野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.9

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たもの…

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

「野火」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
凄まじい映画だと思った。ただひたすら戦時下のフィリピン(?)での殺戮を描き切っている。主人公を中心に据えて、回想シーンを交えることなくエンターテイメント性にも頼らずに描写したその志は大いに買いたい。悪く言えば一本調子に流れる映画でもあり、極限状態に置かれた主人公たちに感情移入が出来るかどうかがキモだろう。大岡昇平に依る原作は一応読んでいたのだけれど、原作が傑作だったのは主人公の内面描写が描かれていたせいなので映画化にあたって内面の吐露を禁欲したのはどう捉えるか評価は割れるかもしれない。若干退屈な印象を抱いたことは否めないし、なるほどテレンス・マリック『シン・レッド・ライン』さえも彷彿とさせるほどジャングルの描写は鮮やかに描かれているけれどそれだけではどうも……とも思いこの点数になった。面白くしようとすれば出来たはずだが、その陳腐な「面白さ」に頼らない姿勢は賛否を呼ぶだろう。
りーま

りーまの感想・評価

3.8
自分の千切れた腕を見つけたと思ったら、奥から来た奴の千切れた腕で、「ええ…お前のなん…」ってなってた所フフってなった

このレビューはネタバレを含みます

市川崑監督の「野火」を観たのが1982年4月、東京八重洲スター座だった。
当時「エグイ場面がある」と聞かされていて観てみるとそうでもなかったが、“猿”を食べて命をつなぐ兵士たちが印象に残っている。

この塚本晋也監督の作品でも、“猿”を食べるシーンはあるが、殺された兵隊たちのおびただしい死体がリアル過ぎて、ホラー映画的。

また、“猿”を食べるというぼかし方でなく、殺した人間を直接食べる場面もあり、生々し過ぎる。

塚本監督作品は、昔は好んで観ていたが、最近は自分が少し引いてしまう題材多い気がする。
aya

ayaの感想・評価

4.9
じいちゃんは戦争中、東南アジアの山中で、死ぬほど悩んで大きなかたつむり喰らった結果死ぬほど腹壊したからおまえかたつむりを食うときは必ず火を通せよって言ってたけどそこじゃねえだろって思ったけどそのようなリアルが私は好きで。
野火をじいちゃんの戦争体験話に準拠して考えるのもおかしいけど、タバコのくだりはすっと入ってきて心地良かったし原作の持つ文学的な面や、田村の人間性なんかもあんまり描かれてなくて、そんなものは戦場にはないと言わんばかりに見事にふっとばされててそこもすごくいいと思った。ただしつこいほどの身体のちぎれ方や死体の見せ方についてあそこまでしつこくクローズアップするのはなぜ。極限状態で人肉を食うか食わんか、果ては仲間の、などの倫理観との戦いついても、そうなるかならんかが戦場でのリアリティなのか。その中でふっと起こる何かがもっと見たかった。別に最初からリアリティを表現した映画のつもりはないのかもしれないけど。
ともあれこんなに衝撃を受けたのも久しぶりなのでとても良い映画。
mashitake

mashitakeの感想・評価

4.0
この映画の中にある、たくさんのよかったと思う点から1つ挙げます。

極限状況や究極の選択を描く物語で
「人が追い詰められる表現を、そんなに目に見えて奇異で大きな反応にしちゃう?」とか、
「そこまで状況が進んでおきながら、そこでころっと良さげなこと言わせちゃう?」などの、
作り手の想像の枠内での決めつけや悪い意味での安心安全印と思えるものを見せられると、一瞬にして残念な気持ちにさせられます。あくまで僕の主観ですが。

この塚本晋也監督の『野火』は、そんなシーンが全くなく、自分の中には普段発見できない感情なのに「そうなるかも」と何重にも納得しました。

田村は最初は自分でものを考える力もなく、流され、生きる気力もないような人間に見えます。
しかし、死を選ぶこともせず、かと言って生きるためなら人間性を捨ててもいいとは思えず、恐れ、反省します。
状況に身を委ねきったりはせず、自分で考え正当な理屈のもとに選択する、立派とは言わないまでも賢くまっとうな人間です。

ところがです。「自分は変わっていない」と思っているのに、気付かぬうちに実はずいぶん遠いところに来てしまっている、逸れてしまっているという状態こそが精神の異常事態なんだとはっと気付かされたのです。
僕自身途中まで田村の変容に気付かず、
「彼は彼の理屈のもとに動いている」
「大丈夫」
「わかるわかる」
「まともまとも」
「あれ?」
この瞬間ぎょっとしました。
まわりの環境が少しずつ変わっていったとき、自分も危ないなと本当に思いました。
この瞬間があったことだけでもこの映画を観ることが出来て本当に良かったです。

2017.10.17 amazon prime
カオス。くぅちゃんがつくった映画かと思った。
自宅でみましたぁ。

戦争ものもいろいろありますが、
最近見た ダンケルク的な、戦うことがメインではないお話。

極限状態。
それが戦争では、人に襲いかかるその時人は?

映画的にはちょっと苦手かな。

市川昆監督のバージョンも観てみたい。
(^O^)
トト

トトの感想・評価

3.0
猿かぁ!
>|