パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    期待しすぎちゃったかな。まっすぐな娘に育って欲しかったなぁ
    カエルちゃん3割、クロウ1割、ヘイリー・ベネットちゃん6割で観始めたんじゃけど、ヘイリーちゃんホントに出とる?エンドクレジットも名前無いし、鑑賞後、早送りながらもう一回流したんだがやっぱりそれらしい人は見当たらんのんじゃが…。
    思ってた話となんか違ったな。もうこの時にはでっかかったんだねラッセル・クロウ。なんかカエルちゃんの人生めちゃくちゃにしたの親父なんじゃね?みたいな…。娘のことを優先で考えるならもっと出来ることあっただろ?なんか救いようの無い親子の話で、泣ける映画を期待したのはオレが悪いが、伝えたいコトは全くわからんかったわ。“遺した”の字面なんかヤダw
    体感時間がなんとなく長かった気がする。泣く気で観たけれど、少しウルっとするくらいでした。

    子役の女の子がとっても可愛い。
    なんか惜しかった
    切なかったです。親子愛が見れた映画でした!あったかかったです!
    子供の心を開く仕事をするアマンダが自分の心をコントロール出来てない姿がなんか辛かった

    最後の彼氏とは共依存が始まるんじゃないかとちょっと怖かった

    けど人間らしさが出てて割と好きな作品
    どうしようもない悔しさ、親、子供を大好きな気持ち、色んなものが込められた映画。
    音楽も良くてストーリーもかなり泣ける。
    出てくる歌いい歌だったなぁ。

    終わり方が少し残念。

    人によって評価がより変わりそうな映画だと思った。