パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
ほんわかした話かと思っていたが実際にはかなり心をえぐられる話。幼少時に両親を亡くして愛情を受けた記憶に蓋をしてしまいセックス依存症に陥った主人公が、作家だった父の作品を知る男性と出会うことでその頑固な蓋を少しずつ開けていこうとする。自分は普通に両親の愛情を受けて育った(はず)と思っているのでケイティの行動に彼氏ほど寛容にはなれない気がするが、でもしっかりと何が一番大事かを理解する流れで最終的には優しい気持ちになれる。てか、その重要なキーとなる事柄がタイトルでネタバレしてる気がするけど大丈夫なんかこれ?
Natsuki

Natsukiの感想・評価

-
結構前に見たから正直ストーリーあんま覚えてない…
けど、思ったよりそんな…って感じやった気がする
TAKEtake

TAKEtakeの感想・評価

4.0
現在と過去の時間軸が同時進行していく展開だったような…
この監督の作品は
焦らずジンワリと家族や恋人からの愛を感じさせてくれる気がする…
わざとらしくなくて好きでした
KAORUKO

KAORUKOの感想・評価

3.8

ラッセルクロウがお父さんとして本当に優しくて、割と最初の方からなんか知らないけどジーンとして涙したなぁ。
子役の子の演技が良かった。
この作品のケイティがもうないのかと思ったときのようにせめてちゃんとありがとうって言おう。
「close to you」のシーンは本当に微笑ましい。
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
パパが好きすぎてメンヘラ化した女の子
曲のタイトル忘れたけど、あの曲良く親が聞いてたなー
ジャケットの子供の涙に完全に心を持ってかれた

まず、ラッセル・クロウがスゴい
強烈な後遺症に悩まされながらも娘の為に色んなものを犠牲にして常に娘の傍にいようとする
本当に素敵…というかラッセル・クロウがいいパパにしか見えない←

娘はお父さん(自分を愛してくれた人)を亡くしたトラウマに頑張って克服しようとして、それでも克服できない葛藤も伝わってきて涙腺が緩んでしまった
アマンダ・セイフライド美人だった

大切な人と見たくなる作品
NEODEAD

NEODEADの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

愚行に走る寸前の、音楽に救われるシーンだけは良かった
ラッセルクロウが好きなのでサービスしてこの点数
bigBEM

bigBEMの感想・評価

2.8
ラッセルクロウの演技が良かったことと、カイリーとアマンダが可愛かったことくらいしか覚えとらん。。。
とてもくだらない物語
中途半端でこの程度の話しを映画にしようと思った事が凄い!
半端じゃないm(__)m
jaja

jajaの感想・評価

-
誰だって、人を好きになれば、その瞬間から失う時が来ることを恐れおののく。かつてそういう経験をしたことがあれば、なおさらだ。▼付き合う前から、いずれ別れることを前提にして、そこから逆算して考えている。そんな馬鹿なと思うだろうが、人生で何回も経験すれば、そういう癖がついても仕方ないではないか。▼だから、このケイティを笑えないし、異常だと言えない。深く愛し親密であればあるほど、失った後が辛いくて、変な言動をしてしまうのだ。▼因みに、男だって愛がなければ生きていけない。仕事でごまかしているうちはいいとしても。