パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 153ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

ワン

ワンの感想・評価

3.0
2015/10/03
想像していたのと違う物語だった。二つの時間軸が交互に展開されるので最初は混乱した。
アマンダ・セイフライドが脱いだ!
TED2でマリファナをガンガンキメてたくせに、下着の一つも見せなかったアマンダ・セイフライドが脱いだぞ!!!

というとやたらゲスっぽい物語に見えるかも知れないが、話自体はちゃんとした感動系の映画である。
家庭の不幸で人を愛せなくなった女の人と、事故の後遺症に苦しむ父親のお話。なおこの二人は親子。

二人の物語を同時に追っていくため、画面の中で時系列が二転三転してわかりにくい。話が進むに連れてそれは慣れていくが、最終的にはキャラクターの平凡さにやきもきさせられるようになる。

主人公であるアマンダ・セイフライドのキャラクターが、結構特異的(自己破壊願望があって誰とでも寝るビッチ)なのだけど、それを取り巻く周囲の人物や、彼女が愛を知るきっかけになる男が凡庸すぎて、「もっとまともな奴とつきあえよ!」と思ったりも。

父親であるラッセル・クロウも、最後まで真っ当な父親であったため、「作家」という職業らしい、狂った部分はほとんど無い。
渾身の演技といっても、彼は最後まで普通の父親なので、あまり目を引くところはないように思う。

せっかくアマンダ・セイフライドのキャラがいいのだから、もっとひどい話になって欲しかったと思うのだが、それはまあ、個人的な願望の話にはなってしまうので、無しにしておくべきか。うーむ。
思ってたより期待ハズレでした。

王様のブランチでLiLiCoが半泣き状態で紹介してたもんだから相当泣ける映画なんだと思って過度な期待を持って見ましたが、「え、どこで泣けばいいの?」状態でした。

親子愛、恋愛、ヒューマンドラマ、詰め込みすぎて結局何を重視したいのか全部中途半端な感じでした。

カーペンターズの曲だけ唯一良かった
自らのミスなんですけど、予告編から想像した物語、展開では大幅に違っていたため思わず拍子抜けしてしまいました。

そっちかと。。。

邦題のセンスがダサいのに対し、予告編のクオリティが高すぎた。
個人的には久しぶりの予告編傑作映画の位置付けです。

ラッセル・クロウの発症の演技は素晴らしくアマンダも相変わらずキレイで、そして何と言ってもカイリー・ロジャーズちゃんが可愛すぎた。天使です。
ラッセル・クロウが本当に溺愛してたな笑

この秋一番の感動作は言い過ぎです。
うん、残念。
父親の話と娘の話。
いい映画だけど、
邦題からストーリーをイメージして観に行くとがっくしくるかも。
邦題がダメだと思う。物語がキーになるのかと思ってた。
ストーリー面で物足りない感じをうけてしまった。
ラッセル・クロウ目当てで映画館視聴。

ラッセルの父親メインのストーリーと、成長した娘メインのストーリーが並行して進んでいく。
宣伝ではハートフルな感動ものという感じで、確かに父親パートはその通りでした。
けど、娘パートは、夜10時のフジドラマみたいなドロドロ恋愛もののノリで、感動ものを期待して観た場合は娘パート邪魔かも。

あと、喋れない女の子が心開いた所や、父親が死を意識した所、娘がキャメロンを好きになった所などのきっかけをもっと描写して欲しかった。
あれじゃあ、遺作の本を書いた理由が、娘に何か残すためじゃなく、裁判の費用欲しいためになってないかな。

でも、ラッセルはもとより娘役の子役の熱演がすごく良かった。
心の複雑さを描いている。いい映画なんだけど、ちょっと腑に落ちないかな…
衝動的に観に行ってしまった〜
アマンダやラッセル、オクタヴィアやら名優揃いで、ストーリーも申し分なかったのですが、、、
話の進み方が、、、
とても感動的で、号泣必至かと思いきや、その話の進み方で激減してしまいました。
でも、みんな演技うまいので、話にのめりこめるんですけどね〜
う〜む、もったいない。
Teto

Tetoの感想・評価

4.0
2015.10.4@新百合ケ丘(60)

過去と現在の交錯が効果的。

Just like me,they long to be close to you...♪

ピンクの自転車。タイプライター。