stk

パパが遺した物語のstkのレビュー・感想・評価

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
4.0
父から娘への淀みなく注ぐ愛情と苦労と優しい笑顔に、何度も自分の父と重ねてしまい、もう二度と観れない。
強がってみてもふとしたことが辛いよね。パパに会いたいよね。二度と会えないけどそれでも会いたいよね。

邦題に「死」を漂わせてしまったことが非常に残念。原題のfathers & daughtersのまま観始めたかった。