彼の見つめる先にの作品情報・感想・評価

彼の見つめる先に2014年製作の映画)

The Way He Looks/Todas as coisas mais simples

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の…

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

「彼の見つめる先に」に投稿された感想・評価

さわやか胸キュン、ときどきびっくり

幼馴染みの彼女のすねてる様子が、まっすぐでかわいい
gropy

gropyの感想・評価

3.8
CMBYNの直前に見た。
決して綺麗なことばかりではないが、「爽やかで甘酸っぱい青春ラブストーリー」って感じだった。
前情報を何もなしに、ポーンと映画館に入って鑑賞しました。美しい風を浴びた…。観終わった時そんな感じ。

レオナルドを盲目だからと言って いじめるのは許せないけど、いじめの程度がガキんちょレベルだったのと、本人があまり気にしてないところがよかた。こちらの風は少し強くて眉をしかめる感じ。
ガブリエルが転校して来た時は、やさし〜そよ風が教室に吹き込んで来た感じ。

男の子同士の恋愛、青春。素敵だなぁ〜。。この風もう一回浴びたら寝ちゃうかも。心地よすぎ。
rqu

rquの感想・評価

4.5
本当に大切にしたいと思える映画との出会いはいつだって素晴らしい。
暗闇を見てきたレオナルドにとってガブリエルは光のような存在。人と人とが出会い、影響し合って繋がる、そんな当たり前の過程に涙してしまう。
ベルセバよりもThe Nationalに心が震えた
視覚障害、同性愛っていう要素もあるけどあくまで青春映画的な仕上がりになってるのに好感。

この手の外国の青春映画はめちゃくちゃに大絶賛するか、ギッタギタにこき下ろすのが今までのわたしなんですが、ふつうに良い佳作って感じでした。笑
あ

あの感想・評価

4.3
はいきましたね
男2女1の映画に外れなし

爽やかでまぶしすぎる映画で
ベルセバが合うよね。。。

盲目+ゲイっていうマイノリティの要素これでもかというくらい詰め込みましたっていうかんじだけど
人をすきになる瞬間とか なんかもうキラキラしていて いいねぇいいねぇとなんか親戚のおばさんのような気持ちで見守っていた

ガブリエルが美しいから 茶色のカンケンバッグがほしくなったよ

わたしあのベルセバの『わたしのなかの悪魔』とてもすきなんだけど (黄色アルバム)それの最後に入ってる曲で ベルセバファンとしてはとてもうれしかった

あとブラジルの学校のあの制服みたいなTシャツかわいいよねぇ

あとゲイ映画に鉄板の服のにおいを嗅ぐシーンね笑
ベタといえばベタなんだけど ラストがよかったな 優しさを感じる

折りたたみの杖なんかあるんだなぁとおもって そういうのも勉強になった
あの役者さんほんとに盲目なのかな?もし演技だとしたらうますぎる

シングストリートとかもそうだけど 夜の自転車二人乗り最高
二人乗りの位置が逆転するのもよかったよ

ガブリエルが普段聴いてる音楽知りたい

各国のポスター調べていたら
ドイツ語のタイトルは
“Heute gehe ich allein nach Hause”
(きょうはひとりで家に帰る)
でそれもすてきな意訳だなとおもった

IMDbで調べたらどうやら元はこの監督が作った短編みたいで そちらも観て観たい
赤足

赤足の感想・評価

3.6
ちょうど、時間があり、あらすじ見たら面白そうだったので鑑賞して見たけれど...LGBT映画と知らず、ちょっと展開に驚いた!!

あらすじは、目が見えないが人並みに生活したいと願う高校生のレオは、少々過保護気味の両親と優しい祖母、幼なじみのジョヴァンナらに愛されて暮らしていた。心配症な両親を少しうとましく感じるようになったある日、ガブリエルがクラスに転校してくる。レオとジョヴァンナはすぐに彼と親しくなるのだが……。

作品としては青春映画としてとてもよく出来ており、ピュアで瑞々しくティーンの揺れ動く感情を上手く表現した演出や目の見えない少年で主人公のレオ(ジェレルメ・ロボ)や女の子だが、レオの親友のジョヴァンナ(テス・アモリン)転校生のガブリエル(ファビアン・アウディ) 転校してきたガブリエルの存在に対して親友同士であった2人の関係に新たな風が吹き、次第に3人の関係に変化する微妙に揺れ動く思春期特有の感情の表現などの演技などはとても良く、ラストも爽やかで希望を感じさせるようで印象的であった。

なかなか、こういう青春映画は見たことがなかっただけに。ある意味新鮮であり、男女のカップルだけでなく、同性愛という偏見なんかはある意味、昔の考えで古く視野が狭く、人それぞれ幸せの形っていうのはあるんだと、ある種、視野を広げてくれた作品でもあり、なんとも不思議な感覚の映画であった(笑)
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.5
ダンガル観て、その後にやってたのがこの映画だったんですけど、凄く良い青春映画でしたよ…インドに続いてブラジルの映画も凄いんだなぁと思いましたよ。

もう主要キャストの3人が魅力的だし、キュートだし、それでいて自然な感じがして、次第に三角関係になっていくのにもうムズキュンでしたね…

盲目のレオナルドのずっとこの狭い世界で両親(息子思いの凄い良い親だと思います)やおばあちゃん、幼なじみのジョヴァンナ囲まれていて、このままで良いのかなぁ、誰も知り合いのいない所で自分を試してみたいなんて考えは、誰しもが思ったことあるのではないでしょうか…
見えないからこそのピュア感じがにじみ出てかなり良かった。

幼なじみのジョヴァンナ(スラッとした美人さんでしたよ…)のレオナルドを事を常に心配している良い娘さんでしたよ。
普通に可愛いくて、水着のシーンとかかなり眩しかったですよ…

転校生のガブリエルの普通に優しく、いい奴感がかなり良かったですよ。
彼との出会いでレオナルドがどんどんと新しい世界に出て変わって行く感じがまぁ良かったですよ。
ベル・アンド・セバスチャンの歌にあわせて踊るシーンと深夜抜け出して自転車で月食見に行くシーンなんてベタなんですけど超良かった。
みやの

みやのの感想・評価

3.8
きらきらしててとても純粋だった。
男女の友情がちゃんと繊細なところまで描かれててあの2人の関係性が良かった。
安定のシネマイーラ。
さわやかなLGBT映画でした
>|