沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

4.8
【上半期鑑賞映画寸評:2017】
今年のベスト10から漏れることのないであろう傑作。

スコセッシが温め続けてきた意味と原作へのリスペクトが溢れ出ていて非常に秀逸。

「信仰」という壮大なテーマとそれを介しての各国文化の違いが悲劇を生む様子が心に訴えかけてきて辛い。

原作には無い部分をラストに敢えて付け加えていて、それは監督自身の解釈だと思うが、そのラストであれと誰もが願う。


【p.s.】
今月で2017年上半期も終わりを迎えるので、その前に投稿できていない1〜6月の鑑賞作品を寸評で投稿しています。

40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。
Lewis

Lewisの感想・評価

4.2
“村人は押し黙ったままでした”

モキチの聖歌が聞こえなくなった後の波の音が耳に痛かった。彼らに神の声はどんな風に聞こえたのだろうか。

布教とは、神とは、赦しとは、政策とは。

神と人との愛をみせつけられながらも、
結局は命を最も尊きものにできなかった時代や布教にイラつきを感じた。異教の弾圧が、ここまでの悲劇に増長させる気質をキリスト教は持っていると思った。

イエスキリストの磔刑とロドリゴ神父。
ユダとキチジロー。

ずっと難題を投げかけ続けられ、自然の美しさが残酷さを鮮明にしていて、観ていて終始辛いけれど。とても興味深い内容だった。日本が舞台の洋画をこんなにも違和感なく撮れていてすごい。日本や日本人のことを、当事者よりも詳しくないと描けない。とてもスピリチュアルな映画だった。
ズレた感想になるけど、信じるものがあるってすごいことだなっていうのと、沈黙っていうかやっぱり神様なんておらんやんという気持ち
gaku

gakuの感想・評価

4.2
おそらくこの映画、海外の人にとっては長時間ゆったりとした展開で退屈に思うかもしれない。
しかし、日本人の僕には最高だった。アンドリューガーフィールドを含め、豪華海外俳優陣。熱のある演技に魅了された。
日本という沼で当時禁止とされていたキリスト教という苗を植え、育てる難しさ。
神の沈黙。
マーティンスコセッシ監督にこのような映画を作ってくれたことを感謝したいです。

小松菜奈良かったです。好きです。
江戸時代初期、幕府は国外からもたらされたキリスト教を無益かつ危険なものとして、同教徒を迫害していた。そんななか、布教で日本に赴いた師が棄教したと聞いたロドリゴとガルペは、密輸船に乗って日本へ。着いた先にはキリシタンの村があった。隠れながら暮らす村人たちにも幕府の手が及び、宣教師二人も捕まってしまう。迫害を目の当たりし言葉を失う彼ら。なぜ神は信者の祈りに「沈黙」し続けるのか。そして、師が棄教した理由とは…。

これくらい深いテーマを扱った作品なら162分という上映時間も妥当。見応えがあって良かった。宗教という垣根を越えた真理を問う、素晴らしい内容だったと思う。さすがは巨匠。見せ方が上手く、日本人の偏見がかかったような演技が無いのも好感が持てた。
読んだのが数年前だから、自信はないがほぼ原作と相違ない内容。

台湾でロケしたのは正解。カラッと晴れた空と死に直面する農民のコントラスト良い。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

4.3
スコセッシの沈黙、やっと観れた。
最後まで音楽のない世界…。
幼稚園から高校まで同じカソリックの学校で育ち、修学旅行は勿論のこと、授業の中でもこの時代の話が出てくるたびに、念入りに学んだはずだけれど、この物語でいう強い人(家族までに迫害されようと、信仰心を貫いた人)を英雄化する傾向にはあったけれど、だからと言って、踏み絵を踏みつつも偶像を隠し続け、心の中で信仰を貫いた人々が弱い者だという概念もなく、むしろ神に関しては偶像がないものがキリスト教なのだから、信仰心は心の中にあり、それこそが真の信仰だと子供心に理解していたのだけど、なるほど、あれだけ隠れキリシタンの使っていた偶像や象徴物がでてきているあたり、日本人は物を欲しがる性質なのかもしれない。
しかしそのぶん、信仰心も本当に強く、彼らが当たり前のようにやっていることを忘れてしまう若い神父の姿が印象的だった。
本当にその苦しみに直面して、それでも信仰心を貫き、その中で試行錯誤しながら生きてきた人と、こうあるべきだ、こうすればいいじゃないかという理想を掲げて、ポッとやってきた神父達の若さと浅はかさ。
色んな困難にもまれながら、信仰心と慈愛、博愛を学んでいくわけで、それこそが彼らに与えられた神からの試練だったのか…。
キチジロウのパーソナリティはかなり気になるところ。より人間的な象徴でもある気がする。ユダやペトロの話を彷彿させるなぁ。
しかし、こうやってみると、日本もとんでもないことをしてきたよね。
Riisa

Riisaの感想・評価

4.3
この映画を見るとほとんどの人間が熱く語りたくなる若しくは表現しづらい感情が咽び上がってくると思う。
私には図書で読む方がジワジワ締め付けられてくる感じが強くあった。

「今まで誰もしなかった最も辛い愛の行為をするのだ」「踏むだけでいい」と囁く幕府側の言葉は無神論者からするともっともな気がするが、身内を守るために棄教することは愛ではなく憐憫(憐れに思うこと)と遠藤周作は言っている。
そこで絵踏をする人を弱虫、信教を貫く人を強虫とすると、強虫は確かに強いけれど信念を曲げないためなら他人を傷付けるのもやむを得ないと考えていて利己的な節があるのに対して、弱虫は周囲を傷付けたくないから折れやすいのだとも言っている。

キチジローは象徴的な弱虫。
最も汚くて憐憫という感情に流され逞しく生き続ける人間。
それが良いか悪いかは置いといて、多くの殉教者などとはっきり対比していて興味深い人物だった。

幕府統制下の小さな鎖国日本では本来のキリスト思想も形を変えてしまったと、フェレイラの諭す表情がなんとも印象的。
深く失望し、目に光は宿っておらず、異国の地でただ静かに生きる様が悲しかった。
そんな彼らの心中にまだキリストが在るかどうかは神のみぞ知るってやつで、最後のCGは余計だと思ったけど謎にホッとした。

歴史の教科書に小さく載る絵踏シーンの裏側には、これほど熱く黒い人々の血や涙が流れていたと考えるとおぞましい。
だが映画を見れて良かったと思う。

エンドロール演出はやり手すぎる。
劇中音楽もゼロ、和太鼓のような響きと自然の音で映画の中に魂持ってかれる演出もすごい。本当にすごい。
Zero

Zeroの感想・評価

3.9
鎖国時代のキリシタン弾圧については、教科書ではその雰囲気も惨さも伝わってこない。

映像とともに理解するとどれだけすごいのかがわかる。

正直日本人はこの映画を見てほんとの歴史というものを感じて欲しい。

見つかったら殺されるかもしれないという状況の中、二人が長崎に行ったという勇気がほんとに素晴らしい。
>|