野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たもの…

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

「野火」に投稿された感想・評価

一兵卒が、何も無い中、ただ生き延びるという状況は、戦争映画では、描かれないけれど、こういうのが、本当の戦争あるあるなんではなかろうか。原作も読んでみたい。
軽い気持ちで観る物では無かった。。。。
麺徹

麺徹の感想・評価

4.5
狂気というには悲しすぎる

塚本晋也ってキッチリドラマを撮れる人だとずっと思ってるんだけど本人がどうしても訳わかんない方向に行きたがるんでウヘェってなっちゃうんで遠ざかってましたが、今回はキッチリとドラマを。かつ、近作で培ってきた実験的な土壌が実にそれにマッチしたという、奇跡みたいな映画だなぁと。

戦争映画っていうジャンルとしてというより、1つのドラマとして物凄く面白かった。グロテスクな部分は俺にとっては「飽きが来ない」要素として重要だったけれど、耐性の無い人からすると色々と思うことがあるのかもしれない。個人的にはネットに出回っている内戦の動画や首切り動画、どんな残酷なものを見たところで何か意識が変わるということが無かったので、そういう(反戦的な)狙いとしては「この世界の片隅に」のようなアプローチの方が効果的かとは思う。
むう

むうの感想・評価

5.0
日本に生まれた人は、必ずこの映画は見るべきです。
19

19の感想・評価

3.6
ずっと観たかったけど怖くて観れなかった映画。戦争って本当はこんなものなのかと思い知らされた。ノンフィクションを見せられているようなリアルさを感じます。
yukichi

yukichiの感想・評価

-

死ねない
ReN

ReNの感想・評価

4.7
Blu-rayにて鑑賞。

現代の社会に生きる者は一度観ておかなければならない。
地獄とも言えるレイテ戦から生還した小説の実写であるが、監督自身が20年の時を得て漸く実現できた本作は、映画としての完成度は非常に高い。
戦争の惨さ、そして痛みが映像から体験できる。
平和ボケ、戦争を知らない現代だからこそ戦争をもっと多くの人に知ってもらいたい。
そんな監督のメッセージが画面いっぱいに伝わる。

人間の極限を美化せずに描き、終始惨さと緊迫感はとにかく凄まじい。
痛みも空腹も、炎天下の中で必死に生きる姿は我々の想像を絶するものだ。

とにかく、現代人は一度目にした方がいい一本だ。
平成に生まれて良かった。
グロ描写多目
人間の極限でした
Fujaama

Fujaamaの感想・評価

2.0
むやみやたらとカメラを揺すると酔う。
>|