沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

超大作だと思う。スコセッシ監督お見事としかいいようがない。日本の小説が原作といえど、あれ?これ日本映画の超大作ですか?っていうくらい。

主人公にアンドリュー出てくれてるし、ガルペもガールズの最初キモかったのにいい男になるアダムでてるし。
そして沈黙ってそういう意味かって。
日本勢の演技もよかった~~。
私は井上さま嫌いじゃないなぁ。
拷問シーンは非常に痛ましかったけれど、長い映画だけど見れてよかった!
原作を知らず、マーティン・スコセッシ監督が隠れキリシタンを題材に映画を撮ると知った時には、アポカリプト並の虐殺映画なのかと身構えておりました。
実際ひどい拷問や処刑シーンはあるのですが、なぜキリスト教は弾圧されているのか、そしてどうして処刑されてしまうのかが、ある程度フェアに描かれていました。この点はすごく意外であり、この映画のすごい点の1つだと思います。
また、仏教の意味についても、本質を捉えており、そこもきっちり描くのはさすがだなと。
宗教を超えた、自分の役割について考えさせられるよい映画だと感じました。
2017年映画館で見たランキング1位。

時は江戸時代の初期ーー。
キリシタン弾圧の中、秘密裏に日本でキリスト教を教えてた有名なポルトガルの宣教師が突然辞めたという噂を聞き、それを確かめるために弟子の2人が日本へ潜入。

しかし、2人の宣教師が目にしたものは地獄の世界だった。
踏み絵や拷問や悍ましい処刑など
キリシタン弾圧に耐えれずやむを得なく棄教した信者の無念、師匠とキリスト教信者を救うはずだったのに何も出来なかった2人の宣教師の無念。

キリスト教をやめるべきかそれとも貫くべきか、迷う宣教師の苦しみ。

その苦しみから逃れるために
神様に助けを乞うても助けてくれない。
何も答えてくれない。黙ったまま。

主よ、何故あなたは黙ったままなのですか?


人の心の強さと弱さ、信仰、生き方
無宗教の人でも考えされられる映画です。
kag

kagの感想・評価

4.0
時代は1600年代。ポルトガルから宣教師として日本に訪れたが「今は日本人として暮らしている」と噂される宣教師の師匠フェレイラの後を追い日本まで旅に出た2人の宣教師。彼等はキリスト教の宣教師としての情熱と希望があり師匠フェレイラのためとキリスト教布教のために日本に渡った。しかし思っている以上に日本ではキリスト教が禁止されていた。ポルトガルの宣教師2人とこの時代の日本と長崎の日本人キリシタン達の話。

「郷に入れば郷に従え」この言葉がしっくりくる。弟子2人や日本に来た他の宣教師達はキリスト教が「いいもの」だから、純粋に「広めたい」という気持ちで来てくれていたと思う。ただ、一方的に「教える」だけで日本のことは知ろうとしない。

正直「なんて失礼な人達なんだ」と思った。ここは日本側に共感できる。でも見せしめに殺したり苦しめたりするのはダメだ・・・この時代は本当にそういうことしていたんだよね。

一応キリスト教を学んだけど、日本人キリシタン達は自分達の都合の良いように信仰しているように見えた。この人達も純粋な気持ちだったんだと思うけど。どちらかというと"依存・信者"という感じに見えた。

今の日本で上手く暮らしている人達は少しでも日本が好きだったり日本人より日本に詳しかったりする。信仰するのは良いけど、人に押し付けてはならない。ユダヤ教やイスラム教などは布教をしない宗教だけど、唯一キリスト教だけが布教する宗教。(どこかにも似たようなのがあったような・・・)相手のことを尊重する気持ちを持つということは宗教だけでなく、どこにいっても共通することだ。

この映画見れてよかった。
siki07

siki07の感想・評価

4.2
沈黙の果てに
赦されず、許せず
尚も人は強く、かくも弱い
共存も並行も出来ず
人は苦しみ抜いた歴史を持つ
「目を逸らさずに」
向き合う必要のある作品である。
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
史実は知ってたものの、キリスト教の弾圧はこんなにも過酷なことを強いてたことがようやくこの作品で理解出来た。
きっとキリスト教徒にとって踏み絵は、自分が拷問されることよりももっと辛いことだったのかな?

日本を守るために異国の教えを制限しようとする幕府の姿勢は分からなくはない。
そもそも日本には何にでも神が宿ってるからなぁ。
shoichiABE

shoichiABEの感想・評価

3.0
遠藤周作の有名な原作を、あのマーティン・スコセッシが映画化。

僕は子供の頃、マーティン・スコセッシの『グッドフェローズ』『カジノ』を見て映画のセンスが決まったようなもんだから、彼が日本作品を映画化してくれるのはとにかく嬉しい。

ただ、さすがに日本の原作を実写化するのは無理だろうと思っていてが、なかなかの作品に仕上がっている。

セットや衣装、メイクなどの演出も日本映画より日本っぽくなってた。
それは日本の映画製作会社も見習わないといけないんじゃないかと思った。
でも、制作費の桁が違うからできるんだろうなぁと思ったり。

イッセー尾形さんの演技がズバ抜けて良かった。
そして浅野忠信さんは、悪役をかなり濃厚に演じてて良かった。

ストーリーで言えば、リーアム・ニーソンの最後が予想外で、その残酷さが良かった。
tom

tomの感想・評価

4.0
パードレと声から先にキチジロー。それ待ちな自分がいた。無の境地に達したモン勝ち。
キチジローとフェレイラは悪魔か?
棄教は罪か?
誰が判断する?
答えは己の中にある。
観賞した人それぞれの考えに間違いは無い。
肯定も否定もこの作品の前では無意味だと思う。
>|