野火(2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:87分
    監督
    塚本晋也
    脚本
    塚本晋也
    原作
    大岡昇平
    キャスト
    塚本晋也
    リリー・フランキー
    中村達也
    中村優子
    山本浩司
    神高貴宏
    辻岡正人
    あらすじ
    第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

    「野火」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/12
    3.9
    凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
    たはつみ
    たはつみの感想・レビュー
    5日
    4.0
    市川崑版未見なので比較はできませんが。わりと、突き放された印象が残っている。戦争の悲惨さも倫理的な問題もほとんど念頭になく、ただただ強烈な狂気のイメージを断片的にこちらの脳味噌に撃ち込んでくる感じだった。ときどき挿入される異様に鮮やかで幻想的な風景と気がおかしくなりそうな単調な歩行、それに戦闘の描写の次元を逸脱した過剰なスプラッターシーン、そんなんばっかり頭に残っている。継ぎ接ぎの記憶がフラッシュする最後は圧巻。
    yoruichi
    yoruichiの感想・レビュー
    5日
    3.8
    敗戦近く ルソン島で支援も無く 生き残って日本に帰るためには どうするか。やっぱり喰らうだろうと思う。生々しく異臭も死臭もしそうな映像。現実は それ以上であるはず。戦争体験をした方には 終戦なんてないのだろう。こんなきつい体験をしたら 簡単に忘れることなどできそうにない。映画だけでも無理そうなのに。
    TomokiOkiharu
    TomokiOkiharuの感想・レビュー
    2017/04/23
    4.3
    怖すぎ!
    臨場感あり過ぎ!
    すごかった…
    槇村
    槇村の感想・レビュー
    2017/04/22
    4.2

    塚本晋也監督作をやっと見た。
    市川昆の「野火」はすでに見ており、ストーリーは知っていたのだが・・・。
    いやーすごい。終戦直前、フィリピンレイテ島で敗走を余儀なくされる日本軍を背景に、食料もなく島をさまよう日本兵を冷徹に描いているのだが、日本兵たちの悲壮で残酷な姿をこれでもかと描いており、一点も妥協しない、きれいごとにしない描写はさすがです。
    本当にグロテスクで悲惨です。
    これに匹敵するのは、今村昌平の「黒い雨」の原爆投下直後の惨状の描写くらいかな。
    必見。
    夜鷹inoue
    夜鷹inoueの感想・レビュー
    2017/04/22
    3.8
    超グロい超怖いって聞くから凄い覚悟して見たら
    僕の感覚が麻痺してるのかそこまでのショックは受けなかったw それでも極限にまで飢えた人間の狂気とそれを演じる塚本晋也監督は本当に凄かった。だけどこの映画の需要って見た人間がトラウマになり、戦争というものに恐怖を植え付ける所だけにあると思う。もちろん僕も蛆の湧いた死体や一線を踏み越えた人間たちの姿にはズシンとくるものがあったのだが、戦後70年の日本で近い将来再び戦争という選択を迫られた時にそれをジャッジするのは今高校生の僕等世代かその下の世代なわけで17の僕が見てもそこまでショックを受けなかったぐらいだからもっと映しても良かったのかもしれない。
    塚本監督クラスの映画監督にお金が出ない国って一体.... 中高生向けのチャラチャラした映画の100本分以上の価値は確実にある映画だろうに
    この映画が中高生向けと呼ばれる日本にならないかなぁー
    ragii
    ragiiの感想・レビュー
    2017/04/20
    3.9
    奇才、塚本晋也監督が出演者が集まらないってことで自身が主演を務め、自主制作した作品

    冒頭からラストまで釘付け
    夜中に観たのに寝落ちせず、観終わった後もしばらく寝つけなかった。

    撮り方は自主制作らしくはチープな印象を最初持つのに、すぐに惹きずりこまれるのはスゴイ。

    戦争の狂気を描いた衝撃作
    ic
    icの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.7
    映画館で観る勇気はなかったのでやっと。

    観終わってからこんなにすごい勢いで寒気がしたのも吐き気がしたのも初めてだった。でも観たことに後悔はなく、今の時代このタイミングに必要な映画のようにさえ思う。

    未だ胸がざわざわするが、目をそらしたくなるものも何処かでは現実であるし、人間がただの生き物であることを思い出させられる。

    音楽のチョイスは"鉄男"を思い出した。
    fi
    fiの感想・レビュー
    2017/04/18
    4.2
    戦争を美化してない映画。
    え
    の感想・レビュー
    2017/04/18
    3.5
    ジャケ借りしたけど再生したらカメラワークやらなんやら安っぽ過ぎて、こりゃハズレだなあなんて思ってたらいつの間にか引き込まれた。

    うーんとりあえずゴア描写がとてつもないのと力強さ?みたいなのを感じる映画だった。
    みてて気分がいいものではない…
    よく分からないと思えばよく分からないし、何かを感じ取ることもできる。
    人にはオススメできないけど。

    とりあえず低予算なのがやはり気になったので、補完も兼ねて原作を読むことにしました。
    >|