野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たもの…

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

「野火」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
amy

amyの感想・評価

3.5
ultimate decision of human being...
KOU

KOUの感想・評価

3.2
一般的な、敵との日本軍の戦闘シーンというのは殆ど描かれない戦争映画。

けれど確かに戦っている。
食糧もない、向かう地もない、先導してくれる人もいない。
極限に陥った時の、内面そして仲間内での戦いがこれでもかと言うほどに、強烈に描かれている。
人間をここまで駆り立てる戦争の恐ろしさをまた新たな角度から感じた。
かとう

かとうの感想・評価

3.6
勇ましい兵士や、歴史的作戦の背景に迫るわけでもなく、名も無い兵士達が直面する飢餓地獄

もはや何と戦っているのかも、なぜ戦場にいるのかも分からず、

腹いっぱい食べれるって素晴らしい
3438knk

3438knkの感想・評価

5.0
映像だから伝えられる極限状態。戦争は駄目、というより、戦争は嫌、と思わせられる。頭でっかちな人こそ観るべき。蛆虫とリリーフランキーが頭にこびりついて離れない

このレビューはネタバレを含みます

グロいのがかなり苦手なこともあって映画を見て本気で体調が悪くなったのは初めて
二度と見たくない笑、この絶望感。
それだけ脚本(原作)の力がすごかった
カメラワークも好みとは真反対だけど音の秀逸さもあってやられた。カメラワークもこうじゃなきゃいけない気がしてくる。
ながまつの舌ベーは演出として素晴らしい
これの上をいく絶望感などそうそうない、これを自主制作でこぎつけた監督…美術に本気を出しすぎてる…
というか監督、演技うまいですね…
(リリーフランキーいつものリリーフランキーだけどやっぱり上手いリリーフランキー)

他の人のレビューを見ててあーっとなったのは永松が田村を殺さなかったのは
田村が唯一、自分が失った人間性を体現し続けようとしている、自分ではなし得なかった人の人間性の証明だったからでは、というもの。なるほど。
だからこそ最後、お前は俺と同じだと田村に反動的に迫るんだなと
おまえも諦めろと
そして帰国した田村は食事の際に罪を感じる…
これより酷かったという実際の戦争
戦争、というより人間性とは、という映画。だからこそ戦後70年に見るにはふさわしい"戦争"映画では
極限状態に陥った人間のリアル。
戦争は、狂ってる。
rino

rinoの感想・評価

4.8
市川崑作品とも、両方観たが、こちらは更におもしろくなっている。もっと評価されていいはず。邦画の戦争映画の中では間違いなくいい作品。
感じたこととしては、市川崑作品と同じであるため、感想は割愛、
でもリアリティも生々しさもヤケクソな感じも、塚本晋也作品の方がよかった。時代の関係ももちろんあるから、両方観ることを推す。役者陣がちゃんとガリガリでよかったよ。ただ、戦車のシーン、グロすぎな。短いシーンだけど、割と覚悟してこちらは観るべき。最後の食うか食われるかの駆け引きのシーンも、安田役の役者さん、上手でした。てかこの映画、見せ方も上手でした。
こんな経験絶対にしたくないし、恐らくこの映画も二度と観ない。
百聞は一見にしかずと言うけど、戦争を体験したことない人間にとって本当の恐ろしさに近いものを体験するにはこれ以上のものはないと思う。
伝える事に関して映像や音声の持つ力ってすごいよなーと再確認させられた。
もちろん実体験とは比べ物にならないだろうけど。
人間は環境次第でどうにでもなってしまうのが恐ろしい。
秋田の文化人の方からオススメ頂いたので鑑賞。オリジナルや原作は未見。

文化人さんは、オリジナル版にはなかった食人シーンを描いた本作、もとい塚本監督を褒めていたが、その描写だけでなくとも、極限下において人間はこうも狂い、本能に飲み込まれてしまうのか、というのをまざまざと見せつけられた。

また、海獣シアターならではの"臨場感"と"インディーズ感"も、戦争に嫌悪感を抱かせるのに一翼を担っていたと思う。
あんなに不味そうなイモは初めて見た。

終盤の人体破壊祭りと言い、塚本監督の力の入れようが見て取れるが、亡くなったお父さんの遺産で本作を撮れたとか、文化人さんの前情報があったので、より作品を噛み締めながら見ることができました。
>|