ホーンズ 容疑者と告白の角の作品情報・感想・評価

ホーンズ 容疑者と告白の角2013年製作の映画)

Horns

上映日:2015年05月09日

製作国:

上映時間:120分

3.2

あらすじ

恋人殺しの汚名を着せられたイグ。最愛の彼女メリンを失いその容疑をかけられるという地獄のような日々を送っていたある日、目を覚ますと角が生えていた。その角は誰もが真実を語りだす不思議な力を持っており、イグはその<告白の角>を使い真犯人を探し出そうとする…人々の疑惑・本音が押し寄せる中、真犯人の手掛かりを掴んだとき、メリンの死のもっとも悲しい秘密が明らかになる―。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

2.1
ハリポタくんが角はえるモンスターに
O

Oの感想・評価

3.2
宗教観満載だったけど
思ったよりコメディ要素が
あって楽しめました。

兄が無事だといいなあ、
Sittan

Sittanの感想・評価

-
切ない恋愛映画
めっちゃB級感あったけど、そこが良かったのかな~
これコメディともホラーとも捉えられるそうで、ほうほうと思った。

主人公とヒロインは強い愛の絆で繋がれてる。この愛は本物なんだ.....!!!!!!と思いました。
みお

みおの感想・評価

3.9
最初、声を聞いたときはハリーじゃん、、、、しか出てこなかったけど見てるうちにイグのキャラに引き込まれて頭の中にハリーは登場しなくなりました(笑)でもあの蛇は頭の中でナギニって呼んでた、、、。
冒頭、幸せそうに未来の話をする恋人達のカットから地下に潜って行くようなカメラワークで写るのは天井と床が反転している部屋。そこに横たわるD.ラドクリフ。手の先には飲み干した酒の瓶。そこからゆっくり天井と床が元に戻って行く様子は彼の絶望的な気持ちや酒の飲み過ぎの頭の鈍痛まで伝わってくるようですぐに引き込まれた。
恋人が死んでしまっても忘れられず、愛し続ける一途なイグには心打たれたし、そんな愛する恋人を殺したのは自分だなんて世間から言われるなんて、精神がおかしくなるだろう。すごく痛ましかった。
いい感じにファンタジーが織り交ぜられていて好きだった
前々から気になってた[ホーンズ 容疑者と告白の角]をHuluで鑑賞。

ある日ラドクリフ君にニョキッと角が生えてきて、その不思議な角の力で色んな人が何でもかんでも本当の事ベラベラ喋っちゃうよって話←ザツ
この告白が結構みんなドぎつい告白でみんな本音と建前を持って生きてるんだなぁ、と。

ところでラドクリフ君の最終形態の姿がモアナのテカーじゃん!もしくはソーラグナロクのスルトじゃん!おもたww

でも結構楽しめた作品でした(^O^)
2018615
ダニエル ラドクリフ
恋人の殺人という濡れ衣を着せられながらも、真犯人を見つけるために頑張る主人公の話。といえばありきたりな話だが、題名にもあるホーン(角)がこの物語の鍵を握っている。
主人公がひたすらにヒロインのことを愛し続けて、亡くなってもなお、大切に想っているのが伝わってきた。人からも裏切られ心身ともにボロボロに傷ついても恋人を信じ続ける姿には感動した。
マヨ

マヨの感想・評価

4.0
思ったより楽しめた。ダンはわりとハリポタのイメージからかけ離れた映画ばっかりでてるからどれみても違和感すごいんだけどこの映画はなんか彼の演技にあってる気がした。
emi

emiの感想・評価

3.0
角の不思議な力で人々がが口にできない不都合な真実を語りだすというのは面白い。ファンタジーとミステリーが程よく融合した作品。主演の若いカップルの配役もぴったりだった。
>|