どーもキューブ

死ぬほどセックスしてみたかったのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

4.4

このレビューはネタバレを含みます

バクシーシ山下監督「死ぬほどセックスしたかった」上映会に行ってきた。 2015年2月参加。


バクシーシ山下のアンチモラルクラッシュ

ていうか!バクシーシ山下監督が、越後来る!シネウインドに来る!そりゃいくでしょ!

というショッキングなニュース。

バクシーシ山下監督、は、結構20代の時ビデオで借りてた時期あり。今は、「復活リクエスト」と題して再発売されております。全ておさらいしました。

バク山監督代表作おさらい。

そちらの人々とAV嬢を交錯させる、社会派AVの異名がつき、バク山さんの出世作「ボディコン労働者階級」

女性が本気で恐れ、泣くと笑ったように泣いた「スーパー女犯」

こちらも今は発禁。裸のランチをマジでやるランチ、佐川君出演「裸のランチ」(これ、リアル、カニバリズムです。ビデオで見て記憶。やなトラウマ。)

そしてトークゲストにドグマ所属、「テレキャノ」効果で来年セルフ劇場作品「501」公開予定。

「喰うか喰わざるかの人生でしょ。」
「人間力がためされるでしょ」
「ジョージ秋山のはぐれ雲ですよ」
「ホドロフスキー作戦」

と名言連発のおとなのビデオ監督、
ビーバップみのるさん登壇!

みのるさんは、「ビスキャノ」のパンフに「影響を受けた作品」に

何を隠そう本作を推薦していた。

バクシーシ山下の「死ぬほどセックスしてみたかった」をあげていた。

本作、発売禁止。になり、幻の作品という事でぜひ喉からみたいという衝動とバク山さん、みのるさんに逢える超ミーハー嗜好で、上映会に参加してまいりました。

シネウインドの上映会で鑑賞しました。



最初は、なんか、いつものバク山テイスト、なんですよね。

全く未体験のカタは、まさしくバク山チルドレン男優・観念さんや親指女史さんをみるだけで、スーパードキュンの衝撃だとは、おもいますが。

とある女優の死から、いつものバク山僻地巡礼のような内容。まあまあ落差がはげしくて笑いましたが、。

いやぁ、ラストは、本当すごいわぁ。

アンチモラルクラッシュでしたね。

ドキュメントを通り越してまさしく

確信犯の犯罪行為フィクションだす。

開いた口が、ふさがれないラスト!必見!すぎて、見れる方は、ぜひ!上映会でみてね!

ていうか、ソフト化いまなら出来そうですけどね。

セックスしたかったなんて、甘いタイトルからは、

かけはなれた回し蹴りがはなたれる

バクシーシ山下の未公開作。

同時上映だったみのるさんの「僕と企画女優が生きる道」が、なんとのほほん、と確信犯を取り混ぜた平和感を感じホッとしました。

トークもオモシロかったです。みのるさん、サイン。バク山さん、サイン頂きました!

みのるさんに「501」の完成とバク山さんに「激ヤバ映像のおねがい来県」をことづけしました。

感銘をうけた漫画家新井英樹さんイラストのバク山さん劇中「中指P子」画です、似すぎてます。

ちなみに観念さん、中指さん「うわさのコンパニオン」に出演してます。ぜひ!

観念さんは、バク山さん作品に沢山でてますんで、ぜひ!レンタル屋さがしてみてください、あります。

いやあ貴重な作品みさせていただきました!


追伸
ただいま
バク山ドキュメンタリー映画祭開催中なんかな?超いきたい。


また越後出航開催待ってます。

本日真夜中のブログ投稿記事