野火(2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:87分
    監督
    塚本晋也
    脚本
    塚本晋也
    原作
    大岡昇平
    キャスト
    塚本晋也
    リリー・フランキー
    中村達也
    中村優子
    山本浩司
    神高貴宏
    辻岡正人
    あらすじ
    第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

    「野火」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/12
    3.9
    凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
    Mii
    Miiの感想・レビュー
    1日
    3.8
    かなり衝撃Σ(;゚∀゚)ノ
    色んな中身が…ね。
    ちょっとしたホラー的な部分もあったけど。
    戦争っていうものを美化してない感じはすきだったかな。
    実際こういう目を覆いたくなるようなことが繰り返されるのが戦争なんだろうな、って感じた。
    だからこそ、もう二度とあってはならないことだって再認識させてもらえる。
    そりゃこんな中に放り込まれたら頭おかしくもなる。
    もう観たいとは思わないけど、観たことを忘れさせてくれない映画だと思う。
    いとそ
    いとその感想・レビュー
    4日
    3.9
    生々しい死体と不気味なほど美しい景色の対比に魅せられる

    観てるうちに田村と同化していくような感覚もある

    こんなむごい場所で生きるくらいなら一思いに死んだ方が楽なのではと思うけど、それを超えた所で人が見せる生への執着というものの恐ろしさを見た…
    silencio
    silencioの感想・レビュー
    4日
    5.0
    この映画の力強さに思わず5.0点。他の映画の方が面白いと感じる映画はたくさんあるけど、全身全霊で撮ったと伝わってくる画力に感動しました。
    極限状態でのカニバリズムには考えさせられますね・・
    次の日朝早いのに深夜2時まで食い入るように見てしまいました。
    こぬき
    こぬきの感想・レビュー
    4日
    3.5
    戦争の悲惨さを描いた映画だが、塚本監督よく撮ったね!
    とにかくグロい!
    グロいの苦手なので、感想書きにくい。
    しかしスゴイ映画ではある。
    ゆう
    ゆうの感想・レビュー
    5日
    4.0
    「食事を済ませてから観ましょう」

    そんな注意書きが欲しかった程のキツさ。

    もう二度と観たくないと思ってしまうこんな世界が、現実ではもっと過酷だったと想像しますが、後世に残すべき作品だと思いました。
    mk
    mkの感想・レビュー
    6日
    3.7
    凄い映画。お金が無いのに、ここまで作る監督が凄い。素直に賞賛したい。
    OS
    OSの感想・レビュー
    2017/03/18
    3.6
    記録
    hashb
    hashbの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.0
    PSP
    WOWOW
    うるぐす
    うるぐすの感想・レビュー
    2017/03/16
    -
    すいません。点数の付け方が分からないです。

    とにかく苦しいです。
    「あらかじめ言っておきますが、この問題には答えがありません。しかし、解き終わるまで会場からは出られません。時間は無制限です。それではよ〜い、スタート。」
    と言われて始まる試験のような、

    そんな映画です。

    絶望。理由がない。論理がない。

    だから、ずっと苦しいです。シーンごとに自分なりに解釈しようとして理由を持ち出そうとする。でも、そこに理由なんてないんです。
    だから、この映画、めちゃめちゃホラーだと思います。
    しかも、もっと怖いことに、これが圧倒的に現実にあったっぽいことなんですよ。
    いや、あったんでしょう。

    本当に、この映画を観たという事実だけを残して、内容、映像、音、全てを忘れてしまいたいです。映像が皮肉なことに美しいことが恨めしく、あの音が未だに少し自分の耳と脳の間辺りにうっすらと聞こえて、汗をかきそうになります。
    一生忘れない映画になりそうです。
    残念ですが。


    オススメはしません。できません。
    こんな物を他人に薦める人の気が知れません。俺はもし薦められたら「どういうつもりや!」と薦めた人間に連絡します。

    でも、この映画が存在していることはもしかしたら凄く素敵なことなのかもしれません。そんな気もしています。
    となると、一生に一回くらいは観ても、いいのかもしれません。

    オススメはしませんが。
    >|