Billy

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのBillyのレビュー・感想・評価

3.9
なんだろう、不思議な作品。
訴えかけてくるメッセージが難解なので、探り探り観ました。
なんとも表現しづらくて、
明確な感情もわからないけれど、
でも終わりには涙が止まりませんでした。

交通事故で妻を亡くしたディヴィスは悲しみを感じていない自分に気付く。そればかりか、今まで気にならなかったような日常生活の些細な存在が気になって仕方がない。
理解するためには破壊し、破壊してから組み立て直す。
物理的に破壊行動を繰り返すディヴィス。
そんな最中に出会う人々に影響されながらも彼も心の中を破壊し、理解し、再生していく。

中盤まではキチガイっぷりを発揮しまくりの主人公ですが、
なるほど。1度見終わってみると全く印象が変わりますね。
もう1度作り直すためには、例え痛みを伴っても破壊しなければならない。
何度も見て理解を深めたくなる作品です。