沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

4.8
【上半期鑑賞映画寸評:2017】
今年のベスト10から漏れることのないであろう傑作。

スコセッシが温め続けてきた意味と原作へのリスペクトが溢れ出ていて非常に秀逸。

「信仰」という壮大なテーマとそれを介しての各国文化の違いが悲劇を生む様子が心に訴えかけてきて辛い。

原作には無い部分をラストに敢えて付け加えていて、それは監督自身の解釈だと思うが、そのラストであれと誰もが願う。


【p.s.】
今月で2017年上半期も終わりを迎えるので、その前に投稿できていない1〜6月の鑑賞作品を寸評で投稿しています。

40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。
yuzo

yuzoの感想・評価

2.7
日本人としてこの映画は観るのが辛かった。
ぎしお

ぎしおの感想・評価

4.3
とても重い良い映画だった。宗教とはなになか。自分の信仰を信じることが善いのか、それを否定して目の前の人間を助けることが善なのかという矛盾。
神は自分を見ていないのか、なぜこのような状況でも沈黙を貫いているのか、心を揺さぶるシーンが多数あった。
窪塚洋介の演技がとても心に刺さった。悪と呼ぶにも、相応しくないほどのちっぽけな人間がそれでも赦しを乞う姿は人間の弱さの象徴だと思う。
スガル

スガルの感想・評価

3.5
観ました。
長すぎる。
あまり意味は感じなかったかな。心にくるものがなかったです。

同じアンドリューガーフィールドのハクソーリッジのほうが何か考えさせられました。
なぜ今この題材なんでしょう。

隠れキリシタンのことはカムイ伝で読んだりしていました。
あの漫画の登場人物はもっと気概というか芯の強さがあった気がします。
この映画は民衆のそれまでの生活が一切描かれていませんでした。普段の百姓の苦しみや生活を感じないからちょっと白々しくなってしまったかな。
そういえばハクソーリッジやアポカリプトなんかはほのぼのシーンがあって親近感が湧いたりありましたが。

この映画って見せ場がない感じ。
盛り上がるシーンがないのってつらいです。

日本の俳優はなかなかがんばっていました。
浅野忠信って魅力ありますね。
日本の俳優が英語をよくしゃべっていましたが、こんなにしゃべれる人絶対いないと思いました。


原作は読んでいませんが映画としては失敗作かもです。
1番大切であるべきものは民衆が宗教を求める気持ちなのかな。
なぜ宗教を必要としたのか?
なぜそこまで信じようとしたのか?

登場人物の気持ちの説明というところではハクソーリッジだと念入りに説明していました。
アンドリューガーフィールドが神の教えを広めたいと思う気持ちの説明も、この映画ではなかったと思います。
遠藤周作の原作を元にスコセッシが描いた『沈黙』。2時間半に渡り精神を削る内容で、見ている側はかなりしんどいけれど、それでも(というかそれでこそ)見る価値のある名作。

ストーリーは江戸時代初期、キリスト教弾圧下の日本に布教に向かう"最後の司祭"を描いた物語。捕らえられた主人公は、自分が「転ぶ」(=棄教する)まで村人たちが拷問される様を見せられ、目の前の人々を救うべきか、信仰を守るべきか究極の二択に苛まれるのだが…。

恥ずかしながら原作は読んだことはないのだが、この作品のテーマがすごく実直に深みを持って伝わってきた。どれだけ酷い目にあっても神は沈黙をとおしたまま。自分(=司祭)が苦しむのは構わないがなぜ苦しい暮らしを送る村人たちがさらに苦しまなければならないのか。土地が違えば真理だと思っていた宗教もやはり馴染まないのか。目の前の人々を見捨ててまで守る信仰にどれだけの価値があるのか。

