パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

なつ

なつの感想・評価

3.7
タイトルの通り遺した…なんですよね。
お父さんが愛おしくて堪らないです。
最後の終わり方にはん?ん??って思うところもありますが、遺した物語。素敵です。
ラッセル・クロウの実像は知らないけれど、俳優としての彼を見ていると、世界には、クマ族という種類の男たちがいることを実感する。

なんとなく会員制になっているようで、その証拠に、クマ族同士はアイコンタクトで相手が会員であることを知るいっぽうで、会員でない人間にこのことを話しても、誰一人ピンとこない。

ちなみにラッセル・クロウは、あきらかにグリズリーで、決して敵にまわしてはいけません。かなうわけがない。

しょうもない与太話のように書いているけれど、このことの真実味は、わかる人にはわかると思う。クマ族であれ、クマ族と出会ったことのある女性であれ。

娘をもたないので、娘の父親としての、ほんとうのところの心情は分からない。けれど、母や妻や知り合った女性たちのバックボーンには、必ず父親の存在を"ネガ"として感じていたため(娘にとっての母親は"ポジ")、なるほどなぁと納得しながら観た。

脚本的には、この父親の"ネガ"性がよく描かれている。ネガは、光に透かしても実体が見えづらく、印画紙に転写してはじめて像を結ぶからだ。

ラッセル・クロウが死ななければならず、『父と娘(映画の原題)』という本を遺したのは、娘がやがては父をネガフィルムのように過去の思い出に残しながら、未来のパートナーに対し、印画紙のようにその思い出を転写する宿命にあるからだ。

キャスティングも上手で、クマ族を父にもつ娘は、ちゃんとクマ族っぽい男を選んでいる。

悲劇的な要素を盛り込んでいるけれど、この映画全体を占めるどこか健全な空気感は、そうした父と娘の関係を、うまく直喩として取り込めているからだと思う。

以下余談)

ささやかな思い出話として、今振り返ると、そうとうな誉め言葉だったんだと分かることがある。

もう20年も前の話になっちゃうのだけれど、もし〇〇さん(私のこと)が父親だったら、たぶん、私はお嫁に行けないと、ある女性から言われたことがある。

言われたときは、映画評か何かで説明してほしかった(笑)のだけれど、今はよくわかる。この映画の父と娘のあの感じを、彼女は思い描いていたのだろう。つまりは、クマ族というのは、そういう存在なんだということを。

その言葉を言ってくれた女性には、折に触れて、心から感謝している。それにしても、ほんとうに粋で素敵な表現。どうか、彼女が幸せでありますように。
ラッセルクロウと
幼少期のケイティのやりとりが
本当にステキ。

だからこそ大人ケイティの抱える闇とのギャップが効いてて
余計に胸が詰まる。。。

ルーシーの演技力...!!!って思ってたらANNIEの子だった!!!

♪CLOSE TO YOU♪がとても良い。

しかしこの映画は
好みがはっきり分かれそう。。。
父の娘への愛をとても感じる作品でした。
病気と闘いながら娘を守り抜いたが、最高の作品を残してこの世を去るというストーリーが切なかったです。
幼い頃のポテトチップがとても可愛くて泣くシーンとかは特に心に響きました。
父娘が一緒に歌ってる曲がとても好きでした。
Norie

Norieの感想・評価

3.3
ラッセルクロウ、ダイアン、アマンダ、アーロンとキャストが良いです。
あと子役の女の子の泣く演技がとても上手。
あんなパパ大好きって言われたらもう世の中のパパさんはメロメロでしょうね。
親子のほのぼのシーンはとても良かったけど、25年後のポテトチップスがイマイチだったのがマイナス。
Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

3.5
父は娘のことをポテトチップスと呼ぶ。
それを見ながら私はしみチョコを食べる。
あ〜しょっぱいもの食べたい〜

ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライド。ジャベールとコゼットですね。
まぁ一緒のシーンはないですけど。残念。
めい

めいの感想・評価

3.9
家庭環境って、その人をつくる本当に重要な要因になると改めて感じました
愛する人を失う悲しみ、辛さを知っているからこそ、人を愛することを恐れてしまうんだな、と

パパの不器用さとか物凄く可愛かったです(笑)
音楽も素敵でした!2人で歌うシーンは特に、可愛らしくてワクワクしました。
matsu

matsuの感想・評価

3.5
ケイティ幼少期は父娘のストーリーという大好きなストーリー。娘大人編は娘の苦悩を描いており、なかなか感情移入はできなかった。
父の娘を思う気持ち、そして娘もその大きな愛に気づく、それがいい。
やしお

やしおの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

記録

あぁなんでしょう…切ない…
すごく感情移入してしまいました。
人と本気で付き合うって、向き合うって、怖いのですよね。
最後、彼氏が戻ってきてくれて本当に良かった。

アマンダセイフライドは際どい役多いな。
でもね〜目が離せないというか、好きですね〜。

はて、
アマンダセイフライドなのか?
アマンダサイフリッドなのか?
Kate

Kateの感想・評価

3.6
パパの愛の形は不器用で、確実に伝わっていたけれど少し時が遅かった。彼女がその愛の結晶を渡した相手を間違えなかったことでパパの想いがようやく実を結んだ。
本の内容についても触れて欲しかったなあと思う。
ウィルの「7つの贈り物」の監督だと知って、この監督はバスタブが好きなのかしらと思った笑