yoshi

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのyoshiのネタバレレビュー・内容・結末

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ジェイク・ギレンホールの良さが滲み出ている様な作品。
人間の複雑な内面をこれだけ上手く表現出来る人は中々いないと思う。脆さや危うさを全身で演じている。
やはり凄い役者さんやね。


妻を交通事故で亡くしたが、悲しむことができない主人公。次第に周囲の物を壊す(人間関係も含む)奇行に走っていくのだが、最後まで観るとそれも彼の心を保つ上で必要だったんだろう、と思う。




ある事実を知ることで、元の自分を取り戻した後に出る、(起きる時間が遅くなった(…よね?笑)事が、人間らしさを取り戻せた証なのかな。)

「愛していたけど、それに応えるのをおろそかにしていた」

という台詞が深く感じる。気づく事の難しさ、とでも言いますか…😅


それだけに、それを経て最後の海辺のメリーゴーランドが良い。義父と目を合わせるシーンでほっとさせられる。

この辺の最後の流れがほんま素晴らしかった!



静かな環境で、ゆっくり反芻しながら、色んなシーンを思い出たくなる様な、良質な余韻がある😃





ちなみに、あまり評判が良くないけど個人的には邦題の方が雰囲気が良く出ていてよいと思いました。(^_^)💦💦