この作品はキリスト教だけでなく信仰そのものとは、といった考え方について考えさせてくれるとともに、われわれ日本人にとっての信仰との向き合い方をも考えさせてくれる。

棄教した師匠が言うように、日本人には自然を崇める土着の考え方がある。上位概念的なキリスト教が歴史や土地柄馴染まないというのは一理ある。仏教だってそのままの形で取り入れたわけではなく土着の自然信仰や神道と融合して今の形になったわけで、そういう意味では仮にキリスト教が日本に入ってもイエズス会の求めるようなキリスト教の形では定着しないだろうというのは納得できる話。

イッセー尾形演じる奉行の言い分にもある程度意義があって、キリスト教を日本で手放しで許すことを危険と判断するのは、宣教師を足がかりに植民地化を進めた列挙の歴史を鑑みてもある程度政治的な妥当性がある。もちろんだからといってあのような非人道的な弾圧が許されるわけではない。

オープニングとエンディングで環境音を使ったり、上記のような日本人側の言い分も見せつつ日本人を一方的な悪者として描かないところにスコセッシの研究の深さやテーマの咀嚼を感じられてすごく良かった。建物や服装にもよくある「なんちゃって日本」感は全くなかったし、純粋にテーマに入り込めた。

沈黙というタイトルには、神の沈黙と、棄教後に主人公が心の中では神の信じながら完全に信仰を忘れたかのように振る舞ったという意味での沈黙の2つの意味があると思う。

映像面ではキチジローの家族が焼かれるシーンや、牢獄の中でキチジローの懺悔を聞くところなどに代表されるようなダイナミックなカメラワークがすごく良かった。

全てにおいて完成度が高い映画。見るべきです。
ss

ssの感想・評価

-
上映時間159分
結構ボリュームあるなぁと二の足踏んでいた作品。

いやぁ、全く気にならなかった!
丁寧に描かれてこそだと思った。

何度もどこからともなく現れては、ひょいっと踏み絵するキチジローには笑ってしまったけれど贔屓目に見ても日本人役者達、素晴らしかったです。

もう塚本晋也のモキチなんてさ、凄かったわ。
スコセッシに「君の映画好きだよ」なんて言われちゃった話とか、「予算そんなになくて規模小さくてごめんねぇ」とか言われてハリウッド…!!ってなった話とか。映画以上に観た後様々なインタビュー記事を読んでは、すげぇ!うわー!なんてニヤニヤしてしまった。

あと片桐はいり贔屓なもんで、彼女の存在感。加瀬君もちょい役だったんだけど、あれ!なんか物足りない!と思わせる半面、片桐さんは出演少しでもこれだけかい!と思わないところ、120%濃厚ジュースのような存在🍹

「信仰」というもの自体自分の人生に馴染みがないもんだからこそ、「信仰」とは何ぞや。むむぅ。と深く考えてしまう。
私が信じているのは自分だけ。

2017/11/4
Masaki

Masakiの感想・評価

4.1
キリスト教弾圧の話。

本当に重い話だった。日本のキリシタン弾圧についての話と聞いていたので、日本を少し下げる話かもと思っていたが、そんなことはなかった。

話の本質としては神をどう信じるのか、なにか形あるものを信じそれをよりどころにして神を信じるのか。それとも形あるものではなく心に内在するものを信じそれが神を信じる事とするのか。

この話にでてきた日本のキリシタンや宣教師たちは外側にある形あるものに対して強く神の存在を感じ、それを糧に神を信じていた。
しかしそれよりもどんなに踏み絵によって神を冒涜する行為をしても、心の奥で信じていれば必ず神はそこにいてくれる。

つまり沈黙の中に神は存在し、沈黙した心の中で祈っていれば神は我々を見守ってくれる。
そういった考えもあるのかもしれない。
この映画にもかなりそういったシーンがあった。
宗教に関してはあまり詳しくないがかなり考えさせられた。

キチジローはそういった外在する形ある神に頼りきっていた弱い人間の象徴であるのかもしれない。

とにかく重いので気合い入れてみた方がいい。
面白かった。
ただ長すぎ
サン

サンの感想・評価

5.0
考えさせられる内容に対して、映像と音は静かで淡々と進んでいく展開がカッコよかった
>|