メタル猫

チャイルド44 森に消えた子供たちのメタル猫のレビュー・感想・評価

3.8
1953年、スターリン政権下のソ連。
9才から14才の子供の遺体が次々と発見され その死因や状況に謎が残る。しかし、時の政権は、夢のような理想国家を標榜し、犯罪の存在を認めず 全て事故として処理してしまう。その為、連続殺人を疑い、捜査を始めた秘密警察の捜査官レオが真相に迫れば迫るほど、国家に行く手を阻まれる・・・。


序盤は、国家のスパイ検挙と、子供の遺体発見が同時進行してる感じなので、ちょっと分かりにくい感じですが、徐々に 話が解きほぐされて行きます。
なかなか見応えの有る、ミステリアスなドラマでした(^_^)b