沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

超大作だと思う。スコセッシ監督お見事としかいいようがない。日本の小説が原作といえど、あれ?これ日本映画の超大作ですか?っていうくらい。

主人公にアンドリュー出てくれてるし、ガルペもガールズの最初キモかったのにいい男になるアダムでてるし。
そして沈黙ってそういう意味かって。
日本勢の演技もよかった~~。
私は井上さま嫌いじゃないなぁ。
拷問シーンは非常に痛ましかったけれど、長い映画だけど見れてよかった!
Chie

Chieの感想・評価

4.0
ずっと観たいと思ってたけどなかなか観てなかった。
先日旅行で大浦天主堂に行って、まさにこのお話のよーなことが書かれていたから、早く見なきゃ!と。

今の日本はいろーんな宗教があって、みんな自由に好きなものを崇拝してて、他の国のよーに宗教同士で争ったりしていないから、いーねーなんて思ってた。

でも違ったんだなあ。
こゆのがあってこその今なんだなあ。

信じるものがあることって素敵だけど、確かにずっとずっと沈黙だった。
どこにいるの神さまーーーって一緒に叫びたくなった。
彩

彩の感想・評価

-
驚くべき世界。
日本。

エンドロール。。
tabisuke

tabisukeの感想・評価

2.5
ストーリー ★2.5
メッセージあり
リズム感がない
シネフィルwowow

2時間半超にもなる作品だけに日本映画の"沈黙"よりも細かく描いている。
遠藤周作自体は好きになれない人間だが
新旧の映画を見比べる事で時代背景を調べる事にした。

1571年長崎港開港 南蛮貿易と共にイエズス会の悪魔崇拝信仰 ザビエルを歓迎

長崎藩主達は伊勢神宮信仰(日本の悪魔崇拝)

1580年そしてローマ法王率いるカトリック教と騙るイエズス会百姓たちを引き込んで崇拝し、一大中心地となった!

1587年 イエズス会長崎要塞化

1592年 豊臣秀吉がイエズス会領地の長崎を没収 バテレン追放令(禁止令)
バテレンはイエズス会の司祭であるパードレを意味する

豊臣秀吉は宗教の信仰をしてなかった大名だった。

1637年島原の乱

1667年踏み絵を踏ませ廃教させた

人は、新興宗教に縋るのか?
神なぞ居ないのに!〇〇学会といい統〇〇会といい政治と密接にくっついて国民(信者)からお布施と称して金を巻き上げ、国民から税金を徴収し、宗教施設は税金逃れをしてマネーロンダリングをする始末!

日本の伊勢神宮信仰もそれもまた同じ天皇が参拝していること自体が悪魔崇拝信仰を示しているのに、知らぬは国民のみの世界なのだ!

悪魔崇拝の偶像崇拝に国民を縋り付かせはぐらかし、お上どもは自分たちの都合のいいような世界観を虎視眈々と準備をする(戦争して金儲け)
信じるもの自分自身ぞ!神でも天皇でもない!己のみ‼️考えて行動しよう❗️戦争のない平和な世界へ‼️
遠藤周作の原作を初めて読んだときには、ものすごい衝撃を受けたもんでした。
その本の世界を、原作のイメージそのままに、構想28年の執念と素晴らしい映像と役者の熱演で映画化してくれるなんて、もう感謝しかないですありがとう。
原作も映画も、宗教的なテーマに関しては、私なんぞが何を言っても言葉たらずなんで、あまり言葉にできないのですが。

脚本は原作にほぼ忠実で、大きな改変はラストのみ。原作ではやや曖昧?な後日談部分に、スコセッシ監督は実に映画的な手法で、一つの明解な答えを示しました。
文学と映画という異なる表現方法ながら、遠藤周作とスコセッシ監督の、壮大な連携プレーを見た!って感じでした。
映画のラストは、弱さを抱えるすべての人(ユダ)の、何かを信じる心(形がどうであれ)に対する共感というか、、、優しいなスコセッシ…

BGMを排した、虫の声、鳥のさえずり、雨音、波音などの自然の音が、自分もその場にいるようで印象的でした。エンドロールまで!
役者さんの演技は、日本人キャストも含め素晴らしかったです。でも役作りのためとはいえ、無理なダイエットはやめてね危険だよ。あと塚本監督はよく生きて帰れたね、鬼だなスコセッシ…

内容が内容だけに、興行は本国でも他の国でも不入りかもしれないし、賞レースでもほぼスルーされてますね。
しかしながら、宗教や信仰の話に留まらず、寛容と不寛容、人間の弱さや傲慢さ、切望するものが得られない苦しみ、思うように(強くは)生きられない苦悩、などなど解釈に正解のない普遍的なモチーフを含むので、今のタイミングで製作されたことも含めて、10年20年経つなかで、名作として評価が定まるタイプの映画なんじゃないでしょうか!
(日本公開時のレビューです)
74

74の感想・評価

-
宗教を信じさせたことって人類の奇跡だと思っていたんですけど、生きるよすがだったんですね。あまりに辛い現世において。

信じるものはみんな違って、解釈も違って、大切にするものも違って、それでいいと思うんですけどって言える幸せ。

塚本晋也にアカデミーをあげてほしい。今更だけど。
何を信じるかではなく、どのような信念を持つことが大切か考えさせられる映画でした。スコセッシ映画の中でもトップ8に入る出来です
宗教は政治に利用され戦争を生み出してきたっていう歴史を考えると幕府の考えが正しく感じる。しかし、作中のキリシタンはそんな歴史的バックグラウンドを意識しておらず、ひたむきに信仰をする。当時の日本の考えが間違っていなかったと思けど、罪のないキリシタンが弾圧されるのは仕方なくも複雑な気持ちになる。相棒が遠目であっけなく殺されるのもスコセッシ映画らしくて、リアルな恐怖体験を味わえる。残酷描写は多いが、このシーンが一番恐ろしかった。俳優の演技もめちゃくちゃ良い。テーマ、映像、演技全てが満点。しかし、日本人キリシタンが英語を喋れ過ぎるのが不自然だったので0.5点はマイナス。
>|