Akirajiisan

小川町セレナーデのAkirajiisanのレビュー・感想・評価

小川町セレナーデ(2014年製作の映画)
3.6
前半、1時間は、シリアスなのかな、って思ってたら、後半はコメディーっぽくなってきて、そして最後は又、シリアスに。そして、みんな救われて、楽しく見終われた。
いい話でした。良い人しか出てきないし。
安心して見てください。

ゲイの人達の仕事ってゆうと、飲み屋、ショーパブ、オカマスナック、ってなっちゃうのが今の現状なのか?
そもそもそこから変えていかないと、って思うんだ。
LGBTの人達って、きっと凄い高い能力持ってる人達だと思う。
堂々とその特性を活かした生き方出来たら、素晴らしいですよね。
でも、私的にぶっちゃければ、やっぱり男女の関係は無理かも。(これは仕方無い)でも、偏見は持たない自信はある。

まあ、この映画の描いてるのは、そこじゃ無いと思うけど。
でも、普通の家族じゃ無かったのが、この映画のミソかな?
ちょっと微妙な家族の、一軒のスナックを巡るホームドラマ、かな?

安田様は、意外にもかなり綺麗で驚いた。
男でなく、女でも無い、微妙な人になりきっていて、流石でした。
あと、借金取りのオヤジが準主役張りの言葉吐くし、ラーメン屋のオヤジがいい奴だったし、最後の子役が可愛かった。