GOROTUKI

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホームのGOROTUKIのレビュー・感想・評価

3.9

2015年
ひつじ年最後に観賞したヒツジ作品!

やっぱり凄かった!
ストップモーションアニメの天才集団
アードマン・アニメーションズは!
その理由

①作品を作り上げる為の妥協しない姿勢
本当に毎回驚かされます!
特に日常生活の小道具のリアリティに!
食器や家具や電化製品などの質感が
そこに生きて生活していると
錯覚させる力があるんです!
本作では動物収容センターのトランパーが
動物を捕獲した際の写真が赤目なんです!
これはペットを飼われた方なら一度は経験するあの現象です!
それをたった数秒のカットの為に入れる
こだわりが凄い!

②脚本が凄い!
毎回80分ぐらいに収める為
全く無駄が無い!
相当脚本にブラッシュUP
していると見ました
温かい物語はウール100%です!

③笑い!
クスッとしてしまうテンポのイイ
笑いのつるべ打ちは本当に心地よかった!
自身は
「眼がいっちゃってる犬」のくだりが大好きです( ^_^)

そんなこんなでメェ〜作でした。
来年公開の続編も安心の品質だと思います