沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

琉花亭

琉花亭の感想・評価

5.0
とても好きな映画。
3時間弱あるけど全く長く感じさせない、むしろこれだけの尺に意味があると感じられる稀有な作品だと思う。

テーマは重たい一方で、バイオレンスなシーンや、気味の悪い演出、随所での音の使い方なんかは、映画としてしっかり魅せられていて、映像も迫力があって満足感高い。

日本人キャスト陣も凄く良い。イッセー尾形の飄々とした感じや浅野忠信の擦り寄る感じがすごく日本人っぽいし、塚本晋也の体張ってるシーンとか窪塚洋介の弱さがかなり胸に来てしんどい。

登場人物の誰もが自分の信じるものを持っていて、誰も悪くない感じもすごく良い。
宗教ってなんだ。信じるってなんだ。正しいってなんだ。とか、いろいろ考えられる。

映画の中盤頃に、タイトルである「沈黙」の意味にハッとさせられた瞬間があって、鳥肌が立った。
佐治

佐治の感想・評価

3.8
他人の庭を耕しに来る方と庭を守る方
どちらが正しいのかわからなくなった
最後のシーンの十字架を渡すところは、本当は棄教してなかったから本人が握ってたのか、結果殺してしまった人のために十字架を背負えと言う意味で妻が握らせたのか
ユニ

ユニの感想・評価

4.0
人間はどう生きればよかったのか
何を信じればいいのか
信じること自体間違っているのか
unO

unOの感想・評価

4.5
島原の乱直後の日本を舞台に、強い志を持って日本でのキリスト教布教活動を行っていたフェレイラ神父の棄教の報を信じられない若き宣教師ロドリゴとガルペが日本に渡り、幕府による激しい弾圧を目の当たりにして、神が与えた試練と続く沈黙に苦悩する様を描く、遠藤周作の小説を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品です。

欧米のキリスト教のあり方と日本人の精神風土の乖離からその適合を考察し、至った「弱者にとっての同伴者イエス」という遠藤周作の考えに感銘を受けたスコセッシが数十年来の構想を経て制作した本作は、全編に渡ってバックミュージックがなく、残虐描写も厭わない徹底したリアリズムを追求する真に迫る作品です。

キリストは激しい弾圧の中にあっても命を賭して信じるものを貫きましたが、では誰もがそれに習わなければいけないのか、生きるための思想で死ぬという矛盾をどう解決するのか。「譲れることと譲れないこと、そして譲っちゃいけないことがある」と長渕剛は歌いましたが、それは人生論や政治論にも通じる普遍的な命題でもあるのです。
dodo

dodoの感想・評価

5.0
私には、信仰する神がいない。
しかし、神とは?人とは?信仰とは?命より大切なものは、果たしてあるのか?と、問うてくる。
憎むべき悪は、信仰ではなく、人の恐怖心だとおもう。
罰せられるべき罪とは、信仰ではなく、知らないということだとおもう。
キチジローは、まるでずる賢い悪人みたいだが、彼こそ人間の姿だとおもうし、悪奉行にしても、言ってることは間違っていないところもある。
ならば、一体何を罰するべきか?などと、ずっと考えてしまう。
この映画長いぞ~と覚悟して観始めたら夢中で最後まで観てしまった。
薄

薄の感想・評価

4.0
遠藤周作の原作をスコセッシが映画化。イッセー尾形の声色等、日本人役者の演技はオーバーアクトに感じたが、海外ではイッセー尾形はかなり評価されてるとか。元の声を知らないと違和感ないんだろうか。表情などはコミカルな感じもあって良かったんだけど。

映画本編としてはストーリー、映像共に終始緊張感があって2時間40分ダレる事なく見れる。宗教と程遠い国に生まれ、程遠い人生を送ってきた人間としては信仰について考えるいい機会になった。端的に言うと信仰の本質的な部分がよくわからんって話なんだけど。信仰によって強さや迷いのなさを手に入れる事もいい事ばかりじゃないなあ、宗教という共通意識がない所も日本の特殊性(日本だけじゃないけど)のひとつなのかなあ、とか。色々考えさせられるだけの力がある映画だった。
mmmmmm57

mmmmmm57の感想・評価

4.0
おもしろかった、
窪塚洋介はじめ日本人の演技素晴らしいね。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.5
アマプラ、ランタイムも長く精神的にも非常に疲れる映画、音楽もほぼなく自然の音を利用す。原作者と監督が敬虔なクリスチャンなのでキリスト養護が強いかと懸念があったがそんなことなく、キリシタン側と背教を迫る奉行側両方に納得肩入れ出来る禅問答を聴いてるようだ。奉行側の拷問や処刑は残酷だがその前に回避方法を提示したりしたたかで表面的で良いんだよと甘く囁く。キチジローの弱さに自己を投影し、井上奉行は高いインテリジェンスを持ちキリシタンと布教者に一定の理解を持っていたかもしれないな。
>|