HiroEire

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのHiroEireのレビュー・感想・評価

4.0
繫ぎとめていた物が事切れた時、人はそれに価値を見出そうとする。