沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

4.8
【上半期鑑賞映画寸評:2017】
今年のベスト10から漏れることのないであろう傑作。

スコセッシが温め続けてきた意味と原作へのリスペクトが溢れ出ていて非常に秀逸。

「信仰」という壮大なテーマとそれを介しての各国文化の違いが悲劇を生む様子が心に訴えかけてきて辛い。

原作には無い部分をラストに敢えて付け加えていて、それは監督自身の解釈だと思うが、そのラストであれと誰もが願う。


【p.s.】
今月で2017年上半期も終わりを迎えるので、その前に投稿できていない1〜6月の鑑賞作品を寸評で投稿しています。

40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。
とても静かな映画だが重たい。長いけどすーっと見てしまった。
【なぜ弱きわれらが苦しむのか】

遠藤周作「沈黙」の映画化。
キリシタン弾圧の、江戸時代初期の日本に来た宣教師のお話。

原作も未読だし、今の日本で無宗教で暮らしいている身からすると、自分の信仰するもの、支えとなるもの、宗教の教えを信じ守るという事が実体験としてないから、そこまで観ようと思わなかったけど、会社の同僚が薦めてきたので鑑賞。

マーティン・スコセッシ監督の元、日米の俳優陣の異様なまでの熱量の演技。

いつも観たらすぐにレビューを描くんだけど、まだ咀嚼しきれてないのか上手く言葉に出来ない。
ただ、この熱量を3時間近くあっという間に感じさせる演出は見事だった。

このレビューはネタバレを含みます

骨太な作風とロケーション含めたカメラワーク等のおかげで見応えのある作品だったけど、如何せん信仰心の欠片もない自分にはあまりのめり込んで鑑賞出来なかった。

イノウエの「沼の様な日本にキリスト教は根付かない」やフェレイラ神父の「信者達は神のためではなく、お前のために殉教しているのだ」という台詞がぐう正論すぎて、後半はなかなか棄教しない主人公にイライラしながら観てた。
ガーフィールドの若さと貫禄のなさ故に、あれ程までに強い信仰心を持った人物に見えなかったのもあるかも。

窪塚洋介も重要な役どころの割には見た目や言動が中途半端だと思った(個人的にはもっと憎たらしさを出してほしかった)。
今作では塚本晋也が一番迫真の演技だった。
あの海の中での磔シーンが今作のハイライトかな。
なつ

なつの感想・評価

-
何となく流れで観てしまいましたが、もっと心して観ればよかったかな。
むく

むくの感想・評価

3.8
160分って超長いけど、日本人いっぱい出てると気になっちゃうよね。

隠れキリシタンを見つけるために踏み絵をさせるってのは、歴史の授業で有名だけど、拷問の内容までは知らなかった。
ただ神にすがって、神を愛すことが罪なのか?
どうして死の間際にも現れない神を信じるのか?
今の日本は無宗教と呼ばれるほど宗教の信仰者が少ないから、昔の日本の出来事といえども理解できない部分は多いかな。

人間とか神とか迫害とか...とにかくグサッと刺された映画だった。
miho

mihoの感想・評価

3.9
いやぁ...苦しくて悲しい。
人(国)と神(信仰)がテーマになると愛や悪の定義がこんなにも難しい。
拷問はダメ絶対だけど。

キリスト教弾圧という日本の歴史の辛い面をこうして見せられると、なんでこんな事...という気持ちとか、でもそういう時代だったからというのと、自分の国の出来事だったというのと....とにかく色々な思いが湧いて眉間に皺がよりっぱなしの鑑賞でした。冷酷な拷問、恐ろしすぎる。

神との対話。沈黙したままの神。
苦しみの中に自ら言葉を見いだし、
神の意志や意味として解釈する。
...私が信仰深くないから傍に神様がおられるという感覚を深く共感できないけど、
ロドリゴでさえも神はおられるのか、そこが無だったら...と現実の厳しさ、思い通りにいかない悲哀を目の当たりにして何度も心を迷わせていたものね。


お前なんなんだよ、キチジロー、もういいよ、こっち来んなよ...(ヽ'ω`)て何度も思いましたが、何故今産まれてしまったのかって言葉には、そうだね...と同情の気持ちが湧きました。現代だったらあんな感じでも問題ないもんな。
かりん

かりんの感想・評価

4.1
BGMを使わずに自然の音で全て表現しているため、その当時の空気の重みやリアルさを感じることができた。
日本人の多くは無宗教であると思うが、今の信仰の薄さはこの時代があったからこそなんだと感じた。
信仰によってこんなにも多くの人が犠牲になり人々が突き動かされているのは、無宗教だからこそ理解し難かった。
キリシタンを迫害するのは国や人々の気持ちを1つにするためだったと思うが、ここまで無惨な殺し方や拷問をしていた日本を軽蔑してしまった。
日本人なら尚更この事実を知り考えなければならないと思うので、この時代の考え方や歴史を深くまで勉強してからもう一度見てみたい。
boohjpn

boohjpnの感想・評価

4.0
あぁ、もうなんだろう、一言「くらった」

神さまに祈れば救われるとみんな言う
だけど、こんなにもつらいことが起こるのはなぜですか?
神さま、なぜ黙ってるの、なにも言ってくれないの

pkとはまた違った切り口で、宗教、神の存在を疑問視してる感じがした

長崎出身の相方と一緒に見たこともあって、より一層心にずしん、ときましたね

マーティンスコセッシ監督、よくぞ日本をここまで研究してくれました、拍手!
教科書の世界ってほんの1%くらいで、その先には実際に生きた人たちがいるんだよね、リアルすぎて、もうね。是非見て欲しい。
>|