沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

4.0
救いを知りさらに絶望を知る。
信仰には無縁の自分にとっては理解に遠く及ばん気持ち。
ほんとに大切なものは
なんなのか?。
色々とむずかしいね。
あめ

あめの感想・評価

3.8
あれガーフィールドだったのね。
知らなかった。
カイロレンは顔に特徴ありすぎるからどの映画でてもカイロレンって思っちゃうな。
あと窪塚は踏み絵して懺悔するの少し笑っちゃう。何回やるんだよって。
宗教の問題は難しいね。キリスト教徒的にはどう思うんだろ。やっぱ日本は悪く写るのかな。時代背景考えるとそこまでイノウエサマが悪い人にも見えないし、何よりすぐ殺さないだけ理解ある人なんだなって思った。
宗教のことは分かんないけど、
多分、多分だけど、僕が思うに、
命の方が大事だと思う。

74
Ryo11

Ryo11の感想・評価

4.5
映像も素晴らしい、演技も素晴らしい
ストーリーも考えさせられる
もう素晴らしい作品ですした
それしか言えない
日本史の教科書に書かれていた「踏み絵」が、初めて現実感を持って目の前に立ち上がった。
ただキリストの絵を踏ませただけではない。そこには信者一人ひとりの葛藤や苦悩、そして後悔があった。歴史には残らない人々の心情。
そんな風に迫害される「隠れキリシタン」を、苦渋の形相で見守るしかなかった宣教師の苦悶が作品の軸となっている。篤い信仰心のために命を奪われる者を目の当たりにし、彼らに救いの手を差し伸べない神に怒りすら覚える。信仰が揺らぐ。

「神はなぜ我らをお救いにならないのか」
この問いはこれまでにもいろんな作品で目にした問いだ。
その模範的な答えは大体こうだ。
「これは神から与えられた試練なのだ」
こう返されてしまうともうなんとも言えない。あとは各人がそれでも神を信じるか、あるいは救ってくれない神に見切りをつけるか。
本作はひとりの宣教師の立場から、この問題に真っ向から取り組んでいる。何のために人は神を奉じるのか。教義に殉じることに意味はあるのか。
そして、自分が信じる神と他者が信じる神とは本当に同じものなのか。
無宗教の私でもとても興味深い内容。むしろ無神論者だからこそ気になる内容だったかもしれない。神は信じないが、それを信じる人間たちが織りなすドラマは非常に興味深い。それもまた人間のナマの姿のひとつだから。
EMITA

EMITAの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

本当に誠実で無骨すぎるストーリーテリング。
いくらあの「沈黙」の映画化といっても、そこはスコセッシ御大だし!といつものめくるめく快感原則マジックを期待した自分が浅はかだった。
最後まで祈りは届かず救済は訪れず、
描き出された日本人の心性は、過去の残酷物語として切断処理したいけど、悲しいかなできない。

この映画を消費できるものならしてみろと凄まれているような気持ちになりながら一瞬も目を離せなかったし、
観終わってからもただ途方に暮れたまま…

この映画に携わった人たちが報われた瞬間はいつ、何によってだったろう。
今はそれだけ知りたいな。
miki

mikiの感想・評価

3.3
思い出し記録。
めちゃめちゃ楽しみにしててやっと鑑賞できたけど、なんか微妙だった記憶。
2時間半くらいでめちゃめちゃに長いわけではないのに、長すぎてしんどかった。
原作が秀逸すぎる説を唱える。
gen

genの感想・評価

3.5
マーティン・スコセッシ監督によるキリシタン弾圧下の長崎が舞台。


何の宗教にも属していない自分でさえも、
ガーフィールドを見ていると信仰する神を裏切る苦しみが尋常じゃないくらい伝わってきた。
特に印象的なのが絵踏みをするシーンで、今まで目の前で幾多の人が死んだり苦しんでる姿を見てきた彼がだったが、絵踏みの瞬間が最も発狂し悔いているように見えた。
人が死ぬよりも、その絵を踏むことのほうが彼には重かったんだ、、、
それほど宗教というものが人間の全ての拠り所だった時代が実在したと思うと感慨深い。
それでも最後は沈黙し続けていた神という存在にすがるのではなくて、ただ目の前で苦しんでいる人を、ただ自分の意思で、救う道を選んだ彼の姿がこの映画の象徴だと思った。

今の時代は、何を信じてもいいし、宗教を信じないっていう自由もある。信じるものが違う人同士が、言い争うことで戦争が起きる。

宗教とは何か、神とは、そして自由とは。そこまで身近ではなかったものを深く考えさせられた映画だった。
suzy

suzyの感想・評価

3.9
人間の無情さが染み渡る
>|