tomoco

チャイルド44 森に消えた子供たちのtomocoのレビュー・感想・評価

3.0
実話を題材にした映画らしく、ミステリーだけに、ずっと靄がかかった様な暗い印象である。
ソビエトのスターリン政権の事はよくわからないが、国家の陰謀で裏切りと見なされた者が、消される事は本当にありそうで怖い(ってかあるよ)。

国家の保安官・レオの妻がスパイ容疑にかけられ、田舎へ左遷され…子供達の謎の死と絡み合い物語は進んでいく。
何も罪のない子供達が殺されていく惨さ…。

シビアな作品なので、正直印象は薄かった。
トム・ハーディは国家の保安官役であるが、他作品と比べるといくらかマジメな雰囲気を漂わせている(暴力シーン以外)。
トム・ハーディがリスペクトする、ゲイリー・オールドマンとの共演や、ヴァンサン・カッセルの演技が良い。

自分にはミステリーとしては、物足りない感じであった。
こういった作品は、その題材になった国の思想を感じ取るには良いのかもしれない。