野火(2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:87分
    監督
    塚本晋也
    脚本
    塚本晋也
    原作
    大岡昇平
    キャスト
    塚本晋也
    リリー・フランキー
    中村達也
    中村優子
    山本浩司
    神高貴宏
    辻岡正人
    あらすじ
    第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

    「野火」に投稿された感想・評価

    凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
    主演も務める塚本晋也が構想に20年も費やしたという自主製作映画。
    資金繰りが厳しかったらしいが、戦争体験者がこの世を去っていく前にと塚本が決意し、撮ったという。
    スタッフはツイッターで集め、小道具や衣装は手作りで用意したとの事だが、それを微塵も感じさせない仕上がりとなっている。
    リアルでグロい戦闘シーンが必見。
    戦争とは、敵との戦い。飢えとの戦い。仲間との戦い。自分との戦い。
    良心がある者は、けしてこの戦いには参戦出来ない。逃げるが勝ちだと思う私は、非国民と言われようが何処までも何処までも逃げたい。
    これが戦中の現実を表現しているとはいえ、あまりにもスプラッターホラーすぎて……。
    作品の完成度は高いけど、あえてこの評価にした。
    生々しい描写に、温度や臭いまで伝わってくるかの臨場感。こんな風に映像化出来るのは、流石塚本監督と思わされた。
    ひとが狂うとは、こういうこと。それが戦争。
    これは本物の地獄を戦場というは場を借りて表現したホラーである。(注)感動ものの戦争映画と間違って観賞しないように。
    大岡昇平の「野火」は学生時代に読んだ。
    作者のフィリピンでの戦争体験を元に書かれていたことも記憶にあった。
    しかし文章で読んで連想するのと、作り物とはいえ当時を考証した映像を見せられるのとでは、その差は歴然である。
    それも最新の撮影技術で…。
    とにかくリアルでエグいシーンが多く、気持ち悪かったのが素直な感想。
    途中直視できず、危うく吐きそうになった。
    目を背けようとしたが、過去にこのようなことが現実にあったのは目を背けようがない事実。
    どんな戦闘が行われ、兵士はどんな心理状態に置かれていたか、どう追い詰められ狂っていったか。
    それがこの映画の主題だったと思うのだが、その結果としてどうなったのか…。
    エンディングのシーンだけで片付けていい話なのかな?
    塚本晋也監督作品ということで観た。

    とにかく強烈な映画体験だった。
    夜を待って谷を超えるとき(?)に大勢殺されるシーンと終盤の赤い花の演出が印象的。

    最近戦争映画を積極的に観るようにしているが、どれよりも強烈だった。
    死んだほうが楽、そう言い切れてしまうほどの過酷な状況なのに死ぬことができない人間の本能が残酷。

    アメリカ側の戦争映画と決定的に違うのは、主人公が全く戦争に向いてない人間であること。マッチョな性格のアメリカ人が主人公なのとはワケが違う。作家をやっていた男が銃を持たされるのはあまりにひどすぎる。

    昔から変わらず今も残っている、日本人の狂っているところがみられるのが戦争映画だと思う。これからも積極的に観ていきたい。
    >|