野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たもの…

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

「野火」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
6月の蛇以来、久々の塚本晋也映画の鑑賞。
監督自身が今作らなければ作れなくなる、と自費を費やしてまで撮った渾身の作品。
大自然の緑や空の青など、色がもの凄く濃いうえに手持ち風のカメラで人物との距離感が近いため、自分がこの地獄の中にいるかのような没入感がある。

この映画にヒーローはいない、只々悲惨で滑稽とさえ言える。戦争映画なのに敵の姿も見えないし、途中から何と戦ってるのかも分からなくなってくる。そんな極限状態で人の精神が崩壊していく様子がリアル描かれていた。
良かった
ヂミー

ヂミーの感想・評価

4.0
グロい。とにかくリアル。87分でこのボリューム感というか、鑑賞者の心に与えるダメージがえげつない。ハクソー・リッジと同列の戦争描写のグロさだけど、あっちは伝記的要素がある、こっちはただ、無名とされる兵士たちが撤退したい話。なのにこんなに人間の本能めいたぶぶんを感じる。おそろしい。
早朝見るのはきつかったなぁと思うもう一度心を整えてから見る。
グロい、ぐろすぎる…
しちみ

しちみの感想・評価

3.2

\観た後ご飯食べ辛い映画ランキング上位入賞作品/

いやー。久々に重たい映画見ちゃいました。フォロワーさんが何人かレビューを書いてて気になってはいたものの見るに踏み切れなかった作品です。

衝撃的でしたねぇ。想像よりはるかにスゲかったです。戦争映画にありがちだと思うんですけど、戦争前の幸せな暮らしから戦争に駆り出され、そこでの過酷な戦争体験、生きるか死ぬか、で流れていく物が多いと思うんですけどこれはある一定期間の場面を細かく描いてるからちょっと私的には新鮮でしたね。

既に戦争も末期に入り、日本の敗北が色濃く出始めているタイミングで結核に掛かり戦力外通告をされた田村一等兵。

隊にも病院にも島にもどこにも居場所がない。食料もない。仲間もいない。水もない。あるのは恐怖と不安と無力感。

個人的にはもっとストーリーにもこだわって欲しかったかな、とは思います。戦争をリアルに描けば描くほどこういう感じになるのかもしれませんが、なんか悲惨な場面をとにかく写しまくったみたいな感じが個人的には少し不服でしたね。

ただ今まで私が見てきた戦争映画の中では間違いなく一番強烈な映像描写でした。よくこんな映像を撮ったなと。あっぱれです。

飛び散る肉片、腐っていく肉体、溢れ出る血、ぐちゃぐちゃになった臓器、戦争中はそれが当たり前で珍しくもなくて圧倒的多数の中の1人でしかないっていうことの怖さ。とにかく怖かった。自分はこんな経験絶対したくない、巻き込まれたくない、毎日おなかいっぱい食べて、お風呂に入ってフカフカなベッドで寝て…そんな暮らしを手放したくない、と心から思ってしまった😅

戦争に関わっていた全ての人間に胸を締め付けられるような話があるだろうに、焦点を当てられるのは常にどこかの誰か1人だけなんですよね。全員苦しんでたはずなのに。やっぱり平和が一番です。
戦況も何もわからず、ただジリ貧で撤退しなければならない限界状況という設定だけの映画だけど、
全てを演出につぎ込んだからこその生々しさが胸にくる。

戦争に大義があろうとも、現場に大義はこれっぽっちもないんだな。。
わかるがつかれた、人間は愚かだし、環境によってはみな(私も含めて)おかしくなるだろう
セリフとにかく聞き取りづらい。
>|