野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

as

asの感想・評価

4.1
信じられないけど実話に基づいていると聞き愕然。
冒頭は生のまま食べたらお腹を下してしまうから、と芋に火を通すために火を探すシーンから始まる。
序盤から苦しさを感じていたが全て見終わった今考えるとまだ平和、とすら錯覚してしまう。
銃撃戦のシーンはあまりにリアルすぎて頭を伏せそうになる。終わったと思ったらまた銃撃戦。全員が死ぬまで終わらないスタンスなんだろう。
戦没者の多くは餓死であったという資料を目にしたことがある。まさかとは思っていたがこの映画が事実に基づいているということはこの地以外で戦われていた方々も同じような境遇にあったのだろうと安易に予測できる。体を張り国を守るのにその体に栄養をつけるものがなければ元も子もないということは誰でもわかるはずなのに。
空腹のあまり同胞で殺し合い、その人肉を貪る姿は考えられないほど辛く、しかしそれしかもう方法がない悲しさ、狂気を深く感じる。
戦場というより地獄。
こんなことを言ってはならないのは重々承知だが、こんな中にいるなら死んだほうがマシだと考えてしまうのも無理はない。
激しく飛び散る地と血の匂い
きっつい。。。とにかくきっつい。今まで観た戦争映画の中でもトップクラスに惨いし、気分が滅入る。

マーティンスコセッシの『沈黙』の姉妹作なのかなって思ってしまった。
『父親たちの星条旗』⇔『 硫黄島からの手紙』的な。対象となる時代が違うけど。ポスターの色合いとフォント似てるし、きっと『沈黙』での出演を通じて影響を受けたのだろう。
前に観た記録です
尽田

尽田の感想・評価

3.5
敗戦間近でも肺を患っても引くことは許されない兵士の地獄の様な日々の話。
戦争映画だけど前線の様な激しさよりも戦いの合間の困窮極まる戦地を描いていて、生へしがみつく人間の纏う異様な空気が重く胃が痛んだ。
これを怖いと思ってしまって良いのかわからない。
観れて良かった。
うすら寒くなってきましたが、この映画は暑苦しい。もうじめじめしていて、逃げ場がない。どっちが正しい方向なのかもよくわからない。まともに食料もないとくると、絶望しかない。もちろん戦争に行ったこともないし、その時代を生きてないけど、戦争においての恐怖を実感させられるような感覚に陥る。次の瞬間には死んでいるかもしれない、死にかけた状態でウジ虫が体中に沸いている、生きるために仲間の人肉を食わなければいけない。
人間として生を受けて、人間らしからぬ状態になってしまうことの恐怖。
「夜と霧」的な、どれほどの極限状態でも、人としての尊厳を保つことはできるのかという一つの命題にぶち当たる1人の男の物語だと思う。
塚本晋也監督の地味な感じ、すぐ隣に死がある感覚をリアルに想起させるような普通感。
すごい嫌でした。自分はこうなりたくない、ウジ虫にたかられたくない、人肉として食われたくない、人肉を食いたくないと頭の中でぐるぐる悶々としてしまう。
中村達也伍長の「まごまごしてると喰っちまうぞ」「俺が死んだら、ここ食ってもいいよ」。なんだか名言。
とりあえず、極限状態を知らない自分は「いやだぞ俺は!」と自分に言い聞かせながら、ただ男の葛藤を見守ることしかできない。
EIKUNN

EIKUNNの感想・評価

-
赤が印象的でした。
二度と見たくない映画パート2。笑
aruken

arukenの感想・評価

3.5
夢に出ました。
>|