沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価・動画配信

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

CONAN2

CONAN2の感想・評価

3.5
江戸時代初頭 キリシタン弾圧を背景に、一人の神父が辿った運命を深く丁寧に描いた物語‥ 信仰とは何か、について考えさせられる作品‥
yori

yoriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

淡々と進んでいくストーリーに散りばめられた人間の惨さ、、弾圧する側が悪いように映っていたけど、よく考えたら誰も悪くなくて。それが余計辛かったな〜〜エンディングでお!?ってなった
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
観る前はキチジローが窪塚洋介ってイメージ違うって思ったけど、それはそうでもなかった。
内容は重い、辛い。外国人のレビューでホラーだというのを読んだが、そうかもね。
拷問のレパートリーがあり過ぎ。

キリスト教もお上も同じくらい頑固。
同じ強さでぶつかり合ったから、人がたくさん死んだのかしら。
頑なで犠牲を伴う布教をキリストは望んだのかしら。
さちこ

さちこの感想・評価

4.7
神の沈黙、主人公の沈黙

信仰ってなんなんだろう、正しさとは
江戸時代のキリシタンが歩んだ苦難を描いた作品。

鎖国時代の現・長崎県。

一時はザビエルらの布教活動により、キリスト教がかなり根付いた。が、危険な宗教として迫害を受けることになる。


欧州から送り込まれたかの有名なフランチェスまで棄教したとか。

それを聞きつけた欧州の司祭が日本に密入国し。。。。

藩主の迫害方法があまりにも狡猾だった。
最終的には司祭が人の命と信念を天秤にかけるような展開に。

自分にはここまでの信心深さはない。
貧しいところにこそ、信じるものが必要で根づきやすいのかなあ。

などなど色々考えさせられました。

ちなみに今でも長崎には沢山のキリシタンがいます。
ざべす

ざべすの感想・評価

3.9
キチジローwwww

意気揚々と異国にキリスト教を布教しにきた司教たちが目にする日本の排他的な洗礼を画にした映画。スコセッシ監督作。

「日本の史実と違う。日本だけが悪いように描かれている」と評価が割れることもあるようで。
…まぁ気にすんなよ!!コレ映画だからっ!!
が通じにくいのが、歴史・社会モノに手を出した性か。

スコセッシの良作と比べると、スコセッシ臭的な意味では見劣りする感じはするけど、
自分はスコセッシ作品の空気が好きだからか、キャラクターのあえての中身のなさとかけっこう面白くて楽しく見れた。

ちなみに「沈黙」とは、
踏み絵などのキリスト教迫害にあった時代の最中、「主(キリストの神様)よ、そこにいますか?見ていてくれますか?いるのに声はかけてくれないのですか?」の問いに対する「……」。

救いに来たつもりの司教さまたちが、
民たちがキリスト教徒でなければ厳しい尋問にかけられ処刑されることもない現実を散々目にし追い詰められていく様が、作り手の意地が悪すぎて逆に気持ち良くなってくる。

キチジローの半端者っぷりも気持ちいい。
修石原

修石原の感想・評価

3.5
テーマが深く重すぎて レビューでは語り尽くせないので また再見してから…

多数の日本人俳優が出演しているが
中でも 窪塚洋介の演技が出色。
彼の出演映画は 「ランドリー」「ピンポン」「ヒミズ」位しか観てないが
どれもクセが強く こんな堂々たる演技が出来るのかと驚いた。

あと 個人的には 小松ナナが 輝いていた。
>|