パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 142ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

噂通り邦題がナンセンス。

開始5分で始めの涙が流れて以来全編を通してじわじわと泣き続けました。
ケイティの子役の演技がたまらない。
close to you が良かったな。
ケイティの感情に合わせて体温が上がったり下がったりした。
現代のケイティに共感出来ない人が多いようだけど、私は全然そんなことなくて。
過去も現在も違った感情で泣けた。

終わり方も好き。
終わり方が好き。
yuri

yuriの感想・評価

3.8
愛したり愛されることって本当に幸せなことだと思わされた映画。
cheee

cheeeの感想・評価

5.0
家族愛を感じて、最後は涙が止まらなかった、、
ケイティとジェイクのやりとりを見ていると幸せな気分になる。
人を愛することって難しいけど、凄く暖かいなと感じた。
「男は愛がなくても生きていける、でも女は…」みたいなセリフが最後の最後に出てきたとき、この映画の軸に気づく。

父娘の話というよりは、大きな「愛」というテーマの方が良さそう。完全に先入観で観てしまったので、予想を裏切られあまりのめり込めず。

あと、邦題よくない。タイトルが原題のままだったら、父の死を知らずに話にのめりこめたかと…。
愛に溢れていて観終わった瞬間、「あぁ、」と幸せなため息がもれた。

愛するひとがいる人
愛をかんじたい人
愛をわすれた人
愛することがこわい人

全ての人に観てほしい。
イペー

イペーの感想・評価

2.8
父でも娘でもないから、と言ってしまえばそれで終わっちゃいますが、自分には作品の良さが分からなかった。
以下蛇足。ネタバレもあるのでご注意。

妻を事故で失った有名作家。事故の後遺症に悩まされながら、最愛の娘を必死で守ろうと奮闘する。
成長した娘は両親を失ったトラウマから、自罰的に自分の身体を男に委ねる。父のファンを自称する青年との出逢いを通し、彼女に変化が訪れる。
過去と現在の父と娘の姿がクロスオーバーしながらドラマが進行していきます。
その中で、それぞれの葛藤や苦悩が描かれている訳です。
まず、この二つのドラマの繋ぎ方が弱い。あっちこっちと行きつ戻りつするんですが、どこに焦点を当てたいのかが伝わり辛く、非常に散漫な印象を受けました。
娘のパート、孤児の少女との触れ合いのシーンが、彼女の内面の変化に影響を与えている様には見えない。果たして必要だったのでしょうか?
ラッセル・クロウもアマンダ・セイフライドも熱演です。しかし、脚本や構成が不味いせいか、いささか情緒的に過ぎる様に見えてしまう。せっかく役者さんは頑張ってるのに…。
父であったり、娘であったり、個人的な思い入れでもって、少なくない余白を補わなければならない作品だと感じてしまいました。

まあ、一番悪いのは脚本でも構成でも無い。IMAXが高いから、という理由でそんなに興味が湧かない映画を観た自分だ‼︎
narumi

narumiの感想・評価

3.5
父親が娘を想う気持ちに何度も心打たれました。 また、人生で大切なことが所々に散りばめられていたように思います。
でもタイトルから想像していた内容とは少し違い、パパの遺した物語が具体的に効いてこなかったのは残念でした。 また、序盤から小さな感動の波を起こしつつ最後に大きな波が来るかと思いきや、尻すぼみ。
話の順番を変えればもっと心に残る内容になったのではないかなと感じました。


しかし、恋愛や人生に少し行き詰まっている人にはオススメです。
彼らの苦しみに共感し、一緒に泣いた後にはよりシンプルな自分の気持ちに気づくことができました。
アーヤ

アーヤの感想・評価

4.0
期待しまくって行ったら期待通り
単純な話だけどなぜかとても感情移入してしまって泣いてしまった
およおよよ

その時の体調とか気分とか状況によって本当映画って変わる…
RikiOma

RikiOmaの感想・評価

3.4
全体的に見るとうーん、という感じ。

ごめんなさい、アマンダのことを下衆な目で見てました。。笑
onasunao

onasunaoの感想・評価

4.7
泣きました。
演技力、すごかった。実力派が揃ってる感じ。
いろいろなものを大切にしようと思える。
心が浄化された