OWataru

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのOWataruのレビュー・感想・評価

4.0
自分に問いかける。
自分に心を開いてこそ自分がわかる。
誇張してはいるが、現代風刺にもなっているし、見つめ直すきっかけをくれた映画でした。
それぞれのシーンもちゃんと意味を持っててすごく詰まった100分間でした。
生涯の作品かなと思います。