パパが遺した物語の作品情報・感想・評価

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

良かったT_T
もやし

もやしの感想・評価

5.0
なんか感動したなあ。
全く泣くようなシーンじゃないところで泣いてしまった笑

たぶんタイトルから連想するのとは少し違うニュアンスの話だと思う。

両親と娘の3人家族で、車の中で思いっきり夫婦喧嘩してたら前方不注意で事故。母が亡くなる。
父はそのせいなのかそうではないのかわからないが躁鬱病に。
でも立ち止まってはいられない。娘を食わしていかないと。

そして時は飛んで25年後、娘は子供を支援するソーシャルワーカーに。
意欲的だが、人生に妙な空虚さがあり、悩んでいる。人を愛することができない。


何がどうって言いづらい話だけど、何というか、出てくる人が皆惑ってる感じに共感したかな。否応ない感じというか。心境も、状況も。
あとは、何がどうなってそうなったからこの人はこういう風になった、みたいな決め付けがないところが全然ないのが優しいなって思った。
その人はその人だからその人なんであって、それ以上のものはないというか、全部引っくるめてというか。

自分の人生の辛さを噛み締めてる大人が、子供に人生の素晴らしさを説き、その子供がまた大きくなって、人生の難しさに気付くも、また他の子供に人生の素晴らしさを説くというこのね…

音楽が全体的に良かった。
突然のカーペンターズに驚きつつも泣けた…笑

どんなに怖くて逃げ出したくても、どういう形にせよ逃げないでいるのは、そこに何かがあるんだろうなと思いました。
娘の苦悩には共感しました。
娘って書いたけど、これ父と娘の二人の物語って感じじゃないんだよな。娘自身の生き方の話というか。

糞みたいな一日も映画で少しマシになる!
nanako

nanakoの感想・評価

3.5
パパが遺した物語
ラッセル・クロウパパを予告編で見て、ぜひ見ようって事にしていました。子煩悩なパパでした。可愛い。
確かに失うのはこわいよね…。それならいっそ…って気持ちもわからないでもないけど、そこは強くならなくては。あんなに愛された記憶があるなら。

そういえば、先日父の誕生日だったので、おめでとうってメールをしました。
返事は『ありがとう!がんばります💪🏻』でした。…ヤル気ある…。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.6
事故で妻を亡くし後遺症に苦しむ父と、幼くして母を亡くした娘の親子の物語。
父の深い愛をいっぱい受けて育つも、セックス依存症になる娘が痛々しかった…
ラッセルクロウの父の愛と悲しい背中にグッとくる一本!
ppdollm12

ppdollm12の感想・評価

3.5
ストーリーは好きですが、終わり方がイマイチな印象を受けました。
R

Rの感想・評価

3.8
レミゼしかラッセルクロウの出てる映画を観たことが無かったので、なんだか新鮮な感じがして良かったです。

カウンセラーとしてのケイティは良かったのに、プライベート面でケイティを見てしまうとなんだかな〜って思いました。心の問題なんで仕方ないですけど。

他の方も言ってたのですが、内容がなんとなくI am Samっぽい感じします。
bunbukubun

bunbukubunの感想・評価

3.0
キャストが絶妙。
脇役が豪華なのに邪魔をしない。
子役の子が素晴らしい。

カーペンターズのclose to you に乗せて綴られる愛を忘れた女の子のお話。
いかにもな物語だけど悪くない。
mio

mioの感想・評価

3.0
あんまり好きじゃなかった。

想像してた話とちょっと違かったなぁ