koh

パパが遺した物語のkohのネタバレレビュー・内容・結末

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

夫婦喧嘩中の車の事故で母を失い、父親(ラッセル・クロウ)は病気を抱えたまま、なんとか愛する娘ケイティを養おうとするパートと、25年後の、心の隙間が埋まらないままのケイティ(アマンダ・セイフライド)のパートで描かれる。

終盤までハッキリとは語られないが、心の隙間は父の死によるものであり、経済的に苦しくても、病を抱えていても、手放さず大きな愛を与え続けた父の死を受け止め、前を向けるのか。

いい映画なんだと思いつつ、響かなかった。わたしがきっと悪いんだな。