沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価・動画配信

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

ひでみ

ひでみの感想・評価

3.8
好きな役者が多く出演してた。マーチンスコセッシ監督。内容はまあまあ。
fumika

fumikaの感想・評価

3.6
アダム・ドライバーとリーアム・ニーソンが出演してるのがすごく嬉しい。

日本人の役者さんたちも良かった。
自然音のみの始まりとエンドロールに圧倒された。自然の過酷さと美しさの両方を感じる。

信仰とは、という問いに真正面から向き合っている気がする。
ykrrrrrin

ykrrrrrinの感想・評価

3.5
拷問の種類何パターンあるねん。
殺されるなら、じわじわ殺されるより刀ですぱーんと一瞬の方がいいな、、、

結局宗教ってなんなんだろう。
キリスト教、仏教に関わらず、新興宗教も含めて、多くの人が何かを信じて、また何かを頼って生きてる。
しゅり

しゅりの感想・評価

4.0
胸糞映画わりと好きでよく観るけど実際に人間が人間にしてることが1番胸糞悪いと思ったしこんなの観ちゃったら悲しすぎて人間嫌いになりそう

とはいえ信仰とか宗教っていうのは政治的には脅威になり得るし危険視するのもわかる気がする、でもそもそも宗教は苦しんでる人々の心を救うために生まれたようなもので、それによってこんな悲しみと惨殺と苦しみの連鎖が起こるなんて人間は情けないというかなんか他に方法はなかったのかなとかでもそもそも階級によって命の価値も違うような時代だったから今の価値観で考えるのもまたちょっとズレてんのかなとかいやそもそも全ての命が等しく尊いと考えるのが宗教的価値観のベースになってるからこその脅威?でも仏教は...とか考えてグルグルしちゃった

なにを信じてどう行動するのが本当に苦しんでいる人のための正しい行いなのかというのも難しいところで、それをむごいほど綿密に表現していて素晴らしい作品だと思った、キチジローお前なんなんだよと思って最後の方ちょっと笑っちゃったけど気持ちはわかるしむしろ同じ状況なら似た行動をとるかもしれない、誰だって痛いのも苦しいのも死ぬのも怖い でも信じて大切に思ってるものを足蹴にするのも怖いし苦しい
善人とか悪人とかって概念もよくわからなくなる
この映画の感想を長崎の実家で話したら、遠い先祖が五島列島の隠れキリシタンだったと言われた。

25年間で初耳だった。
ちょっとだけ特別な映画になった。
マーティン・スコセッシ監督もよくこんな地味な映画撮ったなぁと感心。
万人受けはしそうにないけど個人的には嫌いじゃないなぁ…
yori

yoriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

淡々と進んでいくストーリーに散りばめられた人間の惨さ、、弾圧する側が悪いように映っていたけど、よく考えたら誰も悪くなくて。それが余計辛かったな〜〜エンディングでお!?ってなった
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
観る前はキチジローが窪塚洋介ってイメージ違うって思ったけど、それはそうでもなかった。
内容は重い、辛い。外国人のレビューでホラーだというのを読んだが、そうかもね。
拷問のレパートリーがあり過ぎ。

キリスト教もお上も同じくらい頑固。
同じ強さでぶつかり合ったから、人がたくさん死んだのかしら。
頑なで犠牲を伴う布教をキリストは望んだのかしら。
>|