パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

Nissy

Nissyの感想・評価

4.8
気づいたら涙出てるし映画見入ってる
彼氏めちゃくちゃ良い人 あんな人いるのかって感じ
Yui

Yuiの感想・評価

3.0
BGMが素敵すぎる。
いないってわかってるけど考えない日はない。

時系列が忙しいけどもっとケイティーの成長するシーンも欲しいな、と思ったり。
emma

emmaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

後遺症を抱え、精神的にも金銭的にも独り苦しむ父。そんな中でも娘への愛が溢れていた。娘と幸せに暮らすために必死になっていた矢先に亡くなってしまうなんて、とても辛かった。

ケイティは母も父も失い、大切な人を失うのが恐くなっていたのだと思う。だから心から愛するたった一人の恋人を作ろうとしてこなかったのかな…。

最後には、「どうなるかは分からないし不安だけど、一人の人を愛して良いんだ、愛したいんだ。」そんな風な彼女の前向きな心の動きを見れた気がする。あの後ケイティが自分を大切に出来ているといいな。
sato

satoの感想・評価

3.5
悪くはない。けど、最後のまとめ方が簡易的すぎる感じがした。
ラッセルクロウ演技うまいなぁ。
こーじ

こーじの感想・評価

4.0
いつもなら過去に何があろうとセックス依存になる女性に共感なんてしないし、最初はそう思って観ていたけれど、細かい説明は無くとも性差を超えて苦しさを取り込んでしまった。それは見飽きない主演3人の演技力故。脚本よりも演技を観る映画。
LUCA

LUCAの感想・評価

4.0
父が子に遺せるものってなんだろう
愛することを諦めないことはとても素晴らしいと思う!
ricopin

ricopinの感想・評価

3.0
苦手系だった、、、

アイアムサムもだけど
父娘だと裁判が あるある

ケイティ、そんなな大人になぜ
なったんだ、、わからない
わからない、、、
氷雨

氷雨の感想・評価

3.5
幼い娘と父親の愛に泣かされた
お互いがお互いのことを本当に愛してるんだなってのが画面からひしひしと伝わってきて。
ふたりの演技が素晴らしかった

音楽も、Close to youだけじゃなく
お父さんがBGMにしてるクラシックやEDも良くて耳に心地よかった

ケイティが大人になってからの話は、う〜ん…
いまいち感情移入しづらく思えた
父親の小説を読んで愛を辿るシーンとか期待してたのになかったし、
これは邦題の所為のがっかりもあるのかな…

最後は都合よく終わった感じで、
感動は終始昔の父娘の場面に尽きる
一度は観たかったのでまあまあ満足かな
幼少時のケイティの三つ編みはラッセルクロウがやってあげてた設定?
NY

NYの感想・評価

3.7
この主題歌が好きで久々鑑賞。

こんな父親なかなかいないし
環境だとか病気だとか関係なくて
子どもは愛で育つ。
子どもって敏感だからちゃんと
気付いてる。

金で奪おうとする叔父たちには
ヘドが出る。