ずん

パパが遺した物語のずんのレビュー・感想・評価

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.8
この映画本当に切なかった。

事故で母は亡くなり脳の後遺症を抱えた小説家の父がお金も体調もキツいのに子育てに奮闘する。愛する娘ケイティへの愛情を小説に。

ケイティが大人になってからと過去の父との生活のシーンが行ったり来たりなんだけれど後半はただただ切ない。

ケイティが人を本気で愛せなかったりするのは父と母を失ってこれ以上愛する人を失うのが怖いって事なのかな。

自分に置き換えてみたら辛すぎるしわかる気がする。

心に残る映画でした。