no58

野火のno58のレビュー・感想・評価

野火(2014年製作の映画)
4.8
年末滑り込みセーフで鑑賞。
ヒーローが出てくるような、おキレイな戦争ものではなくものすごくリアルでガツンと来た。

死体とか生々しい描写は多いが、やはり観ておくべき作品だと思う。

全てにおいてリアリティがあり、フィリピンのムワッとした暑さが画面から伝わって来そうだった。

死は常に隣にひそみ、生か死かどちらに転ぶかはただの偶然でしかないと思った。
だからこそ、平凡なありきたりな人生だとしても、今を取り巻くもの全てが大事で幸せなんだと伝わってきた。

ラストの贖罪のようなシーンは、強烈で胸に迫る。