野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

一兵卒が、何も無い中、ただ生き延びるという状況は、戦争映画では、描かれないけれど、こういうのが、本当の戦争あるあるなんではなかろうか。原作も読んでみたい。
なつこ

なつこの感想・評価

3.8
いわゆる敵と戦う所が戦場ならば、ここに描かれてるのはなんなんだろう。
私の語彙力では「地獄」という言葉しか浮かんでこない。

隊を追い出され、かといって国に帰れる訳もなく、つまり自決するか野垂れ死ね。ということである。
死にたくないという本能だけで生きている。でも今日を生きながらえたとして、この地獄に終わりは見えない。
食べるものも行き先も情報も何も無い、ただ日々続いていく地獄。
私ならきっと死んだ方がマシだと思ってしまう。

彼らにはもはや国の勝ち負けなどに思いを巡らす余裕はない。
そしてきっと、こうして亡くなっていった兵士たちが少なからずいたのだと思うと、苦しくて息が詰まる。

何かの映画で「死は平等にやってくる」というフレーズがあったが、そこに至る過程は、決して平等ではないと強く思う。
豪

豪の感想・評価

3.5
何回もキツすぎてとめたけどやっと最後まで観た。これと村上春樹のねじまき読めば戦争へのトラウマ確定だね
nono

nonoの感想・評価

5.0
観終わった後、立ち上がれなかった。
スプラッターな面には賛否両論あると思うが、自分の子供にはぜひ観てもらいたい。
ここまで気味が悪く戦争の悲惨さをリアルに表現した映画を初めて見た

飢えによって食べるものがないから人間を食べる行為は悪いことなのか?

ぼくにはわからないけど今の世の中がいかに恵まれていて食べるものに溢れているかを実感してしまった
Kente

Kenteの感想・評価

4.2
映画における最強度の極限疑似体験。主演俳優の腹から声出さない声の張らない感じが生々しくてリアル。
プア

プアの感想・評価

3.7
塚本晋也(監督、脚本、主演)
第二次世界大戦末期のフィリピンレイテ島。
結核、空腹、孤独、熱さ、極限状態の中、戦場の恐怖と狂気。
塚本監督の「斬、」を観て気になっていた作品。
生きていく為に、人の心までも殺してしまうのか。
一番恐ろしいのは人間。
心身共に破壊していく。
戦争の悲惨さをグロテスクに強烈に描く。
斜線

斜線の感想・評価

-

文字としての恐怖の臭いまで立ち昇ってくるような映像表現のある種の極致。
大和民族でないと撮れない血生臭さ。
我々の生活のはるか下地にはこういった臭いが否応なく含まれているのだ…
3
2度と見ない映画ランキング1位。これが脚色なしのリアルな戦争なんだろうか。キツすぎる。
>|