AK

彼の見つめる先にのAKのレビュー・感想・評価

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)
3.5
レオとジョヴァンナの距離感が見ててすごく素敵だなあと感じました。
日本であの距離感だとビックリしてしまいますが…ブラジルではあんな感じなのですかね。

みんなでキャッキャしている感じも青春〜って感じでいいです。
「朝日を見ようよ」ってまさに青春ど真ん中な台詞じゃないですか?!流星カリーナって単語がなんかとても好き笑
いじめっ子はブレずにいじめっ子でムカついたけれど、映画のキャラクターとしては愛すべきキャラクターでしたね。

ジョヴァンナすごく可愛い。細いしいい子だしもう…
ガブリエルも美しい。名前的にも髪型的にも天使なのかな…
「僕の電話で君が踊るんだ」と、お返し発言がキラーワード過ぎて…!劇場内の観客が「ヒュー!」と思ってたと肌で感じました。

恋愛だけでなく、自立とか反抗期とかも取り上げてて。みんなの気持ちがわかるから辛くてもどかしい。
LGBTものにありがちな嫌悪とか差別の描写がなかったので、穏やかな気持ちで見守ることができました。

ストーリーに起伏があるわけでもなく、この映画のここが素晴らしい!とかは主だって上げられないのですが、観終わった後のこの爽やかな気持ちはなんでしょう。。
観て良かったなあ〜と清々しくなれる映画でした。