パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

悲劇にさらに悲劇が重なる。「どうして…」の連続で、非情な現実を表していてとても胸が苦しくなる作品。
父と娘の純愛は誰が見ても泣ける。
幸せな時と悲しい時に聴くclose to you は全然違う曲に感じたな〜
すっごいいい映画だなって思ったけど、本の内容知りたかった😢
両親がいる幸せ実感できます
れな

れなの感想・評価

5.0
めっちゃ泣けた
close to you と Fathers & Daughters
がもうやばすぎた
でも本の内容とかに触れて欲しかったな
だけど良かった
EriNishida

EriNishidaの感想・評価

3.5
子役の素晴らしい演技に感動

Father&Daughterの内容にもっと触れて欲しかった
絶妙に惜しい、惜しいよ……

主題歌まで含めて最高なんだけど、いまいち本の中身に触れてくれないからうっすらとした感動で終わってしまって切ない
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.7
映画オリジナルのエンディング曲と父との思い出のカーペンターズ
もうそこだけで涙腺もっていかれました。
あの顔はラッセルクロウにしか出せない表情だと思う。
そして名演技。
どちらか言えば幼いころのケイティ!あの子にメロメロでした。
ストーリーに関しては
あのパパの本の内容が話そのものだけど、もっと欲しかった!
花梨

花梨の感想・評価

3.6
Carpentersのclose to you がtears誘ってくる
しゃる

しゃるの感想・評価

2.3
アタシもパパっ子だったから、切なくなる部分はあったけど…泣けるほどではなかったかな。わりと冷静に観てしまった。。
観ていると苦しくて苦しくて、主人公のジェイクとケイティの親子の関係性もとても繊細に描かれていたと思う。
終盤、やっと苦しさから解放される場面があり、本当に感情移入してしまう内容だった。親子二人の関係性がいくら上手くいかなくなった時があったとしても、二人の絆は何があっても崩れない強さを感じられて素敵だった。
ak

akの感想・評価

3.5
これは、、この作品は、良い悪いの感想が二極化するわなっていうラスト。せっかくの良い気分が台無しになる。

父と子の話だけなら星4なんだけどなぁ。あのシーンいらなかったなぁ。

close to you のシーンが好き。挿入歌すごい好き。

#まあでも本当に素敵な親子の話