パパが遺した物語の作品情報・感想・評価

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

nalu

naluの感想・評価

3.5
Close To Youの曲と叔母さんの「男は愛が無くても生きていけるのよ。でも女は違う」っていうセリフからのラストシーンとエンドロールは美しい。
人はどんな形でも愛を感じていたいし、心を許せる人とは、いつまでもぬるい風呂に2人で遣っていたいよね。と思う映画だった。

泣く人は号泣するけど、泣けない人は全く泣けないと思う。それ位キャストの演技は素晴らしく脚本が惜しい。

レミゼラブル以来のラッセルとアマンダの共演が見れただけで満足。
ShutoIto

ShutoItoの感想・評価

3.6
所々過去なのか現在なのか少し分かりずらかったけど、父の娘を思う気持ちにぐっときた。
家の中で2人がclose to youを歌ってる場面がとても印象的で親子の強い愛を感じた。
家族のカルチャーは連鎖するから気をつけましょうね、ってことかな。
Mena

Menaの感想・評価

3.6
はぁ〜〜ぱぱ( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
娘を思う親の気持ちが痛いくらいに素晴らしい。アマンダちゃん可愛かったけどあのキャラ設定は苦手。アーロンポールかっこよすぎた。
hana

hanaの感想・評価

4.2
Close to youにはまった
邦題父と娘とかでいいのに!
あべ

あべの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラッセルクロウの演技に感服。


タイトルはイマイチ。

妻の親戚は鬼畜野郎共。


もっと父と娘の話が観たかったなあ。

現在の娘の堕落生活より。。
shunset

shunsetの感想・評価

4.0
この映画は泣いてしまう
Ellie

Ellieの感想・評価

4.0
過去のパパの奮闘記と現在のケイティの話が交互に展開しながら進んでいく。

躁鬱病を患いながらも、娘ケイティのために努力しようとするパパの愛情が初っぱなからヤバすぎて泣きっぱなし。
ラッセルクロウの演技がいい。あったかい。
娘をポテトチップって呼んだり。
仕事をする横で歌を歌いながら、絵を描くケイティと一緒に歌い始めるシーンとかすごい好き。

妻を失って、後遺症と躁鬱病を患った彼を誰もサポートしない。
挙げ句の果てに身内はさらに追い込み、批評家も彼を追い込む。
1年病院に入ったから完治しました。そんなわけないでしょ。

最も愛する人を失ったケイティは、失う恐怖から人を愛せなくなって、自己破壊型になってしまった。
心の闇を抱えながらセックスで心の隙間を埋めている。
そんな中で、キャメロンと出会って次第に彼女の心も変化していく。

切ないけど、すごくよかった。
あんなパパが欲しい。愛情いっぱいのパパ。
すごくいい話で、終始泣きっぱなし。

ただ、1つ言うならば、パパが最後に遺した最高傑作"fathers & daughters"の中身を少し聞かせてほしかった。
nAo

nAoの感想・評価

3.8
記録☺︎