パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

poohhtann

poohhtannの感想・評価

3.2
タイトルだけ見て 映画を鑑賞したので
予想してた終わり方と違って、、ちょっと残念。。
なんかすごい感動してたところで
え?ここでおわり?みたいな感じで
涙がちょっと引いてしまいました。。

タイトル関係なく見れば
本当の愛を手に入れたい女性の苦悩した
ストーリーで
よき です。
Momoka

Momokaの感想・評価

4.0
涙が止まらない。父と娘の愛、成長した娘の葛藤、そして苦しみやトラウマの中で愛を見つけるケイティの姿..
どんなにたくさんの愛を受けて育っても、やはり父母両方の愛が必要なのだと感じる。でも、不遇でも、母なき分も愛する人がいた事、そして、成長してうまく人を愛せなかったケイティがやがて愛を見つけるまでのストーリーは、涙なしでは見られませんでした。
Usamaru

Usamaruの感想・評価

4.5
初見でボロ泣きしました。


父 ジェイクが娘 ケイティに遺した「父と娘」…

ある意味ベタな展開かもしれないけど、父亡き後のケイティの人生の中で、文字通り「パパが遺した物語」がどん底に落ちたケイティをその時々で救い出してくれます。

作品の途中から、ケイティのすぐそばにいつもパパがいるように思えてしまうほどの、娘を想う父親の気持ちを感じ取ることができます。


皆さん、一度でいいから父と娘でこの作品を観てほしいです。

aconomusi

aconomusiの感想・評価

3.5
同時進行で、躁鬱病を抱えた父親との幼少期の生活と、大人になって父親の小説に感銘を受けた男と恋愛する設定。愛してるけど、愛が心で分からない、自信もないし、母親や父親の様に結局は居なくなってしまう不安が、愛することをためらってしまう。だけど、父親といた時間は、娘にとってかけがえのない愛された時間。父親も病気を抱えながらも仕事をして、必死で娘に愛を与えた。最後は、過ちをおかしてしまう事で本当に愛を失うことを知り、最後は晴れてハッピーエンドで良かった。
gon

gonの感想・評価

3.0
アマンダセイフライドどんな顔しても可愛いけど、あんまり納得いかない。その終わり方でいいのか…
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.0
ポテトチップはかわいい。
幼少期のパパとの
過ごし方は素敵だった。

けど、そこまでケイティに
感情移入ができなかった。
あんなにパパに愛されてたじゃん。
どうして、そんなふうに育った?

彼氏を裏切った時点で
ダメ女だと思ってしまい。
幼少期の可愛さからの変貌に
ついていけなかった…
wedge

wedgeの感想・評価

2.8
豪華な俳優陣と、
素敵な歌、
感動もののストーリー、
良い要素はいろいろあると思う。

構成なのかわからないけど、
なんか活かしきれていない感が凄くて、
入り込めなかった。
これは好みかもしれない。

ただ、パパ目線の時点で心にきてしまうので、そこは差し引きました
(父と娘とか、今一番弱いテーマ)
大人になってからのケイティが頑張って過去の傷乗り越えようとするけど、なかなか上手く出来なくて、でもどんな時でも根底にはお父さんへの愛があるのがすごく良かった
ま、世間が父の日とからしいので、観たらいいんじゃないかと。

思ってたより重いですけど。

邦題と、主人公の彼氏の怒鳴り声以外は、すごく好きです。

ラッセルクロウの、てんかん?的な病気のシーンとか、ビューティフルマインドからか、なんかリアリティ凄いし、

パラレルに交錯するオムニバスな回想シーンが、ずんずん来る。

ラッセルクロウの演技熱が圧巻。
父の娘に対する想い、娘の父に対する想い、それぞれが愛おしく切ない。
裁判がなければ長く暮らせたかも知れない。でも裁判がなければ傑作は生まれなかったかも知れない。
ケイティにとってはどうだったんだろう。本が売れるより、お金がなくてもパパと一緒に暮らしていける方が幸せだったんだろうなぁ。
最後はケイティとキャメロンと復縁できて良かった。
後半の暗い雰囲気の中で最後に明るい兆しが見えたようで少し救われた。