emma

パパが遺した物語のemmaのネタバレレビュー・内容・結末

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

後遺症を抱え、精神的にも金銭的にも独り苦しむ父。そんな中でも娘への愛が溢れていた。娘と幸せに暮らすために必死になっていた矢先に亡くなってしまうなんて、とても辛かった。

ケイティは母も父も失い、大切な人を失うのが恐くなっていたのだと思う。だから心から愛するたった一人の恋人を作ろうとしてこなかったのかな…。

最後には、「どうなるかは分からないし不安だけど、一人の人を愛して良いんだ、愛したいんだ。」そんな風な彼女の前向きな心の動きを見れた気がする。あの後ケイティが自分を大切に出来ているといいな。