沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

4.8
【上半期鑑賞映画寸評:2017】
今年のベスト10から漏れることのないであろう傑作。

スコセッシが温め続けてきた意味と原作へのリスペクトが溢れ出ていて非常に秀逸。

「信仰」という壮大なテーマとそれを介しての各国文化の違いが悲劇を生む様子が心に訴えかけてきて辛い。

原作には無い部分をラストに敢えて付け加えていて、それは監督自身の解釈だと思うが、そのラストであれと誰もが願う。


【p.s.】
今月で2017年上半期も終わりを迎えるので、その前に投稿できていない1〜6月の鑑賞作品を寸評で投稿しています。

40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。

このレビューはネタバレを含みます

予告編から泣いた

日本が国を守るためにとキリシタンを迫害することは理解できるが、その拷問が壮絶すぎて絶句

信仰を捨てたのは神を信じなくなったからではなく、人々を救うためで、芯のところでは神の存在を信じていると解釈
cecilia

ceciliaの感想・評価

3.5
外国の監督が作る日本を描いた作品は、いつもどこか違和感があり、それが不快にも感じるけれど、この作品にはそれが無い。
真実はわからないけれど、
真剣に日本のその時代に目を向け、
大切に作り上げてくれたのだろう…と思う。

重い。
えぐられる。

役者さんたちが皆凄い。
怪演とも言える。

観てよかった。
もっと多くの人に観てもらいたい。


人気優先?オトナの事情?よくわからないけれど、
薄っぺらなストーリーと役者さんの映画(JKもの)が、はびこる地方の映画館…
狭いシアターに追いやられながらも上映されてて良かった〜(´-`)
歴史モノにしては起承転結の浅さは拭えない映画。
44315

44315の感想・評価

3.5
ものすごく長く感じたけど、受け入れるか受け入れないかがどれだけ難しいかをひたすら見せられた感じ。でもクワイガン出てきてスターウォーズ始まるのかと思った。
msotw

msotwの感想・評価

3.6
宗教というか己の信じるものっていうのは難しく、簡単には他者にとって理解し難いものだと再認識。
歴史としての宗教弾圧、ましてや拷問や強制、侮辱などは許されるものではないけれど、布教という活動もそれ自体が悪くないというのも布教する立場の者にとっての考えのような気もするし、かといって禁止するまで至る必要があるのか、それは自由じゃないのかとも思う。当時キリスト教の布教活動によって自分の立場や考えを揺るがせると思った人にとっては敵でしかなかったのだろうなと。キリスト教と仏教をみてもどちらが優れているというものでもないけれど、自分の信じる事を他者にも強制しようという人は絶対数いる。こういう作品を観ると思想、宗教、土地による戦争は無くならないだろうと思う。
イスラム教徒にイスラム教を冒涜するような行為を某国の兵士がさせてたりと、隠れ切支丹はただの悲しい歴史の話ではなく、現在も過去からずっと続いている事の1つだと思う。
作品としては感情移入はし難かったけど、信仰とは何かと考えてみたり良い映画でした。
niin

niinの感想・評価

3.5
重くて長い。観てるのがつらい。
>|