野火の作品情報・感想・評価

上映館(4館)

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

スコアがこれでいいのかもよくわからないけど、とりあえず見てよかった、この映画は。
戦争というもののこれは一部なのかなんなのか私にはわからないが、このようなことはあってはならないと思った。

リアルなのかもわからないけど酷く生々しさは感じた。映像で見てても入り込めるくらい感じれる。そこすごい。
もはや何と戦ってるかわからない。統率されてない。味方は味方じゃない。食べ物も無い。敵に見つかったら肉片にされる。味方と思ってたものには食材にされる。

これはもう戦争ですらなくただの地獄。
狂気しかない世界。ジャングルの中で繰り広げられるおよそ文明人とは言えない狂気の世界がモンド映画っぽい。
グロも容赦ないし、見るの中々辛いけど見ておくべき映画。
UMA

UMAの感想・評価

-
6度目くらいの鑑賞
この時期 中学生くらいの時に今は認知症になってしまった祖母に戦争の話を従姉妹と一緒に聞かされたことを強烈に覚えていて、戦争のことを自分なりに考えることが多い。

今年去年と立川シネマシティの特別上映を逃しちゃって。
でも8月になったら「どうしても観なければ!」という気持ちになって武蔵中原まで足伸ばしました。

戦争映画だけど 敵国との戦争! ていう状況は少なくて。
指揮系統がぶっ壊れてることとか食糧についてとか現地民との関わりとか そういうことが大部分。
叫び声 大声 とにかく音、音、音! 凄まじいインパクト 本当疲れちゃう映画なんだけど今後も観なければと思う。

肉は当分食べれません。
drama

dramaの感想・評価

3.5
戦争が想像を絶していたということを今、描くことに価値がある。
メッセージ性とか映像美とか全く排除して、現実に起こり得た戦時中の一人の人間の話って感じの映画だった。

銃で、爆破で、飢えで、死んでいく兵士の有様をまざまざと見せつけられるので苦手な人はだめな映画かも。
極限状態の人間、何するかわからんな。
台詞や音楽も少ないので緊張感がある。

映画は凄かったし評価したいけど好きかと言われれば好きではないし、もう一度観るかと言われればしんどいのでもう観ないと思う。
しばらく肉類は食べられそうにない。(つらい)
nicole

nicoleの感想・評価

3.7
なかなかえぐい。
血肉が舞い、臓物は飛び散り、倒れたものは腐りゆき、生き残ったものは生に固執する。
生きるために一線を越えるかどうか、自分ならどうするか、なかなか考えさせられる。
色鮮やかな始まり。
暑さ、嫌な匂いが伝わってくる。
>|