パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 153ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

試写会にて。
重いテーマだけど人物描写が結構あっさりしていて過剰なラブロマンスもなく、物語を客観的に見られる。それをあっさりととるか、中途半端ととるかは受取り手によるんだね。わたしは単純な父娘愛の綺麗な話って感じでなくって、好きだなー
感動ものが見たいひとには物足りないかも?

邦題がパパが遺した物語、なので本の内容が関わってくるかと思えばそうでもなく…
原題通りFather & Daughter でよかったのでは…?
邦題オシャレにしたがるきらいがあるよね
かよ

かよの感想・評価

3.5
構成が凝っていて、どこへ連れていってくれるのかと楽しんでみた。
だけど、アマンダに共感できず…

一緒に観に行った人はボロ泣きで、素直に良い映画だと言っていました。
試写会にて。
とりあえず、タイトルに騙された
なにもかも中途半端。
はるき

はるきの感想・評価

3.2
とにかくラッセル・クロウの演技がすごい。アマンダが演じた役は完全には同情できず、感情移入できなかった。
それでもこの親子愛には感動を覚えた。
ブログを更新しました。 『「パパが遺した物語」父親の愛に守られていた自分を取り戻す為に、新しい愛に気が付いて。』
⇒ http://ameblo.jp/yukigame/entry-12078038158.html
アマンダ・セイフリッドが感動的に美しい。
その子供時代を演じるカイリー・ロジャーズがまた天使と見紛う物凄い可愛さ。
これだけでもう見る価値がある。
パパの忘我の執筆も納得です。

ストーリーは単なる感動親子ものではなく色々思うところがありました。

親から子への愛と言うのはもちろん重要で素晴らしいものなんだけど、それをどう受け止めて運用するかはこども次第なんだなあ。
愛されれば愛されただけ単純に幸せになれるわけじゃない。
愛された記憶に縛り付けられる事もある。

親から受けた無償の愛を他人に求めても同じものは得られない。
他者から愛されるためには、自ら愛する努力が必要なのかな、と思いました。
NAKAYAMAN

NAKAYAMANの感想・評価

3.6
試写会
愛する者を失った喪失感から、男と交わることでしか心の隙間を埋められなくなってしまった主人公。
ある日、父の遺作に導かれて一人の男と出会う。
果たして彼女は再び人を愛せるようになるのか。
主演アマンダセイフライド、主人公の父役にラッセルクロウ。

「親娘」「娘と男」以外の人間関係にも幾つかドラマが展開されるのだが、その掘り下げ方が全て中途半端で、あまりスッキリ観終えることができなかった。
飽きない程度には面白いし、子役が可愛くて癒されはするが落涙には至らず。

セックス中毒の主人公が軽い濡れ場を連発するため、隣に座っていたお母さんは娘(子供時代の主人公と恐らく同年代)の目を覆うのにかなり忙しかったご様子。
小さいお子さんと観るには向かない内容なので、ポスターとタイトルだけで選ばないよう注意が必要。
そんな親娘のやりとりもまた、微笑ましくはあったのだが。
KINO

KINOの感想・評価

3.0
なんとなく感動したけど、最後はうまく納め過ぎのような。それでいいのかと思えちゃった。子役がめっちゃかわいいし、カーペンターズの歌“Close to You”は良かった。
試写会で鑑賞。ポスターに「小説家の父から、時を越え届く愛の物語」て書いてるけど少しおかしくないかな?
パピコ

パピコの感想・評価

4.2

試写会に行ってきましたー!
ワクワクしながら
雨の中、いざ試写会場〜 (人゚∀゚*)♪


〜 鑑賞後 〜

放題のセンスには疑問…。
まぁ、それはさて置き。

ラッセルとアマンダは
元々好きだけど、彼らの演技が
本当に本当に素晴らしい。
表情だけで詳細な感情を
伝える事ができる能力者達です!

子役の女の子も
可愛すぎて印象に残る。
でも、ただ可愛いだけじゃなく
子供ながらに凄い演技力。


愛する人を失う恐怖。
ちょっと解るな〜。。。

終わりがある不安。
だから平穏でも心は落ち着かない。
解るぅーーーーっ ( ;´Д`)‼︎

自分自身の心が壊れているのに
心を壊した子供をケアする
仕事をしているのも皮肉だけど、
ケアしてるつもりが
ケアされていたんでしょうね。

でも、壊れていたケイティも
やはり愛で救われるのね〜。


私は女性なので、
ケイティの心情とか言動とか、
理解できるし共感できるけど…
男性の方達はどう感じるんだろう?
興味ありますねー(笑)


父と娘が「Close to You」を
一緒に歌うシーンが
とっても印象に残っています。
本当に素敵なシーンです!!

ぜひ劇場でご覧下さい (o'∀')b ☆