パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

DVDで。

ほのぼの系な話だと思ったら割とヘビーな話だった。

子供の頃の生活環境って大事。

子役の女の子が可愛かった。
アーロン・ポールが良い奴で良かった。
私の一番のポテトチップス、、
エンディングがちか、しにかけた
愛溢れすぎさいこう
ねこみ

ねこみの感想・評価

3.4
ケイティみたいに自分の大切な人が全員いなくなったら…
幸せなことが幸せだって気づけなくなっちゃって何もかも感情がわかんなくなっちゃうケイティなんだけど、なんかわかるし本当に幸せになって欲しいなぁって思いながら見てた。

エンドロールのときの音楽の歌詞がよくてうるってきた。
risako

risakoの感想・評価

4.3
子役がほんとに可愛くて、感情移入しすぎて泣きじゃくってしまった

キャメロンの懐の大きさ。
日々家庭にトラブルがある子供達を世話するケイティは自分の過去のトラウマから抜け出せずに言葉にならない恐怖から逃れられないケイティ。

何にとかではなくて満たされない自分と重なった
muramura

muramuraの感想・評価

3.2
ラッセルクロウなんでもできるな体型もずっとガッチリポッチャリ中年おじさんのままで変わらないけどなんだかリアルそして垂れ目が可愛い(笑)

barで一人で飲んでるかわいい子にちょっと話しかけたらあっちからゴニョゴニョしようよって言ってくるとかラッキー過ぎるね   中毒性になってしまっているのか

アマンダが可愛すぎて25年後の設定がきつくなった 20年でよくね
non

nonの感想・評価

3.0
エンディングが微妙だったけど、彼女の痛みが刺さる程伝わってきた(;_;)わかる、わかりすぎる。
あのあどけない少女がああなるのは複雑。
nhoh

nhohの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃、事故で母親を亡くした女の子。
運転していた父親はショックから精神病に入院することになり、親戚の家でお世話になる。

父親は作家だったが戻ってきて、破産したり、大変な思いをしながらも、溺愛する娘のために本を書き続ける。

父と娘という本を書き終えた父は発作で倒れ頭を打って亡くなってしまうが、本は大ヒット。

成長した娘は、大学院で心理学を学び、同じやわうに心に傷を負った子供のケアをしたりしていたが、自らはトラウマから人を愛することができず、セックスだけの関係で心の隙間を埋めていた。

そんな時に、父親のファンという男性と恋に落ち、付き合うが、失うのが怖くて、自ら相手を傷つける行為をして振られてしまう。

最後は、彼の元を訪れ、愛していること、彼なしでは生きれないことを告げることができ、ハッピーエンド。

父親の愛、愛する人を幼い頃に失い続けた子の愛することへの恐れ、失うことの恐れ、それを受け入れる彼。切ないけど素敵な作品だった。
とりあえず幼い頃の娘ケイティがとてもとてもキュートな作品です!

アマンダちゃん目当てで鑑賞し始めたのですが、もうずっとケイティ見ときたかった。けどすぐ舞台は25年後に。。
そして25年後。大人になったケイティはめちゃくちゃビッチに。。

まぁ25年後になりはしましたが本作は現在と過去を交互に織り交ぜるつくりとなっております。
25年後には中々パパが出てこなかったりケイティがビッチになった理由を考えながら観る感じだったんですが、、
ん〜しかし終わりがなんだかな〜て。。
そこで終わり!?と思ってしまいましたよ。

そんで現在パートは僕的には微妙でした。
仕方ない部分があったとしてもあんな可愛かったケイティが好きじゃないタイプの子になってしまったし、、

やっぱ過去のケイティとパパが仲良くしたり喧嘩したり、そういうの観てたほうがグッとくるとこ多かったな。
本当に仲が良いんですよ。これぞ愛
パパが娘ケイティのことポテトチップスって呼ぶんですよ。全く意味が分からないんですがアメリカのこういうとこ好きです。

カーペンダーズの『close to you』も素晴らしい。映画の内容にあった歌詞です。
そしてラッセルクロウを起用した人素晴らしい。これはやっぱり彼しかいないです。

そういえばケイティの彼氏さん見たことある気がすると思ったらブレイキングバッドのジェシーピンクマンやないですか!
映画はそうでもないですけど海外ドラマは長いからもうその人はそのドラマの役が僕の中で抜けきれないのです
ジェシーもいい青年に成長してましたよ笑
愛する人を失うっていう体験
なんか、ね、うん、
人を自分から好きになるのが怖くなる気持ちがよくわかる。

いやー、でも女の人がスタイルいい、
外人すごいなぁ
maverick

maverickの感想・評価

3.8
温かい父と娘の話。父役を演じるラッセル・クロウの娘に対する愛情が溢れんばかりで、それだけで微笑ましくうるっとさせられる。娘の幼少期を演じる子役の女の子がこれまた凄くて、天才子役と呼ぶに相応しい。この2人のパートはどこも見所だった。アマンダ・セイフライドも難役を見事に演じているし、共演陣も豪華な顔ぶれで役者の演技のアンサンブルでも楽しめた。一見ありがちな感動系ストーリーと思いきや意外と深い作品。じっくり浸りたい時にお勧めしたい一本。とかく親子の関係が薄いと言われる日本の現状において、親にも子にも観るべき作品に思う。