パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    想像とは違うお話だった。でも、ラッセル・クロウの演技にやられた( ; ; )お父さん役とっても似合う。絶対に娘を手放さない父親の姿に感動。 過去の話に戻った時は、もうずっと泣いてた。ただ、現代の話はピンと来なかった、、昔の話だけで良かったなあ。エンドロール心に響いた、父と娘に“さよなら”はない ほんと泣ける。
    現代パートと回想シーンのカットバックにもすこし工夫があったらよかったかな。にしても泣いた。娘がいる父親さんは観たらいいと思うよ。
    録画。
    作家の父と娘の話。
    事故で母を亡くし、父は後遺症がありつつも、なんとか娘と二人で楽しく暮らしている。
    という過去の話とそこから20数年後に心理学専攻の学生となっているがなぜか心が荒んでいる娘の生活が並行して進む。
    なぜ荒んだのかは過去の話が進んでなんとなくわかる感じ。
    最終的にはまあいい話だった。

    遺された本が娘にとってどうだったのか、というのはあまりハッキリしなかった気が。
    もちろん父が二人のことを書いた本だから重要には違いないんだろうけど。

    あと、子供は可愛かった。
    何度も泣けるシーンがあった。
    Close to youが流れるたびに涙が止まらなかった。

    歌いながらお絵描きしている回想シーンが1番好きです。
    想像してたのとちょっと違ったかな… ラッセルクロウの優しい眼差しは好きだけど。
    レビューするのを忘れてしまってました…話の内容は覚えてるんだけど、映画を見て感じたことや学んだことを鮮明に覚えていない…悪い癖です気を付けます。。。(*_*)
    でもラッセルクロウの演技がすごかった。あとは幼少期のトラウマを抱えたまま今の自分と葛藤している娘の姿がすごく印象的だった。
    母親の死後、父親(ラッセル・クロウ)がトラウマを抱える中、一人の娘を男手一つで育てる父と子の生活、また25年後の娘(アマンダ・セイフラッド)の生活の困難。ラッセル・クロウの演技は上手いが、幼少期と25年後の切り替わりのタイミングが惜しい所があるのが残念。和まされる作品ではある。
    愛するのも、愛されるのも、こわい。
    わかる気がする。