野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

色々な戦争映画にちょっとだけ出てくる最も残虐で目を背けたくなる部分を集めたような熾烈な映画。これが戦争。もしこの映画に “匂い” までついてたら、自分はとてもじゃないが耐えられなかっただろう。圧倒的に美しい南国の自然の中でレイテ島民からはゴミのように嫌われ、芋一本のために仲間同士で罵り合って疑心暗鬼となり、寝たら仲間に殺されて食われるのではと煩悶し、アメリカの攻撃に遭えばぶちまけられた仲間の脳漿や内臓を踏みしめながら逃げ惑い、狂った頭で帰りたいと泣く。恐ろしいほど落ちくぼみ異常な光を放つ田村一等兵(塚本監督が演じてる)の獣のような眼球がすごい。この映画に誰も出資しなかったなんて狂ってる。
tacah

tacahの感想・評価

3.2
シンプルにグロいけど
人間の極限を描いた感じ。
内容はなかなか。
映像が安っぽい
ほしの

ほしのの感想・評価

3.0
これが現実だった時があって、そして同じ日本人で。
cocomi

cocomiの感想・評価

3.0
中々だったけど日本の映画だから☆3(偏見です。笑)
tom

tomの感想・評価

-
人間が生に執着する究極な姿。何故ここまでして生きようとするのか。比較してもどうにもならないことだけれど、命を粗末にする人間とどうしても較べてしまう自分がいた。生命の重みってほんとなんだろう。こんなに極限に追い詰められてもなお生きようとする人間たちがいるということ、そのことが持つ意義は、わたしにとても重くのしかかってきた。
原作も映画も凄まじいという言葉が似つかわしい。グロテスクという表現では冒涜的ですらある。映画はドキュメンタリータッチの臨場感あるが、やはり原作にあるあの奥行きと魅力的な語り口を映像で再現するのは限界があるのだろうと思った。

このレビューはネタバレを含みます

これは戦争映画というよりホラー映画。とにかくグロい。

多分、「反戦」のメッセージを込めて作られた作品なんだけど、個人的にはあまり伝わってこない。

上司が理不尽とか、労働環境が劣悪な理由で精神的にも肉体的にも壊れていく様子なんて、現代でも「ブラック企業」などでよく見掛ける。戦時中に限った話ではない。

「反戦」のメッセージを伝えるという意味では「?」な作品。

それにしても、第二次世界大戦や太平洋戦争を描いた作品って、どうしてこう「ワクワクする」ものがないのかね。他の時代、例えば戦国時代を描いた映画や大河ドラマなんかのノリと比べたら不思議で仕方ない。他国と比べてもそう。

「野火」や「火垂るの墓」みたいな作品が悪いとは思わないけど、そういうノリの作品が主流というのは、やはり異常だと思う。「歴史」とは何なのか?それを真剣に考えなければいけない時は、もう半世紀以上経ってるはずなんだけど…,
KoRn

KoRnの感想・評価

3.3
イモは大切
ike555

ike555の感想・評価

3.5
2017/12/26
・地獄を作り上げる戦争。
・極限状態で人肉を食べるという人間の恐ろしさ。
・日本軍で共食いが常態化されていた?帰還兵に共食いを行なっていた人が存在していたという史実?
その三点を伝えたかったのかなと感じました。

個人的に一番恐ろしいかったキャラはリリーフランキー演じる安田の存在。
"人間はなぁ、どんなに腹が減っても、煙草と交換すんだよ。"
こういう不気味な彼の性格が、この映画をより恐ろしくしてた。

個人的に残念だったのが、
・ラストにかけての展開が急すぎたこと。
・主人公が歩いているだけのシーンが多すぎたこと。
の2点です。

彩度が高く、クリアな映像が特徴でした。

あと人の肉を食うっていうところの心情描写を映画化するの難しそう。文章だととんでもないことになってそう(小説は怖くて読めない)

この映画全体に言えることですが、映画として見た時の重みや、衝撃の度合いは期待値より低かったです。
サウルの息子の方が素晴らしかったと思う。

塚本晋也は改めてすごい俳優だと思いました。自分はスコセッシの沈黙でしか彼の演技を見たことがありません。
沈黙でも野火でも演技力の高さがすごい。野火では、肉を眺めるシーンの演技がやばいです。笑
>|