matsu

パパが遺した物語のmatsuのレビュー・感想・評価

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.5
ケイティ幼少期は父娘のストーリーという大好きなストーリー。娘大人編は娘の苦悩を描いており、なかなか感情移入はできなかった。
父の娘を思う気持ち、そして娘もその大きな愛に気づく、それがいい。