パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 7ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

3.5
父は娘のことをポテトチップスと呼ぶ。
それを見ながら私はしみチョコを食べる。
あ〜しょっぱいもの食べたい〜

ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライド。ジャベールとコゼットですね。
まぁ一緒のシーンはないですけど。残念。
めい

めいの感想・評価

3.9
家庭環境って、その人をつくる本当に重要な要因になると改めて感じました
愛する人を失う悲しみ、辛さを知っているからこそ、人を愛することを恐れてしまうんだな、と

パパの不器用さとか物凄く可愛かったです(笑)
音楽も素敵でした!2人で歌うシーンは特に、可愛らしくてワクワクしました。
matsu

matsuの感想・評価

3.5
ケイティ幼少期は父娘のストーリーという大好きなストーリー。娘大人編は娘の苦悩を描いており、なかなか感情移入はできなかった。
父の娘を思う気持ち、そして娘もその大きな愛に気づく、それがいい。
やしお

やしおの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

記録

あぁなんでしょう…切ない…
すごく感情移入してしまいました。
人と本気で付き合うって、向き合うって、怖いのですよね。
最後、彼氏が戻ってきてくれて本当に良かった。

アマンダセイフライドは際どい役多いな。
でもね〜目が離せないというか、好きですね〜。

はて、
アマンダセイフライドなのか?
アマンダサイフリッドなのか?
Kate

Kateの感想・評価

3.6
パパの愛の形は不器用で、確実に伝わっていたけれど少し時が遅かった。彼女がその愛の結晶を渡した相手を間違えなかったことでパパの想いがようやく実を結んだ。
本の内容についても触れて欲しかったなあと思う。
ウィルの「7つの贈り物」の監督だと知って、この監督はバスタブが好きなのかしらと思った笑
最近また流行り?の現在と過去を行き来するスタイルのストーリーテリングの導入によって、娘がメンヘラになった経緯がよく解らずほぼ最後まで感情移入できない。
普通に時系列にしてくれたほうが良かったな
ayano

ayanoの感想・評価

3.2
ジェイクとケイティが歌うシーンがすき。ポテトチップって呼ぶのもかわいい。
でも小説の内容が知りたかったし、エンディングがもうひとひねりほしかった。
ケイティが走ってるシーンで、自分が行ってた学校映ったのテンションあがった❤︎!!

話よかった。泣いた。ケイティの気持ちすごい分かるなあ〜〜。
現実でも、片親とか両親不仲な子って、まともな恋愛してる子少ないもんな〜。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.5
キャストや演技は良かったが、時系列がやや複雑すぎて思ったほど感情移入できなかった。
ただ、ラッセルクロウの演技がめちゃくちゃ上手い!
クヮヴェンジャネ・ウォレちゃんを初めて見たのが「ハッシュパピー バスタブ島の少女」で、そのあとが「Annie アニー」だった。
いつの間にこんな大きくなったのかとビックリした。
娘役のカイリーロジャースの号泣するシーンは本当に上手い。
ダイアン・クルーガーやオクタヴィア・スペンサーはこういう役が本当に似合う。
キャストの演技はいいのだが、邦題のミスリード感や演出がイマイチで、素材がいいだけにもったいないと思った。。
宮本

宮本の感想・評価

3.5
テーマが「父と娘」なので個人的に観ようかどうしようか悩んだ映画でしたが、何度か挫折しながらも見終えたので記録に。俳優さん達の演技がまた素晴らしいく、全体的な雰囲気も合わせ静かにゆっくりと心臓を握りしめられる様でした。スコアは演技、雰囲気、(音楽を含む)全体のまとまりに対してです。やや構成的に複雑さを感じた点もありましたが、ただ淡々と親子のストーリーを進められるよりも色々と考えるものがありました。とはいえ、最後らへんに関しては思っていたよりもヌルッと終わったので全体的に淡い印象もあり、これは大人になってから観る映画のひとつだな〜と感じました。