マーク

パパが遺した物語のマークのレビュー・感想・評価

パパが遺した物語(2015年製作の映画)
3.7
ストーリーもテーマも、最後まで真に迫るものだったが、ラストだけが残念だった。
あれで何かが解決したとは思えない。
ケイティがキャメロンへの愛を自覚して口にしたからといって、恐怖や心の隙間が綺麗さっぱり無くなるわけではないから。
また同じことをしてしまう可能性や、そうなったら今度こそ修復は不可能だろうし、その時の、自分自身への絶望に果たして耐えることが出来るだろうかと思うと穏やかで居られない。