の中にあれば良い

キチジローのように踏み絵を何度も踏んでも信仰は捨てない

ロドリゴもそれを悟ったのか

キチジローの家族が焼かれるシーンや、海に放り込まれる人を追うガルペを引き止めようとロドリゴが叫ぶシーンはグッときた
江戸時代にキリシタンがどれほど痛めつけられたかを生々しく描いた作品。
悲痛で悲惨だった。

私には辛すぎた
ヨッチ

ヨッチの感想・評価

4.0
切支丹弾圧の惨さをリアルに描き、当時の日本の他宗教に対する拒否感を知ることが出来ました。
エンドクレジットで実はこの人が出てた!と発見できます。
終始心苦しいけど、色々考えさせられました。外から見える当時の日本のリアルな様子が浮き彫りにされたような、視点が新鮮でした。心情描写、ストーリー展開、音、あらゆる要素がとても丁寧に表現されています。
Yuiri

Yuiriの感想・評価

3.6
何を信じたらいいのか。
こんぶ

こんぶの感想・評価

4.2
切支丹弾圧の映画。授業で何分かだけでさらっと終わった踏み絵とか、切支丹迫害の話が実際はこんな風だったのかと初めて知った。そこまで拷問しなくてもと思うところもあったし、切支丹達の強い信仰心も、司祭の日本のキリスト教への違和感も。どの視点でも納得できるところがあって難しい話だなと感じた。
『日本は沼のようで花は育たない』、なるほどと思わずにはいられない。司祭視点で描かれるから気付きにくいけれど、確かに奴隷貿易問題もあったり、キリスト教がただただ弾圧されているという訳ではないというのも知っておくべきだなと思う。今の日本は宗教に無関心すぎるとよく言われるけど、それはこんな時代背景を経てきたからじゃないかと思う。
アンドリューガーフィールドの繊細だけど熱い演技がすごくよかった。「私を離さないで」を彷彿とさせた。日本人キャストもよかった。特にイッセー尾形と窪塚洋介。片桐はいりも超ちょい役で出ていてびっくり。唯一AKIRAはちょっと違和感があって残念。
futebol

futebolの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

日本へ布教しにきた宣教師の話し。
すごい長い映画やけど、それを感じさせないほど入り込める映画やった。冒頭とエンディングの虫の鳴き声がすごい日本っぽくてよかった。
たゆた

たゆたの感想・評価

3.8
wowow録画
神はなぜ沈黙されているのか。
自分達を導いてくれたフェレイラ神父が日本で棄教し妻と子を持ち日本人になっている?そんなバカな!と日本に向かう2人。日本人すべてが英語を話せるのはよしとしましょう。
どこの土地でも花が咲くわけではない。日本の土は沼のようで植物は根付かない。
今踏みしめている大地にも空にも海にも神がいる。そんな考え方の方がすんなり受け入れられるやはり私は日本人なのだなあ。と改めて思う。信者の方はこの映画を観てどう思われるのかなー。主人公に共感するのだろうか?それとも?
>|